長い時と短い時−死を受けとめる情緒の多様について−
「サンスクリット化」概念の妥当性−南インドのテイヤム儀礼の事例から−
孝経緯の宇宙観
新宗教教団における体験談の諸相−世界救世教を事例として−
「観心本尊抄」の一研究−流通分を中心として−
日本の夢信仰−記紀風土記の夢
井上順孝責任編集・宗教情報リサーチセンター編「情報時代のオウム真理教」
ワッハのオットー理解
埼玉県一地区における伝統的行事(正月・盆)の変遷をめぐって
キルケゴールと基礎づけ主義
神道と藤樹学
梁賢恵著「尹致昊と金教臣 その親日と抗日の論理-近代朝鮮における民族的アイデンティティとキリスト教-」
日蓮教学に於ける佐前佐後の新研究
神象徴類型化へのアプローチ
仏教比丘の禁律と浄法
カントの宗教論におけるGEFUHLの問題
真理の領域−ハイデッガーとゲーテの思索に於ける−
青年期における道徳意識と宗教意識
新宗教集団による暴力への抗議の論理-天地正教とコミュニティ-
カントとブッダの類似と異質−比較哲学の一試論
埼玉県下における山岳信仰について
ギリシア悲劇の宗教性について−ニーチェのギリシア悲劇観に関する一考察
ガザーリーの神秘思想−TAWHIDを中心として
六朝仏教における捨身について
焼身
PRATISAMVIDについて
ビルマの正統上座部の条件−パラッカマ系統に基づいて
殯の身心観
虐げられた者の論理と聖書の贖罪精神−韓国人被爆者を中心として
聖書の贖罪精神と宗教融合の接点にみられる問題点
平井金三の宗教思想
ハイデッガーにおける転回
山崎弁栄と光明会
日蓮聖人の「阿闍世」解釈について
「歎異抄」第十六条について
ティリッヒの神学的循環と相関論
マイスター・エックハルトにおける「根底」について
香要抄 1巻
聖書における「拝む」の種々相
ヘーゲルとジュリエット−愛の矛盾
近世神道思想史研究「吉田神道と神道講釈」
「パルチヴァール」とケルト神話との関係
アベラール「我が生涯の悲惨」に見られる歴史意識
神話と言葉
マクマスター大学成立時のカナダ・バプチスト教会の政教関係観
新しい「文学批判」とヨハネ福音書研究
僧肇における般若無知の構造
信仰の論理と擬態のメカニズム
深澤英隆著「啓蒙と霊性−近代宗教言説の生成と変容−」
井上順孝・月本昭男・星野英紀編「宗教学を学ぶ」
マルティン・ブーバーの道(タオ)解釈
戦後進歩的知識人の「新興宗教」観
ヴェーバーの”占有”理論とマツリの共有感や集団類型
マタイ福音書21章43節について
日本宗教における「自然」概念の再検討
変貌する新宗教教団と地域社会−天地正教を事例として
新井一寛・岩谷彩子・葛西賢太編「映像にやどる宗教、宗教をうつす映像」
宗教社会学研究の対象について−1900〜1940−
現代沖縄におけるユタの祈願とその射程
願心道場旨趣
ティリッヒの生の次元論における一問題−統一概念の周辺−
親鸞の真俗二諦観−「末法灯明記」を中心として−
朝鮮仏教史の特色-特に其の朝代的表現-
琉球に於ける神々の誕生
土佐昌樹著「インターネットと宗教-カルト・原理主義・サイバー宗教の現在-」
仏教に説く補特伽羅の意義に就いて
祈祷寺から回向寺へ
天理教の因縁観
立正安国論と蒙古来
ヤスパースと<預言者的哲学>
呪いとしての喫煙
平家物語の仏教史的解釈
信と証の関係について
「正法眼蔵」の世界 1
ウェストミンスター聖職会議における独立派の主張
逆説弁証法としての頓語
「次第禅門」所出の「北国諸禅師」の「通明観」
ことむけ・やはす考
パスカルの「恩寵文書」に於ける信仰と論理
M.ルターにおける罪と信仰の関係
昭和前期における大日本回教協会の活動について
イニシエーションと体験
「歎異抄」第十五条と親鸞の根源的思想
「唯心」と“SOLA FIDE”
日蓮聖人真蹟遺文の断簡化について
静遍僧都における弥陀浄土思想の特色 1,
ホワイトヘッドに於ける有限と無限
ハイデガーにおける「故郷(HEIMAT)」の問題
ヘーゲルとヤコービ(ピエティズムと彼ら)
相補的宗教多元主義
吉田神道における仏教的要素について
エックハルトの有の理解
信仰と理性−カトリシズムにおける近代主義をめぐって
死者の「魂の眠り」とドイツ宗教改革
カトリック教会の教書にみる「開発」の問題
E.V.GUENTHERの仏教観−チベット顕教について
ランジャナ・ムコパディヤーヤ著「日本の社会参加仏教−法音寺と立正校成会の社会活動と社会理論−」
成実論師の思想について
死と他界について−人間の存在構造を問う視点より−
J.W.ハイジック編「日本哲学の国際性−海外における受容と展望−」

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る