元代の叢林経営をめぐって
自然・人間・神−シェリング存在論研究序説−
中巖円月の儒学思想
鈴木正三の禅
禅録に見える念の字について
宋版禅籍調査報告
鈴木正三における密教的なるもの
師蛮の本朝高僧伝について
般若心経の註釈本をめぐって−盤珪と天桂−
普達王経一巻
蓬左文庫本「聖一仮名法語」の研究(1)本文篇
墨跡書風の源流(2)
西田哲学批判のゆくえ(2)−弁証法の諸問題と宗教−
「達摩以前のインドの伝統」研究序説
阿毘達磨順正理論における禅定の問題
維摩経研究の一面
刹那生滅説の体用論的構成−三世実有説の一側面−
北宗禅の思想
程伊川の思想に於ける禅的なもの
胡適の禅宗史研究
チベットの禅宗と「歴代法宝記」
朗遊教学におよぼした宗密の影響−「華厳香水源記」五教義をめぐって−
万寿寺をめぐる東山・大応門徒の抗争
禅宗教団と外護者(1)−大徳寺を素材にして−
大燈派下の正系をめぐって−徹翁派と関山派の確執−
仏教と朱子の周辺
朱子の思想における禅的なもの
栄西研究(2)
大徳寺「寺域」形成過程の研究−竜宝山大徳禅寺史の研究(1)−
角倉氏と竜安寺−伯蒲慧稜とその出自をめぐって−
禅的実存の現象
ランカー・アヴァターラ・スートラ 第2章(その1)
PELLIOT.TIB,N゚116文献にみえる諸禅師の研究
チベット訳「頓悟真宗要決」の研究
高山寺さん
「修心要論」とその著者に就いて
雪竇頌古の世界
定性書における禅的なもの
栄西の出家大綱をめぐって−栄西研究(3)−
鈴木正三の思想
「大徳寺末寺帳」について
アメリカの中の禅
禅宗史に於ける偽経−「法王経」について−
祖堂集人名索引
虎関師錬の儒道観
「倒痾集」の世界−織豊時代の五山文学管見−
鈴木正三とキリスト教
「楞伽師資記」の研究 蔵漢テキストの校訂および蔵文和訳(2)
仏教現代化より現代の仏教化へ
六祖?解轄l(1)−その問題点
如来蔵法門ということ
「達摩多羅」論
「百丈古規」について
不変儒形−中国禅宗史における?\居士の影−
虎関師錬の中国文学観
夢窓国師の浄土経批判
一休和尚とその弟子達 新資料・開祖下火録
鈴木正三の「因果物語」について
「八重葎」の異本について
西田哲学における「意識の野」について
第三回「北米・覚の宗教者とキリスト者との神学の出会い」−ジョン・カブ教授の論文に対する阿部正雄教授の応答を中心とする報告−
十一面法
自然の問題
徳山の示衆
中国仏教史における禅宗への推移
漢代訳経と口語−訳経による口語史・初探−
さまよえる「文選」−南北朝末期における文学の動向と「文選学」の成立−
唐代文人的習禪風氣
「大秦景教宣元至本経」残巻について
朱熹の墓−福建の旅から−
陽明学における狂禅について
神秀と華厳経
神会の肖像
乾屎?イ考
無仏の地平
異類について
禅の分類について−圭峰宗密の五種禅の見直し−
臨済禅を考えるヒント−伝大燈撰句集のあとがきにかえて−
臨済録札記
宋版「?\居士語録」について
福州東禅寺版「景徳伝灯録」について−東禅蔵・上醍醐寺蔵の調査報告を兼ねて−
脇は席に至らず−禅真教と禅をめぐって−
高麗武臣政権下の禅について(1)
「祖源通録撮要」の出現とその史料価値
長谷の大仏と観音
奈良時代の禅
伝大燈撰句集(芳春院蔵)
蔭凉軒真蕊西堂の南都見物
白隠慧鶴の「隻手音声」を「遠羅天釜」と「洞山五位頌」とに聞く
真実性の探究−「種の論理」と「場所の論理」をめぐって−
ポストモダンの思惟
西田幾多郎の経験−西田哲学の宗教的性格についての試論−
青年久松真一の危機と師西田幾多郎−心理学的考察−
白居易詩における老荘と仏教−その「長慶集」から「後集」以後への変化について−
舎利信仰と僧伝におけるその敍述−慧洪「禅林僧寶伝」敍述の理解のために−
黄龍慧南の臨済宗転向と?鈞K懐澄−附論「宗門?}英集」の位置とその資料的価値−
遺民僧晦山戒顕について
新羅円光「世俗五戒」の思想的背景
退耕行勇とその門流について
雲門との機縁

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る