享保期以降の護持院における将軍家祈祷−護国寺所蔵「御祈祷祷標目」を素材として−
内大臣秘書官長の機能−政治的役割と限界−
天台行位説形成に関する一考察
極無自性心について
弘法大師の三論教義解釈について
仏頂系経典儀軌の成就法としての発展の一考察
外国文化受容とナショナル・アイデンティティ
発展途上国の貧困問題の検討−タイの貧困・不平等の実態と貧困軽減の先行研究をめぐって−
祖師信仰の形成と展開
竹久夢二と薄田泣菫のふるさと
実態とことば−「瑜伽師地論菩薩地」を中心に−
善導浄土教における三昧思想
平安末期における真言宗の勧進について-瓦経塚造営を例にして-
「維摩経」における浄仏国土思想について
ある天理教系教団の分派分立について
フッサール現象学における超越論的歴史について
意図と行為
『仁和寺記録』第十九巻所収『伝教大師求法書』について
川端康成における「隅田川」の位置
武田泰淳『わが子キリスト』について
仏教言語論の構造と展開
近世前半期に於ける本寺の末寺支配について
『更級日記』にみる信仰
貞慶作『発心講式』をめぐって
認知症高齢者の食事の意向を考慮した介護支援−グループホーム入居者の食生活支援の現状と課題−
ソーシャルワーク実践における機能派アプローチの形成と展開 1
回峰行と天台本覚思想
「MANJUSRIMULAKALPA」第2章 和訳(1)と尊容表
子育て解放期の余暇活動の現状および関連要因の検討
忍月の「国会」時代
「宗家」呼称考−「器朴論」を中心に−
梵天勧請について
「パーナドゥラ論争」の背景とキリスト教側への質疑について
日本における仏教受容の一考察−行基を中心に−
良源選述「九品往生義」の真偽についての一考察
ヒンドゥー教のラクシャ・バンダン祭−紐帯を深め、休息を与える−
異文化の受容と小学校唱歌-伊沢修二と日本における音楽教育の展開-
道宣の戒体論とその周辺
天台大師の撰述における引用経論の問題
A STUDY OF CANDRAKIRTI'S BODHISATTVAYOGACARACATUHSATAKATIKA 1
勝道ゆかりの地
第二ヴァティカン公会議の典礼改訂
「往生要集」の九品の解釈について
『声字実相義』の背景思想について
如来鑚仰の諸形象と修禅
包括者論による青年分析
地域統合におけるメディアの役割−ヨーロッパの現状を中心に−
宋代における公卿の浄土信仰者
前漢文帝の対諸侯王策−呉楚七国の乱の一背景として−
実存と不安−不安についての哲学的考察−
〈即身成仏〉思想の検討
「若葉かげ」私考−一葉日記の虚実−
不鳴鵆
「富士」論−武田泰淳と三島由紀夫−
桐江拓瑛の浄土教
「解体新書」付図の考察−「手足の図」をめぐって−
弘法大師の成仏思想についての一考察
浄土教における社会事業
不敬事件にみる天皇観
安然の草木成仏論
SVM仮説の再検討−「は」と「が」の習得の観点から−
道綽浄土教と仏性
韓愈の「葬送澄観」について
『菩薩地』「発心品」の一考察
社会変動に伴う念仏習俗の変容
賈大隠著『老子述義』について
密教儀軌における大乗経典援用と「大日経」の意義について−「大日経」成立背景の研究−
六朝仏教に於ける五常と五戒の融合について
黒谷流の円頓戒復興
「浄土法門源流章」所説の諸行本願義について
ポライトネスからみた省略表現の意味−「が」を中心に−
ツアイトリヒカイトとテンポラリテートについて
『京鹿子娘道成寺』−所化との問答のもつ意味−
ろう者の生活世界の特質と社会福祉の課題
白壁の町並みと美術館
千子と千仏−天輪聖王神話の一展開−
二尊院所蔵「七箇条制誡」署名考
田山花袋の“自然”
ヨーロッパ人の見た「東方」世界−16世紀を中心とした新大陸とアジア観−
天台大師における大小乗観の把捉について
「浮世風呂」における待遇表現 1,2,
ミサ聖祭の構造について
初会金剛頂経の降三世品について−百八名讃の検討−
「勝鬘経」における一乗思想について
無住と智覚禅師延寿の著作
釈尊は墓地で何を実践したか−不浄観ノート−
自閉症児と競争意識
珍海の往生思想と菩提心について−特に「菩提心集」を中心に−
中国の民俗と日本の民俗
宗教多元主義と現代
「陀羅尼集経」に関する諸文献の考察
臨終における別所について
格助詞の「の」について−「AのB」における「の」の機能−
北斗曼荼羅の研究−北斗曼荼羅を構成する星宿について−
弘法大師の十住心思想の展開
京都文学散歩
明治女子留学生の入信に関する一考察−津田梅子の場合−
法然浄土教における二種深信について
法然における助業の位置
高齢者への保健・福祉サービスの統合的な提供の現状と課題−市町村保健センターにおける調査を通して−

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る