ミルチャ・エリアーデにおける聖の解釈学
機械の中の幽霊
墓と樹木−トムライアゲの民俗を例として−
ダイモン崇拝の降盛と衰退と変容
中国皇帝喪礼の変遷−北朝喪礼の特質−
自然的啓示の認識について-バルトとブルンナの対比-
唯識説における維摩−説無垢称経疏について−
宗教における近代性と現代性
新約聖書における「使徒」の職について-エルサレムの使徒会議をめぐり-
古代アレクサンドリアの文化多元主義的状況とオリゲネス神学
韓国天主教の落胎(中絶)児達-プロ・ライフとマリア信仰-
初期グノーシス主義の一形態
修験道夏峰入りについて
自然法爾的現実
キェルケゴール思想形成の背景としてのバーダー
明治宗教史の一側面
呪術と法悦−マックス・ウェーバーのインド宗教論
如来微密之蔵
宗教における非連続と連続
「修験恵印総漫拏?丱の世界
世界最古を誇る木造の塔
トーランドの「奇跡」をめぐる自由解釈の問題
中国古代における魂招きと方位
ルターにおける信仰、愛、自然法について
アウグスティヌスにおける神の予知と自由意志
神代文学と「六合雑誌」
母系宗教の理念について
伝教大師がとらえた仏教の機能
蓮如における否定と無常について
親鸞の聞信不具足観
オリゲネス「原理論」における聖書解釈学の原理としての<霊>と<探求>
宗教における言葉の問題
ソクラテスの死の訓練について
自己実現における言語表現と修行−女性の宗教的自伝の一考察
呪符木簡にみる日本の道教
近世自然神学の一考察-ハーバート卿の問題をめぐって
キルケゴールの宗教・倫理思想における公開性の問題
<原初の契約>について−ラーズィーの注釈より
教典とファンダメンタリズム
再び「金光明経疏」の選者を論ず
禅林寺所蔵「釈浄土郡疑論」元徳版について
死の不安に対する宗教者のアプローチ−スピリチュアルケアと宗教的ケアの事例−
「十地経」における「三十九菩薩」について
思想としての日本仏教−かたちを変えた悟りの世界
宗教と利他主義−現代社会の新たな動きの分析−
韓国の生殖技術と再生医療−凍結受精卵幹細胞にみる生命の諸相−
私事化論再考−個人主義モデルから文脈依存モデルへ−
密教の身心関係について
宋代天台儀軌における大弁・功徳二天の位置づけ
キリスト教系女性シェルターと社会貢献−インドネシアを例に−
新宗教における病の意味変容−世界救世教を事例として−
望月哲也著「社会理論としての宗教社会学」
「自然宗教」論の効用と問題点をめぐって
星川啓慈著「宗教と<他>なるもの−言語とリアリティをめぐる考察−」
「ポスト・エリアーデ」時代の宗教研究−神話理論を事例に−
<変質した科学>の時代の宗教
<墓地の無縁化>への対応−掃苔道・霊園行政・柳田民俗学−
脱会者の研究について
空海における自受法楽の意味について
証悟測定の方法と其の儀式
太子維摩疏の思想的特色について
宗教の価値について
天台における縁起論の一問題
未知なるものに発見あり
タラウーと東方教会の人間神化(テオーシス)思想
ベルグソンの道徳・宗教思想について
山岳における宗教的伝統の形成−御嶽山
キエルケゴールの第三者概念
木下尚江における二つの回心
アショーカ王詔勅刻文における仏教的要素
救済の成立
エマソンの神観をめぐっての一考察
柴灯護摩
ティリッヒにおける宣教論−その神学的基礎づけについて
明治初期神戸のプロテスタント伝道
フランス公立小学校における道徳教育の宗教学的研究 1870−1914
沖縄・奄美の石敢当続考
道二心学をめぐって
教行信証における正信偈について
長西の群疑論引用について
「教行信証」化身土巻における人間存在の問題
宗教における闇の理解−フレデギススの聖書解釈
宗教対話の意味と世界平和について
フランス・スピリチュアリズムの発生
韓国における葬墓制について
「影」と「返照」−十字架のヨハネ「愛の生ける炎」における「神秘的合一」のイメージ−
キルケゴール「愛の業」をめぐって
天平のいぶきを伝える大伽藍
聖書の贖罪精神と共生−新英語訳聖書の翻訳を中心として
秘蹟的現実−そのカトリック的理解
在宅における終末期高齢者が表出した死生観とその宗教学的考察−訪問看護師への聞き取り調査を通して−
還相の研究
宗教研究の理解的方法をめぐって−沈善瑛氏のコメントに寄せて−
宗教の享楽とは何か−ラカンによる「享楽の類型学」から−
胎蔵マンダラ釈迦院の思想
祈りと記憶−トバ・バタック移民におけるキリスト教と慣習法−
宗教−メディア史考− 大本教とラジオ・テレビ・インターネット
久松英二著「祈りの心身技法−十四世紀ビザンツのアトス静寂主義−」
神話論からロゴロジーへ-ケネス・パークの方法-
死海写本におけるマスキール

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る