インドにおける人身供犠とその礼拝対象
救いの諸相とその原理−怒りを視点に−
バーマハと法称
『大乗荘厳経論』における「大悲樹」の喩と三句思想
漢法本内伝成立考
オーロビンドーの政治運動 付 ブラーモ・サマージ,アールヤ・サマージの略譜
農村寺院の社会的機能の一考察−水害地域の事例を中心として−
真言宗智山派教化推進の将来的展望について−安らかなる心は求められるのか?−
無常・厭世・現世利益−日本に於ける信仰一の形態−
「初恋」について−嵯峨の屋おむろノート 3−
不空羂索経をめぐる諸問題 1−十地真言品第三十一について
PRAJNARAKSITA「CAKRASAMVARABHISAMAYA 註」の原典研究−梵文校訂テクスト 2−
伊予柑
地蔵院流に就て−特に三学院相承実勝方法流
宋代における火葬習俗について
ヴィドヤーダラの宗教
十住心の構成について
ハムレットについて
SYSTEM AND HISTORICAL DEVELOPMENT OF SECRET SIGNS AS COMMUNICATION MEDIA
曼荼羅について
続密教文学論
教育の自由と統制における数奇的発展法
『声聞地』の成立背景をめぐる一考察−「第一瑜伽処」とSAUNDARANANDAの比較を通して−
手量論注 漢訳二本対照 チベット訳、和訳
チベット訳密教経典にみられる王敬愛法の梵文音写に関する報告
かくし念仏と秘事法門の混同
殷紂故事
那須政隆博士著作目録
「篆隷萬象名義」について
「梁塵秘抄」神歌二四五の解釈
文学における肯定的精神と即身成仏
仏陀最初説法と中道の原型
金剛頂経の性格
グフヤサマージャの基調
十地十六生について
綜芸種智院をめぐりて

「春色梅児誉美」に於ける待遇表現 3
かくし念仏の意義並に所依の経典
理趣経偈のインド密教教義
弘法大師教学と釈摩訶衍論 1,2(1は、ヌ0009-317-000-05に整理)
密教施餓鬼法儀軌の中国社会伝流
SUBAHUPARIPRCCHAGATHAについて
大日経に関する一考察−真言宗義の建前を基調として−
真言密教における「事」をめぐる問題
都市における檀徒総代の階層と宗教意識について
遺教経の読曲について
般若心経私考−異本比較及び咒文を中心として
印度諸学派に於ける秘密思想-シャンカラの秘教とその秘密的形態
近代における真言宗の分派と統合
密厳国土建設に向かって-ヒンドウー教プラーナ聖典における「天界」の理解の仕方から-
近松の世話物に現われた女性
インド思想史から見た真言密教
原始仏教における社会倫理の原理について
仏教集団における諸組織
理趣釈経等策子について
宗教批判の基礎を現実へ
日本密教の成立
霊と肉と骨−現代日本人の死者観念−
護身法の研究−特に経軌を中心として
小乗呪と密教経典
仏教の禅法と道教の守一
風水“FUNG-SHUI”
釈論の立義文解釈
VAJRASEKHARA-TANTRAの一考察
朗澄について
三種即身成仏に就いて
内外に於ける蒙古密教研究の現状
旋火輪の喩−一つの声字実相論−
弘法大師の仏身論と「金剛頂経」の引用
「開題」類における本覚について
二教論に対する一考察
世親の業(KARMAN)観
仏伝に見えるナーガについて−インド古代史の一断面−
金剛頂経における戒について
「釈論愚草」における頼瑜の一体一心摩訶衍解釈
金剛頂経の研究−漢蔵両訳初会経の比較
原始仏教の倫理的性格について
宗教的価値に関する価値的考察−方法論的試論−
大智度論における大小二乗の発心修行
真言宗智山派と海住山寺
楞厳経管見
瑜伽行について−唯識瑜伽と真言瑜伽の対比−
「大日経」住心品蔵漢対照研究−六無畏をめぐって−
宗教におけることばの働き−解深密経にみる一例−
空海と文殊法身礼
海住山寺蔵「相生の松」(絵巻)について
シュバクプタのことば論
社会的緊張と宗教変容−神葬祭化と村落構造の関連を中心として−
帰依の一考察 1
明恵における五聖と五秘密について
清儒の仏教研究
真言宗分離の真相
人間の習得性について−文化化と基本的習慣の形成・主に乳児期の生活課題 1,2−
釈摩訶衍論における同相と異相について
明恵上人夢記の集成・註釈と密教学的視点からの分析研究
性と修の問題−華厳教学を基調として
盛岡・仙台両藩の凶荒の藩財政と人口増加への影響
漢代薄葬論の典型−楊王孫と趙咨−
三十帖策子の原初形態と伝教大師

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る