尭円上人御書
顕智上人の伝記に関する考察
御書集成本「御文章」について
顕智上人と大谷廟堂
尭秀、尭円両上人の御事績とその背景
竹内教学の構築
獲得自然法爾御所小引
竹内義範先生の業績をめぐって
顕智上人伝持聖教解説
尭秀上人、尭円上人年譜
専修寺蔵「四十八誓願」建長八年真仏写本の朱訓点について
竹内義範教授の余香
顕智上人の門下并に師資相乗に就て
遺稿 古写経の話
正信偈と文類偈についての再考
竹内先生の想い出
顕智上人恩愛会に関する伝説
歎異抄と善鸞の異義
親鸞伝の諸問題 上
「末燈鈔」を読み解く 5−敢えて義絶状と義絶布告状を検討する−
続選択の断章二偏発見に就て
法華経と真宗
親鸞における「楽邦文類」の受容とその意義
善鸞義絶事件の再検討
顕智上人の筆蹟に就て
高田専修寺の黒印をめぐって
「西方指南抄」の成立について
善鸞事件をめぐる研究史
顕智上人年表
尭秀、尭円両上人御書 補遺
口絵解説 国宝本「西方指南抄」応急処理における新知見−新出の親鸞自筆断簡をめぐって−
資料翻刻 浄土真宗聞書(高田山蔵)
南都仏教と浄土宗
親鸞聖人に対する開山の呼称に就て
女人往生の説
三河念仏相承日記を中心として観たる顕智上人の行蹟
高田伝統の念仏について
他力難行道
信と執持
玄義分概説
仏教生活法について
北勢に於ける専修門流の消長
三劫三千仏名経 3巻
大経における過去・現在・未来の意識
宗旦古流に就て
めぐる小車
信一念は覚か不覚か
善導と専修念仏
女人往生御書
校註 顕正流義鈔
浄土真宗聞書
前法主尭猷上人追憶片々
浄土真宗聞書解説
観世音か観自在か
真仏報恩塔の造立とその背景
現代インドにおける仏教の問題点
真智上人出自考
真宗念仏の再検討
伊勢大神宮と仏教
高田原始教団の声明について
玉保院蔵末燈鈔古写本に就て
高田派に於ける本尊論
円祥上人全集補遺
浄土真宗と現世利益
中興上人御書解説
真慧上人御書集成
阿弥陀仏の身土論
真慧上人の御書について
三度専修寺真恵の出自について
皇太子聖徳奉讃について
反宗教思想と実践への批判
津市に於ける著名寺院巡拝記
「宝暦五春上京紀行」について
愚禿鈔 顕智上人書写本
交名帳と絵系図
愚禿鈔 顕智上人書写本解説
日本外交史
慈信房善鸞義絶の意義と三経往生
後世語聞書 定專上人書写本
法然上人遺跡巡拝聴記
後世語聞書 定專上人書写本解説
親鸞の伝道における一考察
報恩講の旨趣と普及に伴う文献
専修寺京都別院の記
高田の聖徳太子奉讃
正泉寺の光明本尊と真慧上人寿像
西方指南抄と和漢語燈録に就て 上中下
「方便法身」の意味するもの
宗祖元祖法門の異同に就て 上下
真宗教団発展についての一視点
高田法儀概説
往生浄土の教え
龍樹の哲学 1〜5
聖人と自信教人信
文学博士号拝受記念 親鸞とその美術
普妙院湛空伝
念仏の問題−念仏心理
入出二門偈頌 中興上人書写本
資料復刻 重要文化財「専修寺文書」 1〜5(高田山蔵)
高田宝庫の和讃異本と文讃とに就て

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る