師教聞思の徹底−「選択集」「二行章」から「教行信証」への展開についての一考察
ポスト・モダン社会における真宗倫理
鈴木大拙著「禅論」第二第三集を看て
二種深信論の史的研究 上中下
涅哩帝王 写本
辻善之助博士と真宗
曇鸞帰浄の伝記について−「大集経」と「観経」の意義
劉禹錫の仏教受容
バシュラールに於ける科学的精神と精神分析
延宝の角太夫−「石川開帳」と「石山後日 れんげ上人」−
蔵俊と貞慶
「日本往生極楽記」と「今昔物語集」巻十五−観念の念仏から口称の念仏へ
ウォレス・スティーブンスの詩−HARMONIUMの一つの見方
白居易の煩悩とその詩
大行とその源泉−「行巻」他力釈の考察−
嘉吉本「秋夜長物語」について
僧都禅瑜とその浄土教思想 上下-新出「新十疑論」の紹介-
仏陀時代の社会観−その時代史的一断面
パーソンス理論における類型変数の図式
親鸞に於ける改名と信境の展開
純粋経験の思想と宗教−W・ジェームズと西田幾多郎
「観経疏」<今乗二尊教>の意義
真宗の往生観に就いて
無著・阿毘達磨集論について
「既而有悲願」の意義
「豊かな社会」における女子労働
西谷啓治における清沢満之観
方便ということ−慧均の二智義によって
唯識心分説の発達過程(続)−四分義の一部として
諸大事口訣 下巻 写本
徳と福-アリストテレスに対するスピノザとカントの立場
奈良時代及びそれ以前の仏畫
教行信証における三一問答の特質
「彫像」の詩作過程における禅の影響
蔡元培の「美育」論
閨秀画家
善知識の意義
表現愛の構造について−木村素衛先生の「表現愛」を読みて
考槃餘事考記
笑についての一考察
呉越武肅王銭鏐と仏教−神秘への傾向性と天侯への野望
詩僧慧宣と法宣について
観海流の伝播に関する一考察−京都府下学校への伝播から
「大無量寿経」における「自然」について−親鸞の読みを通して−
天寿国と重興仏法の菩薩天子と
尸陀槃尼の毘婆沙論編纂の形式と其の支那伝訳に就いて
アクバル大王の宗教政策
芥川龍之介における宗教 上下
象徴と存在
獲信の開く世界−「如来と等し」の思想
「三彌底部論」解読研究中有の存在に関する議論(下)
ツォンカパによる縁起観の展開−「六十頌如理論注」を中心として−
偽撰の背景
達摩観心論(破相論)四本対校 上下
曇鸞の撰述中に引用されたる書目の調査
要法授訣鈔 中
弥勒と韋提
親鸞教学と般舟三昧思想 上下
中国仏教における鳩摩羅什−小乗に対する態度を中心に−
21世紀のアメリカ文明−「文化戦争」と「高度情報化社会」−
往生伝の始源 1〜3
行信論展開の素描
晩年の義門
陶冶の両極-シュプランガーにおける陶冶理想の探求
選択本願と三心−「利他真実」について
いかにして否定精神が肯定精神になり得るか−ニーチェにおけるニヒリズム克服の問題−
泣くこと、そして悲しみの感情−情動とことば−
行信の問題
M・ビュートル詩「炎の中」について
清末戊戌維新期の中国における女子教育振興論と中国女学堂の創設
失業保健制度の難点と反対論
解深密経成立構造の研究
善導の別時意会通について−曇鸞と関連して
涅槃経の説時について
きたえる
宮沢賢治「どんぐりと山猫」論−童話集「注文の多い料理店」をめぐって
行為と法則−自由概念の展開を手掛かりにして−
「行信」に於ける背景の研究−その序説の一部として
華厳経「菩薩明難品」について
縁覚考
菩提場経法
仏教における浄土教の位置-出家道のレールの上に在家道の列車を走らせたのが浄土教である-
中・後期のシェリング
第三高等学校前身校とキリスト教
摂取不捨の世界
中国明代の僧官について
アビダルマのともしび 1〜3-第5章第1,2節
ベルグソンと文学−言語への不信に関連して
梵文断簡 NIDANASAMYUKTA
自分に見えないもの
勘事と進過状−摂関期における非制度的刑罰展開の一齣
時機相応
二種の否定−慧の否定と悲の否定
集合行動論序説
真定府獲鹿縣霊巌院について−金代買額寺院の形態
唐太宗の紀功寺院建設−政権正統論の形成をめぐって−
信念と信仰
天台初期の禅法
ヴォルテールとその哲学辞典について
院政期一貴族の信仰生活

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る