製塩法の歴史
鰻と虚空蔵信仰−禁忌の歴史民俗学的一考察−
金毘羅信仰資料から見た瀬戸内文化
東日本の人形道祖神
遁世・漂泊者の理解をめぐって
「熊谷家伝説」余話
神道的神と民俗的神−定住民と漂泊民の神空間−
異神の像容−牛頭天王渡り祭文の世界
異人と村落共同体をめぐる物語-「松浦長者」と「物くさ太郎」-
杖と境界のアルケオロジー
蓑笠と柿帷−一揆の衣装
田遊び論ノート
岐阜県東濃地方の瞽女仲間
巡礼の構造
栃木県の石の民俗
都市民俗への志向
世相史の対象と方法をめぐって-社会心理史ことはじめ
屋敷付属の墓地−死の忌みをめぐって
アチック草創期の思い出
ムシロヅケの溜−真宗門徒火葬習俗覚書−
両墓制について
絵系図に見る「家」の祭祀
中世の屋敷墓
中世在村寺院の村堂化の過程と在地住民の動向について−近江国葛川明王院の評定衆・山本奉行・小常住を例に−
蔵王信仰・龍山信仰と大山荘
巫女の御礼参上−「色部氏年中行事」を読む
近世祭祀団成立序説
宮座のいろいろ
西日本におけるトウヤ祭祀の儀礼的特質-いわゆる<宮座>の類型的研究
「宮座」論ノート−村落構造の関連において−
大和小南の宮座と女房座
天竜渓谷の焼畑−佐久間町浦川の文書資料−
猪追い−木曽山脈東麓の猪防−
吉野の漆かき−奈良県吉野郡西吉野村賀名生を中心として
木地屋の系譜−近江麻生木地山のばあい−
近世の村組と村−近江蒲生郡中野村を中心に−
村寄合における議決法
日本の婚姻儀礼−伝統的社会の女性像に関する一考察−
誓約の鐘−中世一揆史研究の前提として
近世農民の行動追跡調査−濃州西条村の奉公人
農民における情報と記録
話ことばと古文書
ハレとケガレの生活感覚-「天気」と「休み日」について
都市自治の限界−奈良の場合
近世京都における町共同体の動向−借家人層を中心として
城下町の社会と民俗−茨城県古河の常民生活誌から
三都の非人と非人集団
京都における被差別集落成立について
職人の修行時代
寛政の混浴禁止令をめぐって−近世都市史の一断章
近世における祭の「周辺」
町と祭り−秋田県角館町の飾山囃子の場合
都市内部の葬送習俗
都市と不在地主−都市農村関係の一側面として
江戸のみかん−明るい近世像
村から町へ−宗教の変相−
西南日本における家族慣行
近世農村における女性相続人−武州下丸子村の事例−
「今昔物語」における婚姻形態と婚姻関係-高群逸枝説への疑問-
婚姻制度と家
日本の「嫁入婚」の歴史的位置-日本婚姻史学への疑問-
ユイの意味とその変化
徳川期における「村共同体」の組成-本百姓身分を中心に-
中世の親族と家−中世女性史研究序説−
近世の村における家格制支配と本家・分家関係
日本村落社会における親分子分関係の構造
村の境
中世村落と領域構成
「ノラ」の語義変遷をめぐって-村の領域認識における中世と近世-
ヤマとサトの民俗学
近世計画村落の空間構成について−古村改造の事例
農村の身分階層制
近江の村落における長老制度の変質について
村落自検断禁令の近世的展開
中世史研究と民俗学
歴史研究における民俗学と柳田学−最近の柳田国男研究に寄せて
島根県匹見町広瀬出土の犂サンの再検討
鍬先き作り−湯金と「百姓伝説」を中心にして−
「会津農書」の農具をめぐって-近世農具の発展過程-
毛織機(地機)の東西差−産業史の立場から
龍骨車・踏車研究-湖東平野・奈良盆地での利用形態を中心に
籾摺臼をめぐる諸問題−木摺臼と土摺臼−
焼畑と摘田−種肥混合播をめぐって−
本邦占城米考
佐渡式イカ釣具の伝播について
伊勢湾・志摩半島・熊野灘の漁撈道具
編布の研究
中世民衆生活の一側面
工匠と民具
曲物について
家の類型
古代中世の「家」と家族−養子を中心として−
摂関期における受領の家と家族形態−三河守源経相の場合−
近世中・後期における農民層の家相続の諸態様-羽州村山地方の宗門↓
長谷川等伯
宮座に就いて−主として江州東小椋の村落生活と関聯して
陸前気仙郡の村組織と磯の利用
頭を中心とした祭祀の問題
安房及び伊豆に於ける若者の生活
紀北須賀利村に於ける若者の生活

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る