将来の医学教育
未来の医学と医療
地域医療のシステム化
プライマリ・ケアの実践
プライマリ・ケアを中心とした地域医療計画
ヘルスマンパワーについて
妻の「癌告知のあとで」
乳癌手術の“輝く”いのち
脳卒中 三回のニア・デス
デス・カウンセリングの提唱
医学教育と宗教
仏教の立場から今日の医療に思う
釈尊の人間観と今日の医学
キリスト教的立場からの考察
現代医療と民俗宗教・新宗教
脳死−どこに、いかに問題はあるか
ある臨床医の脳死観
死を巡る
遺伝子治療の問題点
脳死と日本人の死生観
少数意見かく戦えり
少数意見かく戦えり
死の概念と臓器移植
死の概念と臓器移植
それでも脳死は死ではない
医学と生命
日本人の死生観
社会的立場から見た人間の生と死
ベッド急増
製薬企業
フィルム産業
医用機器産業
厚生行政の「硬直化」
医療と福祉−身体障害者福祉を中心に−
医療経済分析の視角−低医療費政策とは−
海外旅行に出かけるまえに
細菌性疾患
細菌性疾患
ウイルスによる病気
ウイルスによる病気
寄生虫病
性病
食欲の生理
食欲の心理
食欲の医学
食欲と調理
技術革新の医療への影響
医療における治療の意義と新しい治療の可能性
レーザーの医学的治療の現状
パイ中間子によるがんの放射線治療
これからの人工臓器
世界の人口動向
日本の人口動向
都市の人間生態系
遺伝子プール汚染の問題
日本の高齢者問題の特殊性
臨床医学の立場からみた高齢化社会
健康教育論の立場から
究理堂の医書
小石家系図
歴史の中に苦痛の代償をみる
人の痛み・動物の痛み −身体の中の出来ごとの違い−
患者のまどいと医師の苦痛
いわゆる鎮痛剤の効かない痛み−その患者の深層心理をのぞく−
人間学からみた痛み
運動器の痛み−リウマチとその周辺疾患への対策−
老人と痛み−情報量の低下した患者への対応−
癌と痛み −その患者の苦痛をどう和らげるか−
痛みと薬 1−中枢性鎮痛剤の歴史と開発への展望−
痛みと薬 2-抗炎症性鎮痛剤を中心とした和痛へのププログラム-
痛みを知る −あとがきに代えて−
心臓病は日本人の死因第三位
糖尿病患者が増えている
腎臓病と腎臓移植と人工透析
脳卒中は手術で治せる
動脈硬化対策は長生きへの挑戦
食堂ガンとその手術
ガンはここまで治せる
痛風患者予備軍がいっぱい
高血圧は成人病の代表
医療計画と保健経済学
国民医療費の分析
医療費と家計
技術料問題と医療危機
技術構造と医療費配分
これからの終末期医療
「死をどう生きたか」−忘れられない患者から学ぶ−
ターミナルケアにおけるチームアプローチ
ETHICAL ASPECTS IN TERMINAL CARE
真人 19〜30,43〜66(T2.1〜T5.12),
柳島セツルメントの成立過程
初めの頃
東京帝国大学セツルメントに就て
東大セツルメント医療部創設の頃
東京帝国大セツルメント医務室の過去及現在
帝大セツルメント医療部
社会医療研究会
座談会記事補足と特高月報より
東大セツルメント十二年史編纂前後
昭和五年頃

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る