四種三昧-特に非行非坐三昧と随自意、覚意、三昧について-
天台学における煩悩対治論
四種四諦の成立過程について
僧肇に於ける空解明の構造
『永嘉集』の観心門
「南無妙法一心観仏」について
『妙行心要集』の諸問題
伝教大師仏教の基調
塩入良道先生追悼論文集刊行によせて
実相と法界
慧思の大小乗思想について
木の芽田楽
鐔津文集十九巻
「天台智??の二諦説の特色」特に三諦説との関連において
『摩訶止観』魔事境とその形式
『法華玄義』における私記の研究
天台大師智??の『覚意三昧』に於ける仏性説に関する一考察
華・天における「即」の構造
荊渓湛然の仏性説
最澄の法宝批判
最澄の仏陀観について
慈覚大師円仁の仏身論
『天台法華宗学生式問答』の検討
円仁撰『潅頂三昧耶戒』について
三大部要決の教学について
日本天台の金剛宝戒と法然の念仏一門
慈鎮和尚と台密の蘇悉地
恵檀両流兼学(雑伝)の様相
班彪『後伝』浅議
『八十巻華厳経』漢訳原典研究序説
『瑜伽論』菩薩地における四車の譬喩
無名の『法華経』研究者たち
維摩信仰の形成
金光明経典の漢訳と儀礼
疑経と讖緯思想
六朝漢語語法考
達磨大師胎息論に対する評価について
霊泉寺石窟の思想史的意義
『小止観』における中論偈依用と陳都仏教
吉蔵撰「法華統略」における信解品の譬喩解釈について
『群疑論』の思想背景
円仁見聞の俗講
五台山仏教と「例時作法」
ビン国忠懿王王審知における仏教
元照における戒律と浄土教
古代仏教における修行の道場
元暁の法華経観に於ける諸問題
『寺院音楽』中国音楽家協会編−の一考察
比叡山と日吉大社
千観の『即身成仏義私記』について
玄旨潅頂より戒潅頂へ
宝地房証真撰『観経疏私記』と良忠
全慶老師のことなど
恵心僧都と基法師
『雑々抄』における円密勝劣論
孝養集の六道思想
日養の『録内御書』真蹟校合について
初期知恩院について
『碧前碧後』考
修験道に於ける「三即一」「不二」思想
川越喜多院五百羅漢石像の造立年次考
チベット文「五台山誌」に見られる漢語からのチベット音写語
THE PRIMACY OF EXPERIENCE
TENDAI BUDDHISM AND CHRISTIANITY
THE LOTUS IN THE LOTUS SUTRA
STORIES IN BUDDHIST REPENTENCE LITURGIES
THE SUTRA LECTURE AND DOCTRINAL DEBATE TRADITIONS IN EARLY AND MEDIEVAL JAPAN
CHIH-I, THE LOTUS, AND THE LOTUS SUTRA
金剛界礼懺小考 東密の五悔
信の構造
法華経と天台大師
よみがえる「信の風光」−秀衡の母請託「如意輪講式」を読む−
金光明最勝王経金字宝塔曼荼羅図再考
大長寿院大日如来像について
弥勒さま
中尊寺の成立と中世初期国家の北方支配−平泉藤原氏と院、摂関家−
中尊寺金色堂壇上諸仏の調査について
「中尊寺建立供養願文」を読む
藤原基成の鎌倉連行について−藤原秀衡正妻=泰衡母=国衡妻の生涯−
金色堂−明治の栄誉と傷痕
南部領金沢金山絵巻に見る近世の産金技術
中尊寺大寿院所蔵宋版経調査概報
自然界からの贈り物−昔の人は知っていた青森ヒバ成分中の生理活性物質−
お骨大師に就いて
入唐史料より観たる智証大師
智証大師の将来録に就いて
智証大師関係の文牘と其の書法
智証大師の入唐求法
智証大師の精神生活
美術史上より見たる智証大師の地位
弘法大師と智証大師
天台宗史上に於ける智証大師
智証大師の潅頂に就いて
円珍在銘の鉄製経筒
智証大師の潅頂と大乗戒
智証大師及其の門流と修験道
智証大師を礼讃す
園城寺の国宝建築
平安朝に於ける新羅明神
園城寺と源氏

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る