教祖誕生−解脱会の場合
古代中国の宗教体験における「神明」の意識について
親鸞における自然法爾の思想
證空浄土教における救済の論理
聖書の贖罪精神とキリストの本質−新英語訳聖書の翻訳を中心として
宗教と無意識−澁澤龍彦の夢幻界
宗教学研究者の社会的発言
集合的意識と集合的無意識の関係
近代化と伝統的世界観−円通の須弥山説擁護論をめぐって
ホワイトヘッドにおける「生命と神」
18世紀ハーバート解釈の一考察
C.シュベンクフェルトにおける黙示録的諸観念
戸隠・妙高・小菅山の柱松における神仏関係
「論註」における広略相入の思想的背景と意義
沖縄死者慣行における伝統の「本土化」と「沖縄化」
葬送における遺品処理−禅宗清規における唱衣法について−
社会的解脱と今後の宗教
D・ボンヘッファーの人間学−「創造と堕落」を中心に−
ハワイ日系宗教の日系人信者に見られるアイデンティティの変遷
「板東曲」伝説の一考察
スピリチュアルケアへの宗教の貢献−宗教の復権に向けて−
宗教的真理と集合表象
古代メソポタミアにおける儀礼文書-儀礼文書に登場する模像の検討-
キルケゴールにおける様相概念について
兵庫・一乗寺法道仙人像の研究
日本の宗教研究における儀礼理解
湛然の法相批判をめぐって
禊祓内質の時代的変化と大祓詞
未開人の不滅観
客神の一研究-隠岐国客の社を中心として-
戦後アメリカにおける宗教史と宗教学の一側面
宗教的カウンセリングにおける神学と心理学との交点-S・ヒルトナーの場合-
宗教学における主体性と客観性-上原専禄の日蓮認識方法から-
「ベネディクトウスの戒律」の意義−隠遁生活から修行生活への展開をめぐって−
キルケゴール「後書」における「テロス」の概念
大学生たちが体験したキリスト教−社会調査実習を中心に−
コーラン張り合い章信仰ただひと筋章の注釈
シャーマニズムについての一考察
都市化と宗教行事−都下府中市における実態
老荘思想の宗教的性格
四国遍路における接待の意味−有田接待講の場合
沖縄本島南部地域における門中共同墓の年忌祭
日向県藩におけるおびとき仏法の摘発−幕藩制成立期の寺請
エッカルツハウゼンと魔術(マギア)
ヒュームの自然宗教について
有部における入滅の釈尊と常住の仏身
古代ギリシャの宗教に関する一考察−死者信仰に於ける霊魂の問題
ヒンドゥー教における放棄者の象徴性−デュモンの主題をめぐって−
吉蔵にみられる無念の思想
聖俗転換の問題
一遍の機と法
妙好人才市の歌「口合い」の源流
新訳聖書研究と知識社会学
勝鬘経
仏教とナショナリズム−聖俗二分法の再検討
琉球における中国的宗教文化
「父殺し」としての宗教学
マックス・ウェーバーの原始仏教論
江戸幕府成立期の寺社行政について−円光寺元佶を中心として
キルケゴールにおける「宗教」と「倫理」
19世紀末のロシアにおけるユダヤ社会の変動とユダヤ教
国民概念における「女性」−あるエジプト人作家の目を通して
バーゼル・ミッションにおける教会闘争の問題
パンニャーサジャータカ研究の課題
姚興の通三世論をめぐって
仏教信仰教化儀礼の沖縄的受容−「五重相伝会」受者の意識変化−
客観的存在からの解放−エックハルトにおける存在の動性−
一八九三年シカゴ万博における諸宗教の共存と自由主義化
浄土思想と現代
いわゆる「死霊結婚」概念の再考−東北地方の事例を手懸りに−
親密圏とスピリチュアリティ
キリスト教と仏教の霊性の実践・比較研究-東欧とタイ-
ホワイトヘッドにおける自由の概念をめぐって
但馬国大屋郷の修験山伏と熊野信仰
宗教的多次元主義の構図とその批判
天台「観経疏」に見られる須摩提説話について
坐の宗教性について
デカルトの神について
日本神話の研究-新嘗とホノニニギの降下-
ゲーテの宗教思想
宗教批判の基準
イギリス宗教の分析視角をめぐって
カントの「宗教論」における信仰の概念
仏教とキリスト教との出合い−根源的いのちの経験から−
親祭の政治宗教的意義−日本書紀を中心として
袈裟史における道宣の地位−六物を中心に
沖縄における<供養>と<供物>
懐感の本願感
T.ホッブスにおける国家と教会 1,2,
ヘルダーリンの「平和の祝祭」を巡って
ヒュームにおける道徳と宗教
インド仏教の衰亡に関する一考察
迦才「浄土論」における誹謗大乗について
親鸞と般若思想
夢と夢定
妙好人善太郎について
ヨハネ黙示録における手紙の問題−プロローグからエピローグへ
元型論における一神教的モデルと多神教的モデル
宗教における個体性と普遍性
近世の随筆に見られる流行神

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る