男装・女装−その日本的特質と衣服制
前近代の生殖観
肉体と欲望の経路
平安時代における女房の存在形態
「伴大納言絵詞」に現われた平安時代の風俗
平安・鎌倉時代の庶民の服装
王朝のデザイナー−藤原貴族のおしゃれ
「今昔物語」に現われた衣生活
中世の女性と服装
南北朝・室町時代の庶民の服装
戦国時代の武士の衣生活
中世都市の町並−堺と京都の町並の復原
明衣について
牛を売る人と牛を買う人
大石内蔵之助
狂言における社会的真実
日本人の精神風土論の為に
日本人の精神風土と建築
日本人の精神風土と衣装
日本人の精神風土と食物
衣・食・住のジャパノロジー
共同討議=自然と人間と文化
おのおのが信じた路
ウタリ協会の活動を共にして
教えられた事ども
失ってはならない、コタンの自然
「北海道アイヌ」への弔辞
非道
正さんから学んだこと
痛切にして繊細な知性の人
アレックスのこと
古代国家のなりたち
中国仏教における「正統」意識−「伝法正宗記」と「仏祖統記」
新儒教における正統と異端
李朝初期における朱子学の「理」−鄭道伝の仏教批判をめぐって−
中国東南部における漢族の正統意識と民系
詩と詞−中国における詩の正統意識
「邪説異端」の基盤−酒令にみる西廂記
「水滸伝」における正統と異端
中世史研究と部落問題
序説−西欧世界との接触・日本におけるキリスト教受容
天・天主・上帝
蘭学と伝統科学−近世科学思想における正統と異端
日本近代詩の異端性と正統性
むすびにかえて−日本・中国・ヨーロッパ
室町時代の狂言
狂言に現われた民間信仰
近世の女性の服装−桃山・江戸の女性のおしゃれ
近世における庶民と町医者の衣服
中・近世の陸上交通用具-輿・車、特に駕篭について
“鏡割り”“鏡開き”“鏡抜き”考
米食の歴史と日本人のくらし−みずほの国から米食過剰弊害節の氾濫まで−
長岡京時代の服飾−特に革帯・佩飾について
王朝の女性と服装−平安女性のおしゃれ
王朝時代の化粧
直木三十五
日露・日ソ関係と日本の北辺−国家関係と民衆−
海彼の来訪者
海からのメッセージ・漂着物
漂流と日本人−漂流記にみる異文化との接触−
日本社会再考−海の視点から−
正統と異端−はしがき・本書の意図
日本的世界における正統性
蔭凉軒日録索引
日本古代の仏教信仰をめぐる正統と異端−「日本霊異記」にみる霊力↓
中世政治思想における正統と異端−慈遍の政治思想をめぐって−
中世仏教者の正統意識
中世奥南の正統意識−余目氏旧記にみる平泉伝説
近世儒家神道の異端論
近世日本の「神国」論
近世天皇論の過去と現在−パラダイムの逆転
中世和歌における正統意識−源実朝「金槐集」
軍記文芸における「正統」と「異端」
江戸堂上派武家歌人の正統意識−奥儒者成嶋家の歌論
日本語の中に秘む異端性
中国的世界における正統性
儒学の国教化−中国正統の形成
董仲舒・天人対策の再検討−儒学の国教化をめぐって
虚実・神功皇后征討説話
根来寺出土の備前焼大甕と流通ルート
瀬戸内の港町
内海の漁民と島々の生活史
魚島の社会史−生活と信仰を中心として−
漁する老漁師たち−「シオをつくる」ことをめぐって−
日本の伝統的船舶の系譜
建築をとおしてみた日本
漁民の社会と信仰−日本と中国の比較を軸に−
海民の世界から見直す日本文化−稲作中心史観の克服と国際的交流−
海民の世界から見直す日本文化−稲作中心史観の克服と国際的交流−
日本の海洋文化とは何か
北の海の考古学
琉球弧と南シナ海
海の生態学−資源と漁撈−
銛漁−環太平洋的視点−
カツオをめぐる習俗
列島の捕鯨文化史
サバとニシンのシンボリズム
海の道と日本列島史
太唐米に海域世界をみる
小左衛門と金右衛門−地域と海禁をめぐる断章

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る