葬式と仏事
ホトケという言葉について−日本仏教史の一側面
祖先の祭地−ことに山上の祭地について
高野山奥の院納骨の風習の成立過程
墳墓堂
武士の氏寺の研究
墓寺と寺墓−墓と寺との癒着
備後世羅・御調のドウサン
神棚と仏壇
持仏堂の発展と収縮
屋敷ボトケについて
詣りの仏の問題
郷里の念仏
祖先崇拝と葬送儀礼
盆の先祖祭とナマボトケの問題
民族慣行と食文化
盆に来る霊−台湾の中元節を手がかりとした比較民俗学的試論
鹿児島の盆の火
無縁仏について
〈法界〉霊とその祭碑
近江の流れ灌頂
墓の習俗について
奥又白池の夢
宮古島本島の移葬・洗骨・墓制
霊送り
葬式の概念
上代葬儀の精神
古代葬制のモガリについて
「殯」・(もがり)における民俗学的考察
玉殿考−殯宮研究の前提として
「殯」(モガリ)
御通夜について
「安楽死」をめぐる民俗
二人使のこと
生と死と食物
耳ふさぎ史料
ガンホドキ
香奠の今昔
不幸音信帳から見た村の生活−信州伊那郡朝日村を中心として
穴掘り
傭泣の習俗
位牌持
食器と食文化
野がえりの習俗よりみた庶民の死霊観−米をかむ習俗についての考察
骨掛けの習俗
わが国の骨掛葬法について−石川県金沢市北部及び河北郡津幡町を中心として−
石川県の骨掛け習俗の分布と意義
伊豆諸島に展開する死霊化の諸相とその司祭者
泣き別れと食別れ
死胎分離埋葬事件−妊婦葬送儀礼−
病人をムシロで囲い仏
子墓−その葬制に占める位置について
埋め墓以前
湯殿山系の即身仏(ミイラ)とその背景
墓の設え−死体埋葬地点の形状種々
青森県野辺地地方の葬制
神奈川県津久井地方の葬制
八丈島の葬制・墓制
徳之島の葬制
葬送の種類
葬制の問題に寄せて−考古学と民俗学との間
摂州三昧聖の研究−特に千日墓所三昧聖を中心として
日本に於ける火葬始源の問題
我国に於ける火葬の民間受容について
流葬を伴う両墓制について−紀伊日高川を中心に
井戸墓のこと
風葬に関する問題
死体遺棄の風習−両墓制成立の問題
南島古代の葬制
徳之島の岩屋葬
死人観
奄美大島の洗骨と風葬
琉球に於ける洗骨の風習−葬制資料として−
沖縄の洗骨儀礼
文芸様式と年中行事−民間芸能
四季の行事と古典文学
四季の行事と古典文学
四季の行事と古典文学
四季の行事と古典文学
四季の行事と古典文学
四季の行事と古典文学
風土と文学
信仰・習俗と年中行事
日本ミイラの研究
日本ミイラの研究
日本ミイラの研究
日本ミイラの研究
日本ミイラの研究
日本ミイラの研究
日本ミイラの研究
日本ミイラの研究
群馬県の葬送・墓制
栃木県の葬送・墓制
茨城県の葬送・墓制
千葉県の葬送・墓制
埼玉県の葬送・墓制
沖縄の食文化
東京都の葬送・墓制
神奈川県の葬送・墓制
人骨改葬を伴う愛知県渥美町(高木)旭町(浅谷)の両墓制

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る