親鸞における正信の意義-「正信偈」を中心として-
美的経験と宗教的経験-デューイの経験の哲学をめぐって
ルルドにおける奇蹟と治癒
親鸞聖人の護国観
熊野信仰の一面
袴谷憲昭著「唯識思想論考」
世相による宗教教育への再考
自由と自在について-宗教用語の変化と共通性-
ロゴス的思考と宗教-エゴイズムの源泉とその克服の試み-
戒律に対する禅僧の態度の変遷
宗教の根源的立場 1−清沢満之先生の「絶対他力」の場合−
インドにおけるカトリックと共産主義者との斗争
正信
宗教学からの生命倫理への問い
ジャータカとボサツ-特にバルフート彫刻における-
遠江国における民間陰陽師村院内の立地と成立背景
ティリッヒと神義論の問題
トマス・アクィナスにおけるSYNTERESISについて
新中国における宗教と政治
古代中国における神と人間
天理教原典(I・II)より見た心
明治期における一宗団組織について
日本人の宗教意識の本質
児童と宗教意識−仏教保育の影響を中心として
プラグマティズムと宗教−ジェイムズの所論
隆寛の菩提心
パスカルの「パンセ」の断章L449(B556)について
中国の仏教儀礼
土御門家秘儀と改元の神事
イグナチオの不偏心と禅の無の比較研究
アンセルムス「聖母マリアへの祈り」におけるディレクティオ
SALYAとSALLAについて
宗教における人格と法
WCC(世界教会協議会)の人種差別反対プログラムとブラジルにおける展開CEDIを中心に
真宗教団論
ベルクソンの宗教哲学にみえる二つの「全体性」
ルドルフ・オットーと竹田黙雷
癒しと救い
童?イの儀礼と世界観-シンガポール華人社会の事例から-
八木誠一における「統合論」の検討
<落差>を解く−豊前神楽を例として−
「大毘婆沙論」見蘊見納息遡及の外道と異部
天理教教会文書から見た明治期における実践活動
書き留められた帝の言葉-子弾庫楚帛書に見る天・神・人の関係
場所的論理と即非の論理
インターネット上の宗教情報に対する研究視角
宗教現象学における構造分析
境界に立つ宗教研究−公開シンポジウム「思想としての宗教」へのコメント−
S・キェルケゴールの著作活動の構成について
親鸞聖人の世界観-特に「教行信証」<化身土巻>を中心として-
意識構造と宗教現象-C.G.ユングの受容をめぐって
スリランカのアランニャ考
開国と信教の自由−中国・日本・韓国の比較を通じて−
聖徳太子御製維摩経義疏に於ける二、三の問題
竹沢尚一郎著「表象の植民地帝国−近代フランスと人文諸科学−」
イエス時代のメシア思想
感覚と宗教性-庭にみる共感覚(シナスタシア)-
宗教に於ける自力他力の人間学的考察
阿弥陀法 写本
宗教と科学
初期仏教史伝の宗教性について
ライフヒストリーと宗教研究 討議記録(要約)
宗教学方法論における最近の問題
陰陽道系説話の南島における展開
遍路者接待における宗教性の位相−フォークタームの比較より−
黒住宗忠における天命
社会構造と宗教−パースンズおよびマートンをめぐって
宗教的現実
盲僧教団の宗教儀礼
臨済義玄とその思想
「知」の意味に関して
宗教系幼稚園・保育所と青少年の宗教意識−調査方法とその問題点
義雲の宗教における宏智の影響について
元暁の勝鬘経解釈について
久高島の神話と儀礼
社会変動と聖母のメッセージ
フッサールにおける反省の問題
岩下壮一における救癩思想の形成−カトリック社会観と人間観−
飲酒戒考
SRIGUHYASAMAJAPANJIKAについての一考察
ハッタライトの永続性に関する一考察
宗教と文化−日本のキリスト教徒と日本人一般との意識調査の結果
キルケゴールにおける二つのキリスト教
真宗と<エキュメニズム>
メルロ・ポンティにおける身体とことば
宗教現象学の可能性
現代における<癒し>について
アマラプラ派の宗門法規−UDARATA AMARAPURA派のカーストに関連して
「キリスト教とヨーロッパ」と宗教対話
テラモトシントの村落と家族
レオン・ド・ロニの神話研究
楞伽経に見られる「自覚聖智」について
天理教教会文書から見た明治期における実践活動
存在の上昇−「法華験記」にみる法華経力の一断面−
韓日の代理出産にみる家族道徳と生命倫理−代理母像の日韓比較−
善導教学における「就行立信釈」の位置
内在と超越−ヤスパースにおける超越者
哲学者の親鸞解釈について
ユング心理学における宗教概念
医療における宗教的治療戦略

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る