覚如の本願寺中心主義と関東門徒
会津地方太子信仰の真宗的要素
一身田の工匠森氏について
女人非器ではない
座談会 尊号真像銘文に聖人の御心を窺う
科学と観経
顕智上人御筆 聞書
真仏弟子の風格−「教行信証」信巻における真仏弟子釈を中心に
御書のうちの親鸞聖人御消息に就て
梵語研究
観無量寿経の撰述について
梵語研究 補遺
伝親鸞作「三夢記」の真偽について
教団の問題に就て
顕智上人筆 法然上人伝法絵
影印復刻 顕智上人筆 唯信鈔(寛元四年本) 後半
真宗と社会性の問題
御草稿三帖和讃の評価と正像末法和讃の新出善本
六篇の随想
専修寺の西漸に就て
親鸞聖人直弟書写「四十八誓願」について
称名法理の一考察
宗祖御真筆「浄肉文」について−誰に、何のため書かれたのか?−
川瀬和敬先生を偲びて
唯信鈔託宣記
親鸞聖人の越後流罪に就いて
一身田専修寺と公家社会との交渉−「時慶卿記」中の専修寺関係史料
親鸞真筆名号についての小さな発見
川瀬和敬先生の枕経と弔辞
親鸞の伊勢参宮伝承について
高田の古典と高田学会を振り返る
親鸞聖人の消息と法語−主に高田専修寺所蔵自筆「消息」を通して−
住職としての師
昔日の越前に於ける専修寺門徒の状勢
祇園精舎と往生要集
[口絵解説]高田山蔵 顕智上人筆 呉・支謙訳「大阿弥陀経」二巻
親鸞・真仏・顕智三祖師の木像について
唯信鈔託宣記解説
教団・教学と歴史的現実
備前刀と福岡の町並み
入出二門偈頌の諸本と聖人の新訳採用
親鸞の門弟集団−親鸞消息を中心として−
弥陀と御影−中世の専修念仏者の礼拝対象と祖師信仰−
親鸞における獲信の構造
しのぶの御房あて御消息について
「阿伽」の梵語に就きて
専修寺如来堂修理により発見された墨書・ヘラ書・刻銘集
教行信証に記載の「元仁元年」について
大仏勧進創作説をめぐって−行基史料の問題点
閉ざされた教学と開かれた教学
親鸞聖人の釈号について−「教行証」を帰洛前の撰述と考えたい一つの根拠−
下野国高田山専修寺史考
顕真実・顕虚妄
親鸞聖人筆蹟研究
疑惑について
三重大講について
恵信尼文章の一解釈
五念門行の展開−讃嘆門・観察門を中心に
平松令三著「親鸞の生涯と思想」
善光寺勧進聖と親鸞
解説 善性本御消息集
隆寛律師とその教学の一端−至誠心釈について
復刻資料 善性本御消息集 高田山蔵
親鸞聖人のT入声標記について
涅槃経と親鸞聖人
教行信証の校訂
「見聞集」をめぐる諸問題
親鸞の一切経校合参加と肉食の説話
教行信証と和讃の交渉
真宗僧伽を自問する
浄土文類聚鈔に就て
親鸞聖人真筆 六角堂夢想偈文と浄肉文について
専修寺所蔵親鸞真筆消息にみえる高田入道について
親鸞聖人妻帯の態度
親鸞聖人真筆 名号三幅の新視点
平安時代初期における氏族闘争と仏教
古写本 親鸞聖人 有念無念御書
高田本「口伝鈔」と覚如の「口伝鈔」について
証巻に説かれる滅度の問題
専修念仏宗の教団組織及その経済問題
おんない念仏歌考注
教行証文類に見られる恩の意味
専修寺移西後に於ける両派の分立に就て
顕智上人の家族関係
親鸞の曽祖父母の横顔−一族出身の背景
高田派安心惑乱に就て
顕智上人御筆 「西方発心集」について
直観の内実−毎田周一師によって
飛鳥期に於ける伊勢の寺院
座談会 唯信鈔に関する最近の学説をめぐって
選択本願念仏集の撰述年次と其の相伝
華厳探玄記新図草藁冢について−「森島十玄斎の思想的背景」の序説と↓
往生の時節
古写本 親鸞聖人御書 念仏者疑問
猫と鈴
浄土以筆相承抄
伊勢三日市の「おんない」と真宗高田派の大念仏
真宗の供養恭敬
浄土以筆相承抄解説
皇太子聖徳奉讃の研究

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る