江戸盗妖騒動と寛政改革
笠間城下町の女性たち
民衆運動と女性
幕末から明治初期の人民常食
王臣と陪臣と —徳川支配の正統性についての断想
日本の思想 —研究の手引き(近世編)
概説 江戸の心情 —儒学者の場合
人はいさ
儒教の世界
日本の儒教
仁斎における道について
国学と神話
義理と人情
近世の仏教
?ク園の詩と明の詩風
鴟?エ庵閑話
南画
頼山陽と『日本外史』
天について
日本の思想 —研究の手引き(近世編)
概説 江戸の幕末 —崩壊と再生
西欧の衝撃への対応 —川路聖謨を中心として
世わたり草
水戸学について —その課題と研究視角—
永井荷風の江戸志向
遊行十二代尊観法親王伝説考
「水の都」のフォークロア —「ハシバ」空間をめぐって—
草人形考
宗教的カリスマの誕生 —幕末・維新期の創唱宗教について—
座談会 江戸の春
カトリック神秘思想と日本の霊性−「こんてむつすむん地」の訳文−
ウィリアム・アダムズの手紙
ケンペルの旅と「鎖国論」
十八世紀後半の西欧世界と日本
朝鮮通信使が見た日本 −青泉申維翰を中心に−
美しくなる女たち —蕪村と春信—
節用集と日本文明
江戸の子どもたち —その日常と遊び、学習
江戸時代の書画会 —席画会とアンデパンダン展—
地方の町と村の国学者・蘭学者 —三河を中心に—
温泉と江戸文学
西洋と日本への問い —『西洋紀聞』『鴃舌或問』『鉛筆紀聞』—
「開国」の社会心理学-ペリー、ゴンチャローフ、オールコック-
白石と諭吉 —刀に対する態度をめぐって—
概説 徳川の政治と社会 —江戸時代をどう見るか
徳川時代の社会と政治思想の特質
薬事篇
賀茂真淵の思想 —その「国の手ふり」論を中心に—
近世における賎民身分の人別帳に関するノート-弾左衛門支配下の場合-
心学道話とコミュニケーション —道二心学を中心として—
称謂と正名
天明期羽州村山郡幕領の石代納闘争と惣代名主制
幕領における郡中入用と組合村入用について —村をこえた入用論の↓
出羽幸生銅山小史 —近世後期—
寛政−文化期の幕府財政 —松平信明政権の性格—
近世陰陽道の編成と組織
一番美しく
鬼神・怪異・幽冥 —平田篤胤小論—
天保一揆前後の甲府都市民
幕末維新期に於ける民衆宗教の変容 —不二道の場合—
横浜十里四方遊歩問題と改革組合村
直轄県と人民支配
徳川秀忠の茶の湯
元禄期における地方劇壇の動向
「守山日記」にみる
天明歌舞伎の再評価
天保改革と歌舞伎取り締り —三都と遠国奉行支配地を中心として—
歌舞伎研究と西洋
江戸時代の化粧書
丸山遊女犯科帳 —唐紅毛人との関りを中心として—
寓岩井上(中村)信好
江戸における江戸歌文派と平田篤胤
田能村竹田の画論
松崎慊堂における別離
元和-寛文期下総における組合村について-根郷五ヶ村組合の成立と↓
岡山藩の「高」について-幕藩権力構造分析の視点から-
琉球国司考 —近世日中関係の一視点—
一八世紀初頭欠落事例にみる江戸町住民の構成
代官簑笠之助の思想
享保改革末期の新田政策
古河藩宝暦一揆の歴史的前提
米作単作地帯における地主経営の成立過程
関東譜代大名における商人地主の展開と流通 —土浦藩の場合—
手記
近世後期北関東における林業の発展 —鬼怒川上流の売木人を中心に—
東北における藩国益策の展開と挫折
内陸における地域的米殻市場の展開 —甲州西部を中心にして—
幕末における旗本借財の内容と特質
幕藩体制史研究の回顧と課題
河野十八門徒について
「キリシタン禁令」の研究
御掟・御掟追加をめぐって
所謂「身分法令」と「一季居」禁令-「侍」は「武士」ではない-
幕藩制成立期における城普請について
江戸幕府初期老中就任者に関する考察
平戸オランダ商館の日本人雇傭者について
徳川家康崇拝の一例 —第九子尾張義直の場合—
近世北奥大名と寺社
浦野一件覚書
衛生篇

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る