天台『観経疏』の「是心作仏是心是仏」釈−善導との比較を通じて−
無理的な自然
清沢満之と真宗大谷派
高齢者の世代間交流に関する先行研究の現状と交流を分類・整理する枠組みの検討
戦時下の哲学者がみた宗教政策−古在由重と大日本回教協会−
キルケゴールにおける「他者」の問題
養護老人ホーム入所者の知的機能の変化に関する研究−2年間の追跡調査の結果をもとにして−
「三洞珠嚢」の医薬に就いて
勢観房源智について
ハイデガーにおける「無」について
懐感『釈浄土群疑論』所説の「二乗種不生」について
古代アジアにおける葬送儀礼−「魏志」倭人伝の記事を中心として−
唐代三階教徒の信行崇拝について
安居院流における願文の構成章段について−「澄憲作文大体」を手がかりに−
源氏物語の薫の人物造型について
有侠雑見
天台智??における「宗」の意義
西行における「山」と「あわれ」と仏道修行
三島文学の場所−『仮面の告白』を中心に−
「菩薩善戒経」の成立に関する一考察
釈道安の僧尼軌範と悔過法
円仁『巡礼行記』に於ける貨幣問題の再検討
日泰同盟の権力構造
「往生要集」における十二光仏の釈について−源信の新羅浄土教受容の一側面−
“法身説法”の論証構造
即心成仏と即身成仏
大名国替と菩提寺に関する一考察−浄土宗寺院を中心に−
鴨長明晩年の思想と信仰−宝物集とのかかわりから−
菩提心について−特に『仏性論』を中心として−
日本墓制史研究 1
平家の人々の芸能活動について−清盛・維盛を中心に−
平曲譜本考−池原遠旧蔵本の概略−
池辺三山−国際派ナショナリスト新聞記者の誕生−
具舎論における愛
浄土教判と修道論への一考察
慧観と訳経僧
うつ病病前性格研究史
長崎県の仏像
南岳慧思の禅観思想
唯識思想と現代哲学−阿頼耶識と「時熱」の問題−
山崎弁栄の宗教生活
末法思想と朝鮮三国の仏教
「ABHISAMACARIKA」第2章(1〜3) 試訳
法然上人の阿弥陀仏論
原始仏教における無我説−ラーダークリシュナンの解釈を中心に−
二重葬制について−韓国の複葬制を中心として−
日韓両語の授受表現の語用論的考察
子育ての社会的支援の方向性−世代間交流と生活文化伝承を通して−
『太上中道妙法蓮華経』成立の一考察
医療ソーシャルワーカーの支援継続を図るレファラル・モデルの検討
自閉症児家族に対する支援のあり方について
道教科儀小考−道門科範大全集を中心として−
春秋時代の侵伐について
宋代における天台・浄土の教の上海地方への伝播-元照の書いた銘文によって-
劉キンの災異思想について
鴨長明法名蓮胤の「すき」と仏道
道教の香思想 1-曽慥の「類説」所収の「香譜」等の資料的価値-
『重右衛門の最後』についての一考察
作持門詞句要集
「堤中納言物語」と琵琶
構成と時間−フッサールの初期時間論−
東西文化の接触と翻訳の課題
「覚意三昧」について
NOTE TOWARDS THE IDEOLGICAL BASIS OF BUDDHIST BIOETHICS
吉水入門後の熊谷直実について
小品系般若経における般若波羅蜜説
天台密教における阿字義について
三帖和讃の左訓について
興教大師と神祇 1-「諸大事十結」における根来山鎮守拝見作法について-
武田泰淳『富士』について
東国における徳一の足跡について-徳一関係寺院の整理と諸問題の指摘-
覚明房長西の浄土思想考-「選択本願念仏集名体決」を中心に-
趙宗天台における山外派の動向
仏教の倫理思想−クシャラを中心として−
一年両分性説再考
部民制について−職業部を中心として−
『廻諍論』の中観論書としての位置付け
藤原実資と家司について
秘蔵記の一考察
美と時
「平家物語」鬼界島の熊野詣
別時意説の会通について
東海の盧雪寺 正宗寺
常陸における浄土教
善導大師の観仏三昧と念仏三昧について
「春色梅児誉美二編」に見られる漢語
「同志の人々」における「正義」と「人間」
『成実論』の業思想
THE STUDY IN THE MAHAVAIROCANASUTRA APPEARING IN TIBETAN NON-CANONICAL WORKS
『観経疏』所説の実践行−特に「定善」を中心として−
東アジア古代の咋鳥文様−中国のソグド墓に表れた文様とその周辺−
陰陽寮の成立について
鎌倉以降における証真教学依用の形態
法然上人伝記の成立過程の一考察
『十住心論』第七住心をめぐる一考察
聖光教学における聖浄兼学の意義について
了誉聖冏の特色
四悉壇義について
大学篇八條目に関する一考察
日本近代における新宗教教団の展開過程

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る