近代における宗教伝統の変容−真宗大谷派の宗務機構の近代化
南都浄土教と諸行本願義について
ニーチェとハイデッガー
ヤスパースにおける「交わり」概念
ヤスパースの非神話化批判をめぐって
リクールの「詩学」をめぐって
覚と他者
死者祭祀・供養の都市化・近代化における集団性と個人性
神秘体験と聖者−ラーマクリシュナをめぐって
今日の地域における共同性−在宅ホスピスの支えとして−
宗門系大学と宗教学
熊野信仰と神仏関係
新屋重彦他編著「癒しと和解」
岡部祐三著「ヤコブ・ベーメと神智学の展開」
「還相回向」の諸理解について
ポール・リクールの哲学と宗教
明治後期日本の宗教に関する一考察
日本国憲法下での政教分離訴訟の意義
随念から三昧へ
新谷尚紀編「講座 人間と環境 9 死後の環境-他界への準備と墓-」
羽黒修験の入峰修行に於ける鎮魂作法に就いて
マウリヤ王朝時代における仏教の社会的基盤
究極的実在の問題
新宗教信仰者の利他主義がもつ構造とその発達要因−イギリスの新宗教を事例に−
天台の教義と実践
ユングの宗教心理学について
「老君音誦誡経」について
ショルツ宗教哲学の基礎概念
ペナン島における道教信仰の現況
日本のポストコロニアル宗教研究について
オウム真理教事件と宗教学の矛盾
パウル・ティリッヒの宗教論
十王思想成立における二、三の問題
日本における文昌帝君信仰とその天神思想への関連
親鸞における聖なるもの
仏教初期の伝道
十八世紀のイスラム思想
神道的発想
ヤスパースのZWISCHENSEINについて
日蓮の教説における個の病と時代の病
教義解釈の一視点−その主体性と客観性
道元禅師における発心識体説について
仏教倫理学の問題
聖俗論に関する一考察
仏弟子アーナンダの呼称について
近代における村落祭祀の変化−三重県度会町の宗教調査より
「往生要集」への千観の影響
大疏第三重考覈鈔第一 写本
「起信論」と「十地経論」
智??説金剛経疏に関する中国の伝承
カントに於ける超越論的哲学と形而上学
ミトラスの密儀と地母神崇拝
宗教教育とデス・エデュケーションにみられる人格形成の研究
霊芝元照の浄土教と天台浄土教
初期ハイデッガーにおける「事実性」の概念
「念仏の形而上学」(青木敬麿)と「教行信証の哲学」(竹内義範)
スピノザの延長属性について
チャンドラキールティにおける中観思想と実践理論
信仰における直観と言語
死者に対する慰撫と顕彰−葬送儀礼と表象のあり方を通して−
「ギーター」解釈の歴史とヒンドゥー思想の変遷
死者に会い、死者を送る−岩手県宮古の葬送儀礼−
大倭神社注進状成立の疑点
沖縄の竈神信仰
宗教的経験と感情−アウグスティヌス「告白」第九巻を中心に−
現代における厄年意識の高まりと厄年観の変容
高橋弘著「素顔のモルモン教」
落合仁司著「数理神学を学ぶ人のために」
親鸞における方便の意義
フランス理神論前史の一考察-メルセンス時代の様相
五種梵音集 2巻
大都市における先祖祭祀と社会移動の関連
ハイブリッドとしての国民文化−英国における戦没記念碑−
「維摩経玄疏」体玄義の謦喩依用に関する一考察
大乗百法明門論の撰述者及び撰述に関する決択
天平の世界観-日本書紀の成立と大仏開眼の問題を中心に-
新田均著「近代政教関係の基礎的研究」
ゲルマン初期王権の神話的基礎
エチオピア正教会のシンボリズムと宗教間対話論
天理教伝道の一考察−山口県阿武郡見島村の調査−
心意識説の原意及びその発達
ヤスパースとキリスト教
王充の道術批判について
ストラスプールとジャン・カルヴァン
キリスト教葬儀の変遷-葬式書・祈祷書・式文を手がかりに-
植民地主義と宗教研究−19世紀後半フランスの事例から−
アウグスティヌスの聖書解釈
バルト・ブルンネルのイマゴ・ディ論争の行方
カントの聖書引用について
キルケゴールのキリスト教弁証論
北周の通道観について
日本における教団組織の比較研究試論
接特講における大師信仰の実態
ホワイトヘッドの宗教哲学
近世仏教における近松作品の意義−「世話物」を中心に
「定起請」と「起請八箇条」とについて
「善の研究」における「統一」の概念について
ジャン・ジャック・ルソーのコミュニオン
アティーシャに帰される二つの「大乗道成就摂集」について
日本仏教の学際的研究

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る