生の流転と愛と
吾徒は進んで国民指導の任に膺れ
慈雲尊者の尺牘を拝しまつりて
「カント」前の近世哲学
呼倫貝爾州の宗教
本派教育会に望む
当相即道論
豊山派教育の沿革
弘法大師の教育眼を論じて現今の教育制度に及ぶ
ソロモン艦隊と印度洋の蓬瀛州
秘密安心往生法話略解
世界の動乱と日本民族の自覚
大日本寺院総覧に就いて
大僧正の事
護国寺悲田会
海外に於ける日本人
無題録
釈迦牟尼伝
時局に就て精神上の国産奨励
宗門教育の前途
春秋論
真義真言宗天正の法難
大伝法院流伝授相承について
宋学者としての中厳禅師
西遊紀行
伝教弘法二大師の事業に就て
快遍法印の文と詩
不思議境界経の内容と密教思想
法華より受くる二乗の慰安
神秘主義と近代思想
伝流潅頂に就て
人格本位の硬教育
密教美術に於ける色彩に就て
客観的感情教育法としての宗教
御即位の大典
護持院隆光僧正の日記の一筋より
人格論
法式雑話
神社問題と日本仏教徒
徳川時代の儒教概論
平安朝以前の秘密伝来に就て
声明と平曲
日本仏教と文明
零語臆断
有情無情
大威徳法
伝流潅頂に就て
我等は何故に起ちし乎
禅とは何ぞや
本尊論
自覚的生活論
宗派の為めに(結党式所感)
アジャンターの巌窟古刹 1〜3,
仏教信仰論の一節
鎮西を歴遊して友なる某に与ふる書
平和は既に破られたり(結党式所感)
祖山長谷寺の将来と其発展
結党式所感
心の作用
北海道の仏教観
小感録
兎の伝説と国民性に就て
勤王思想と仏教的信念(北畠親房卿の祭典に臨みて)
史筆百條
己心法界論
弘法大師の弘法
文芸の二潮流に暗示せられたる現代生活の理想
大政治家と仏教信仰
宗教的天才とは何ぞや
本派独立の宗是に顧みよ
大臣の希望と協同的精神
初期に於ける我国の仏教
豊山派膨張史の半面
実の如く自心を知れ
栄山寺八角円堂及其模型に就て
足利訓義考
時代と仏教 明治
自證加持両説の本義
合寺問題に就て
豊山中興道統略伝(中興第一世宮賢房専誉僧正略伝)
鶏足寺問題に対する予の見解
人格の権威と修養
真言宗安心論弁
厭離穢土
摩利支天の話
豊山派別格本山鶏足寺住職選定に関する経過第一を報告して敢て大方諸師の一読を乞う
仏教と国民性
渓山雪月
敢て宗会議員諸師に提議す
秘密三蔵
真言密教の一大使命
鶏足寺問題第二回経過報告を公示するに就て
伝道日誌
信仰と知識と
何をか活動の目的と云ふ
将来に於ける本派の伝道方策を議す
声明楽譜の研究に就きて
師弟道に就て
厳護法城
豊山派教育界の現状を論じて宗会に及ぶ

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る