「無限」の観念と否定神学−クザーヌスの所論をめぐって−
日本人ムスリムと改宗
初期不二一元論学派の付託観
「仏説 阿弥陀経」の阿弥陀仏-浄土教神話試釈-
宗教哲学という立場−西田哲学を手がかりに
生長の家における癒しの動態
<道>の神話−「荘子」における神話的表象について
「公/私」区分と世俗化
大願業力の意味するもの−三祖教義において−
仏教々理史上より見たる五姓各別論
宗教的行動及び心意
安酸敏真著「歴史と探求−レッシング・トレルチ・ニーパー−」
縁起のラチオ・エッセンディ
理性的宗教における「自愛」について
信仰の伝達エズラ的人間の意義
純粋経験の存在論
人間形成と宗教-宗教思想の研究のための一視点-
英国十六世紀エリザベス朝におけるピウリタン論争の性格
マルコの終末観
ヘレニズム奇跡物語の様式と動機−エピダウロス碑文を中心に
ハイデッガーにおける神
福岡県みやこ町勝山松田出土の経筒
青少年期の価値意識について
日蓮聖人画像の作者大蔵について
龍樹の二諦説
質直心と勇猛心
白山修験道の衰退と鎌倉仏教の興隆−白山美濃馬場を中心に
ヘーゲルにおける宗教の問題−「初期神学論文集」を中心に
シュライエルマッハーの大学生活と信仰
「自然」について
慈恩基の如来蔵観と<自性>
沖縄におけるユタの位置−門中組織との関わりにおいて
空定と波羅密
MAHABODHIVANSAに見られる比喩表現
ダルマキールティにおける疑似論証因論の展開
ヘルダーリンの後期詩に見られる宗教的世界
聖書の罪精神とキリストの本質
日本の宗教研究と宗教哲学
民衆宗教におけるコスモゴニーについて
ル・フォールにおける「時」
イスラム教資料よりみたインド仏教の衰亡-西インドを中心にして
「宗教間対話・協力」研究の諸問題
前期ハイデガー思想における「根拠」への問
「首無地蔵」信仰の展開構造
「存在」について−ティリッヒ「組織神学」
バタック宗教のパンテオン−バタック人が崇拝するもの
マルセル・ゴーシェの宗教論−ライシテのロジックの歴史的変遷−
宗教教育の方法思索
教育現場における<宗教>−三重県内学校の事例より−
「般若心経」テキストの諸問題
西田幾多郎の「純粋経験」における「統一」の問題
アメリカにおける禅理解
梁朝初期の天師道における受法のカリキュラムについて
法然における善と悪
本覚概念のコペルニクス的転回
佐々木宏幹著「<ほとけ>と力−日本仏教文化の実像−」
首狩について
無上瑜伽密教の実践体系に関する一考察
フロイトとユングにおける社会的なもの−禁欲から欲望のケアへ−
伝承と歴史
パスカルのRAISONに関する考察
大学生の宗教意識について
曹洞宗における青少年教化の一方向−緑蔭禅の集い運動について
臨済禅の認識論的特色
宗教の語をめぐって
黙示文学の思想と福音書の成立
修験の儀軌と密教
止観と科学
ヘーゲルとキルケゴール
茶松文稿 2巻
シュライエルマッハー解釈学と聖書解釈
竺法護と薩曇分陀利経
大乗荘厳経論の大谷探検本A本B本の筆写年代とその原本について
JAINAの「業・煩悩」観について
臨終者の義務
ハイデッガーの「時」について
新宗教における「教え」の成立過程
「神道研究」の百年−神道研究の二つのタイプ−
エリアーデ宗教理論に関する一考察
ゾロアスター教徒パーシーの家族の構造と聖なる火
逆対応の論理について
ショーペンハウアーと宗教
ハイデッガーとウィトゲンシュタイン
ティリッヒにおける存在論と象徴
生命倫理の形成と宗教の役割
教典研究における台湾製OCRソフトの可能性
公開空間への私事の「現れ」−「傷病者の塗油の秘跡」改革−
教育基本法における「特定の宗教のための宗教教育」について
『法華経』における「終末論的実存の弁証法」とその神話論的根拠
後期西田哲学の生命論とJ.S.ホールデンの立場
フランス議会での反セクト報告をめぐる考察
キリシタン改宗の動機をめぐって−霊魂論への関心−
星野元豊の浄土解釈の特徴−星野師を偲んで−
宋版蔵経の研究-動機と目的-
無明の根本性格
磯前順一・深沢英隆編「近代日本における知識人と宗教−姉崎正治の軌跡−」
R・ニーバーに於ける宗教の機能
ワッハの宗教社会学の前提とその課題
ワッハにおけるULTIMATE REALITYについて
「中央公論」にみるわが国近代以降の死の扱い

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る