親鸞聖人漢文著作四典の製作期の前後について
親鸞の浄土観
高田正統思想とその化風
真淳の「下野伝戒記」について
真宗における悪人観の変容と女人正機説
御書のうち親鸞聖人御消息に就て
龍樹教学に於ける願について
座談会 親鸞聖人の唯信鈔文意と聖覚の唯信鈔
真慧上人の野袈裟をめぐりて
涌蓮上人とその和歌
聖徳太子内因曼荼羅と親鸞聖人伝
唯信鈔託宣記
一光三尊仏について−真宗高田派と善光寺式阿弥陀三尊に関する覚書−
三願転入と二河譬
再論 伝親鸞作「三夢記」の真偽について
広略両典に於ける措辞に就て
聖徳太子内因曼荼羅
尭朝上人の殉難
近世高田教学における口伝資料の一考察
「往生要集」の思想史上の課題
四帖和讃の研究に遺されたる課題
釈尊に聴く
親鸞聖人の御生涯を再考する
新知見の親鸞聖人筆本縁起要文
念仏往生の意義
宿業について
尊号真像銘文を拝読して
生気ある仏教音楽・覚書−教行信証・和讃に関連して
親鸞聖人真筆 数名目と十悪 解説
曇鸞浄土教における行道の真実性−浄土教的菩薩道理念の根底
真慧上人真筆 十六問答記
親鸞聖人仮名遺概略
解深密教に於ける唯識説
親鸞の真宗
高田本親鸞聖人伝絵六角夢想段の絵相について
行信論
古写本 涅槃経云
唯信鈔の問題点−平雅行・松本史朗両氏への反論−
皇太子聖徳奉讃
聖人を偲び奉りて
後世物語とその諸本について
『唯信鈔』の諸本校異−特にその振り仮名と左訓について−
[解説]智??上人筆 唯信鈔
本典より略文類への動き
如来の大悲−聖人の母の字の書き方をめぐって
影印復刻 智??上人筆 唯信鈔
高田派に於ける教行信証の講述について
報恩講について
宿業と三願転入
浄土教における視覚と聴覚
或る本尊と裏書について
勤行念仏の展開と引讃・寄句
三信(三心)・三心・一心の華文
分別業報略経一巻
書簡に仰ぐ聖人の人間像
宗教的決断−三願転入のおぼえがき
善鸞義絶をめぐって
尊号真像銘文に関連する問題
東国門徒と本願寺覚如
善鸞義絶状の史料性
老いの受容、死の受容
皇太子聖徳奉讃解説
門徒の形成と高田
専修寺所蔵国宝善信聖人伝絵を拝して
祖伝の吉水入室の機縁に就て
厚源寺玄裕申状について
真恵法印と真盛上人
親鸞聖人の現世利益観
北勢に於ける真恵上人の足跡を偲びて
仏光寺派の絵系図
著述に顕われたる中興上人
原始真宗の相承について
「教行証文類」の成立とその思想的展開
大般涅槃経要文
他力入信の難易
大般涅槃経要文解説
真恵上人年譜
生死の問題
高田派歴代上人の御遺骨について
宗教的自覚
上代社寺崇祀創立の意義に就て
初期真宗教団と真恵の出現
憬興師云
憬興師云 解説
聖徳太子および初期高田派歴代法主など連坐像(口絵解説)
親鸞聖人の雑念
中世仏教の全体像−「新仏教」再考の視点から−
往生人藤原兼実の精神生活
恵信尼の出自に関する新史料
真慧の念仏思想
円遵上人行実
宗典を彩る玄奘三蔵
親鸞上人における浄土真宗
「顕浄土真実教行証文類」に於ける原初期より前期への成立過程
円遵上人行実補遺
如来堂御建立録
如来堂御建立録 解説
解深密経に於ける唯識説
尭秀上人御書
抄出 1,2

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る