神道護摩について
古代イスラエル人における生死観
常民と妙好人
カントの宗教論について 1,
明治仏教の新形態
カントにおける幸福について

チャンニングのキリスト論をめぐって
ソクラテスの宗教性の「新しさ」について
道元と自然
法然上人略絵伝の成立と流伝−山城灰方郷心光院旧蔵を中心として
「往生要集」における「頑魯」の問題
道元における信の二相
東方正教会の死者の儀礼
宗教における「自由」の問題
「日本の宗教的伝統についての宗教学的研究」に寄せて
種族的対立と宗教の「機能」
道統の意識と宗教制度の変化−伊那・岡山の禊教
沙門道元における「法」のとらえ方
マックス・シェーラーの現象学的方法−宗教理解の一視座
キリスト教と禅
ロゴスとカラーム−聖典の言葉に関する一考察
近代日本のユートピア思想−井上円了「星界想遊記」を読む−
中世における日蓮遺文の写本化について−大石寺所蔵日興筆写本の検討−
越境するスピリチュアリティ−諸領域におけるその理解の開けへ向けて−
メディア・リテラシーと宗教をめぐる一考察
戦地巡礼と記憶の再構成
都市寺院と宗教浮動人口
エルンスト・トレルチにおける神秘主義の問題
将軍の居館としての城
心理学主義とカルト−或る心理系学術団体内<異端審問>の構造−
元照の浄土教帰入
宗教哲学の課題-日本宗教学会と龍谷大学-
共感について
現代における神社の「新嘗祭」
救済内面主義と政教分離
法然門弟における化土・辺地説について
楞伽禅
神・宇宙・人間
宗教的観念の特異性
神田より子著「神子と修験の宗教民俗学的研究」
イスラエル宗教史における「すぎこし祭」について
不安の根底と処理
隠岐における講集団の展開
如何なる宗教学が何の役に立てるか
廃仏毀釈における人的対応の諸形相
女性キリスト教徒の性とスピリチュアリティ−日本とインドの信徒の比較考察から−
H.COXの「世俗都市」について
日蓮教団の現状と問題点−岡山県の場合
二つの生死観
古代エジプトのミン神崇拝について
韓国安東地区における祖先祭祀の形式
三十一代同念上人の九州遊行について
仏説内身観章句経一巻
ニーチェにおけるニヒリズム
キリスト教教派についての一考察
朝鮮近代心宗教の分類法に関する一試論
観音信仰議論
貞慶の浄土観とその信仰−法然浄土教批判の一考察
正法眼蔵聴書における尽十万界
十字架とマリア−カトリックにおける母性
グローバル化と宗教の無国籍化
戦後日本の宗教学−日本の宗教研究の百年に寄せて−
宗教学類型論とイデアルティプス
日本の宗教学における二つの潮流
ミラレパとボン教
カッシーラーの宗教思想-神話的意識から宗教的意識への移行について
後期西田哲学に於ける歴史的身体論と経験科学の立場について
シーア派資料における諸宗教の対論
マハーヴァストゥのブッダ観再考
凝然と禅宗
癒しの四次元−「心理性・身体性・社会性」と霊性−
「阿毘曇心論」業品における無教の成就−調御威儀戒を中心に
戦争死者をめぐる無縁空間と権力空間
新興宗教の救済観
ジャン・ド・レリーの他者経験とその表象
金碧まばゆい将軍上洛の館
国家と慰霊
法然における懺悔の一考察
蓮如上人と本願寺教団
レヴィナスにおける主観性と存在
東北地方のキリスト教会にみる教派を超えた活動の展開
政教分離論の動向−比較社会・法の観点から−
「法華教」伝播の一考察−経典書写の観点から−
教禅一致説に対する疑問
基督教に於ける神学的欠陥と其改訂
受菩薩戒儀の系譜
国府田武著「ベギン運動とブラバンドの霊性」
続・入信の条件について-特に年齢と入信との関連について-
如来等同思想の形成について-坂東本「教行信証」信巻の成立問題-
青森県大間町の天妃信仰
ペッタツォーニ宗教学の射程
心理学と信仰-心理学者と宗教心-
宗教的否定性としての「苦」の意義-特にキルケゴールの場合
フィリピンにおけるカトリック教会の対話の実践
宗教と教育との相関関係について
明治知識人の思想と宗教
人と地−「バルナバの手紙」6・9の宗教史的背景をめぐる考察
大谷光瑞師と近代仏教学
四国「弥谷」信仰について

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る