如林房澄空上人について
経王堂伝来の文化財−建造物・彫刻・工芸品−
経王堂伝来の文化財−書跡−
北野社一切経と覚蔵坊増範
年中行事−おかめ福節分会・千本の釈迦念仏・陶器供養会と陶器市・六道参り・成道会と大根だき−
大報恩寺復興
下野薬師寺とその関係の僧侶
奈良時代成立の「聖徳太子伝」をめぐる若干の問題
行基の弟子列伝と一・二の問題
伝教大師願文の研究
伝教大師の内省とと名聞利養
顕戒論と顕揚大戒論
嘉祥元年六月応修潅頂事官符について
中唐の書風と弘法大師
弘法大師と『大日経』
真言宗における阿闍梨について
興教大師覚鑁の伝法会復興について
浄瑠璃寺に想う
興教大師の『五輪九字明秘密釈』と中世日本文化における五蔵観思想
『愚管抄』と叡山の思想・教学
清涼寺所蔵源空自筆書状について
盧山寺本『選択集』の本文について
『逆修説法』の引用と呼称
増上寺蔵『残欠二巻伝』の原本紹介とその考証
『一言芳談』考
慶政筆録『比良山古人霊託』について
神護寺聖人上覚房行慈伝考
澄憲と説法道
長楽寺栄朝とその法流
寺僧の活躍による寺院の成立について
了誉聖冏の『釈浄土二蔵頌義』について
了暁とその門下
源誉存応の人間性
源誉存応門下における廓山と了的
天海と関東天台宗
護持院隆光の性格について
隆光と小池坊能化について
大和退隠後の隆光・快意について
良寛の詩境
空無・正元と江戸六地蔵
徳本の教化 とくに美濃と下野栃木を中心として
近代智山の能化について
護国寺俊海について
弁栄と弁匡
林彦明の思想と行動
仏陀の受具と比丘性の聖化
高僧と『道徳経』 羅什・僧肇を中心として
中国民衆信仰の中の達摩大師
嘉祥大師における教判思想の展開
善導大師の教化伝道について
恵果和尚伝の研究
「都講」の職能と起源
『釈苑詞林』
櫛田良洪博士著書並びに学術論文目録
櫛田良洪博士略歴
永遠への飛翔
空海の肖像
原始の生命への回帰 空海の偉大さとは何か
秘儀と修法の世界
御修法の祈り
弘法大師の教えの真意を悟り、第二、第三の空海になろう
同じことをくり返すことが一番大切な修行です
醍醐寺では『南無遍照金剛』と拝むんです
曼荼羅の宇宙 両界曼荼羅図の絵画的構成
曼荼羅の宇宙と現代
私のマンダラ 摩訶不思議な絵
光への祈り
蘇生の夢
人を高める手段
即身成仏への道
巡礼の祈り
真言宗十八本山巡歴
マンダラと精神療法
鳳凰堂扉絵と私
弘法大師の教育理念
マンダラとシステム・私論
世界の中の空海
真言宗と音楽
空海の声
阿字観瞑想のすすめ
修験道入門
密教絵画の描き方
真言宗たずねある記
民話の中の弘法大師
民衆の中の弘法大師
真言密教がわかる20のQ&A
満濃池への連想
私の中なる空海
ピントグラスの中の弘法大師
巨大なロマンティスト空海
祈りの向こう
四国は仏の島
須磨寺と私
紅梅幻想
牡丹絵巻
祈願に応じた真言(マントラ)を唱えよう
西安 その歴史と風土
日中友好に賭けた父の情熱
中国と大平正芳
弘法大師奉納舞

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る