東西両文化の接触地、愛知の仏像
華厳経の本質−特に入法界品に就て−
社会福祉思想と密教思想の結節点
江戸仏教の特質 1−盤珪禅の意義−
科学と宗教
「理趣経」の心真言(HRDAYA)−理趣経の展開と関連して−
クマリ・プージャとマリ女神
「梁塵秘抄」二句神歌、石清水歌の若宮の伝承
密教の建築と空間について
解深密教に就て
<七瑜伽(SBYOR BA BDUN)>覚書
「雪の日」の成立をめぐって
風水思想と自然科学−特に生態学の観点から
実範の阿弥陀観−付・東寺観智院所蔵「観自在王三摩地」翻刻−
三性円融の思想−空と有との交渉−
「即身成仏」についての一考察−死の受容の視点から−
田中冬二論 3−投稿詩人としての田中冬二について−
頼瑜の「四重秘釈」について
御遺告を検討して
「スピリチュアル」への仏教による取り組みの不安定さ
誰だ こいつは
呪術の諸類型序説−ファン・デル・レーウを中心に
「釈摩訶衍論」に見られる道場−「舎宅造立因縁」について−
五時教判の大成と法華の真実表現
ナーガールジュナとサータヴァーハナ
街灯
アイデンティティ形成に占める信仰の位置
檀信徒が信仰心を育む教化活動の模索[事例研究]−珍珠山吉祥院における発心式(継承式)の実際−
明星の一閃
中国山水画と風水思想
抜頭と相撲節会−勝負楽としての抜頭と陵王−
宗教力の独立
密教学関係論文データベース研究会 智山勧学会共同研究報告
解脱の囁き
「大日経」に関するsNar-thang寺の相承系譜
バクティ信仰と臨終−三昧と生活 3
法隆寺貝葉「般若心経」写本についての一報告

「理趣経」十七尊曼荼羅の成立に関する一試論
岩手県地方における真言宗の初期伝播考
ANANDAGARBHAの潅頂論
KRIYASAMGRAHA所説のガナチャクラ儀礼
大自然の懐へ
菩薩戒羯磨記 1巻
「仏頂尊勝陀羅尼経」の研究
宗団論に関する若干の問題点
『大宝積経』「密迹金剛力士会」の一考察
緑陰漫談
「讃」から「和讃」へ−花供・花讃の示唆するところ−
平安末期の時代と宗教
ブッダグヒヤの教学背景−「大日経」注釈における引用例を中心として−
をりをり
諸法集要経王者治国品−正法念処経、蔵・漢テキスト比定試訳−
『大乗荘厳経論』における四種の発心について−「伽耶山頂経」発心説の受容−
雄々しい姿(友を思ひて)
三摩地に就て
平田篤胤における「古道」の意味
弘法大師と興教大師−両部不二思想をめぐって
「チャクラサンヴァラタントラ」の成立段階について−およびJAYABHADRA作SRICAKRASAMVARAPANJJIKA校訂梵本−
赤鰯と助け船
MANJUSRIMULAKALPAとMANJUSRIJNANATANTRA
室生、長谷、大神神社の神仏習合の源流
生涯発達心理学的人間学を考える−人間化過程(HUMANIZATION PROCESSES)の筋道に沿った人間の生涯(HUMAN CAREER)の問題−
はらから
興教大師における阿字観 2
ダイオキシンの形と六大の形
武人なるが故に
理趣経の梵本
真言密教の事相活用論
興教大師の菩提心について−「一期大要秘密集」を中心として
四食論考
密厳院発露懺悔文
石山寺所蔵の「秘密三昧耶戒儀」について−秘密三昧耶仏戒儀をめぐって
智積院について
真言宗の戒律一般
華厳宗・地論宗での世親の十地について−「六相」の変遷を中心に
性起縁起に就て
シンポジウム 本宗における教育問題の現状と展望
不空所伝の金剛頂瑜伽経について 2−金剛智三蔵所伝の金剛頂瑜伽経に関する一考察
阿字本不生再考−空を問う
法界に入るまで−華厳経の中心思想−
近世における庶民の仏教信仰
三十帖策子所見 空海真蹟「注尊勝陀羅尼」尊勝釈
諸宗教通有の親族的類似
学の発展と術語について
自証説法について 2,
我仏教上より見たる聖徳太子
解脱房貞慶の「観音講式」について−密教浄土教信仰をめぐって
ACARYAKRIYASAMUCCAYAの基調
頼瑜の浄土観 2
「初学暗誦要文」と「補忘記」と 1,
印度教の復興について
覚鑁密教の冒険
金剛手の変遷
現今の理想主義に就て
旃陀羅の史的考察
「釈摩訶衍論」と「大宗地玄文本論」に於いて共通する記述をめぐって
興教大師の菩提心について
「大原集」の証心
興教大師覚鑁の成仏論 1−現生・生身の成仏

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る