神田孝平の数学観をめぐって
寛政期における麻田流天学家の活動をめぐって−「星学手簡」の紹介
洋学初期の外語辞書をめぐって−東関東現存書を中心に
近世の治水技術−水戸藩を中心に
和算の発達・普及と地方への滲透−常陸国と遊歴算家
那珂湊反射炉の建設と操業
水戸藩における硝石生産の発達と軍制改革
近世医学の展開−本間玄調を中心に
徳川斉昭の科学・技術知識−「諸物会要」の世界
近世実学の受容と展開−小野友五郎の場合
近世地理学の伝来と地方への展開−茨城県の場合
G.オーバーハンマー「啓示の場としての人」 上
平安文学と神仏信仰
ジャータカの生命観
光と物質
G.オーバーハンマー著「啓示の場としての人」 上下
数の系統
側面観幕末史
近世日本の洋風画における前期と後期−主題と画法
司馬江漢の洋風画と蘭書
司馬江漢著「独笑妄言」
小森桃塢伝研究
宇田川榕庵とラホイシール「舎密原本」
緒方洪庵をめぐる社交的側面
大垣藩医「江馬元益」
秋田蘭画から司馬江漢へ−江戸系洋風画の系譜
「職人ブック」、ルイケン、江漢
「ショメール」オランダ語版
「天地二球用法国名」考
「和魂洋才」的思惟構造の形成と国家意識−大槻玄沢を中心に
江戸時代における望遠鏡製作について-特に貝塚の岩橋善兵衛をめぐ↓
藤林普山伝研究
「新論」形勢篇にみられる世界地理意識
嘉永二年の種痘伝来と石州
緒方洪庵夫人八重の書状−名塩億川邸の解体にともなって見出された
幕末・明治期在村蘭方医の生き方−伊東玄朴門・参州住人武田元順の↓
徂徠学における医学−実験的医学との関連をめぐる問題
荻生徂徠と蘭学
司馬江漢と陶磁器
司馬江漢著「おらんだ俗話」
漂流民津太夫らの帰国と地図の伝来
在村蘭学研究序説−三河を例に
緒方郁蔵と独笑軒塾
江戸時代の西洋医学の受容−解剖学を中心にみて
十八世紀オランダにおける科学の大衆化と蘭学
高島流砲術伝播の研究−三河田原藩士村上定平を中心に
唐代官制における医術者の地位
中国の本草学と本草学者
西洋天文学の導入と徐光啓の役割
数学の確実性
統計学における問題点
数学化について
科学方法論としての統計学
観測の理論
素粒子論における基本的概念
宇宙論
知覚風景と科学的世界像
様相概念の存在化
観測と身体
「生命体」の問題
心理学におけるモデル構成の論理
生命と意識
生物についての科学と常識
心のモデルと存在
福岡藩における洋学の性格
大阪の洋学−その勃興期の様相
享和期における麻田流天学家の活動をめぐって-「星学手簡」の紹介
町人天文学者の思考態度−「間重富」の場合
易緯略義
辻蘭室伝研究−京都蘭学史上の先駆者
親試実験主義の展開
「和魂洋才」的思惟構造の萌芽−杉田玄白を中心に
現代科学の展望
科学と社会
歴史科学としての地球科学
反科学主義批判−その人間主義的・実践主義的形態について
戦後科学者運動史の評価をめぐって
科学史の構造について
近世科学文化の開花
東洋古代科学文化の伝来と展開
科学文化の空白と胎動
自生的科学文化=実存の興隆
蘭学勃興の諸前提
蘭学の勃興とその性質
蘭学の普及と発達
対外関係の危機と洋学
対外関係の危機と洋学
幕末の洋学
国営科学−明治維新〜帝国大学の成立
科学技術の分化と発展−帝国大学〜第一次大戦勃発
戦争への道−第一次〜第二次大戦
戦後の問題点
論証的学問の成立
科学史に何を求めるか
パターン・認識・制作−中国科学の思想的風土−
電子絵画
世界のメカナイゼーション
産業時代の科学−科学の制度化−
存在VS機能−古典的科学から現代科学へ−
激動する国際情勢

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る