ハイディガーと「生成する神」
人間存在の構造に於ける宗教の根拠 1,2,
日蓮学に於ける方法論の再検討
仏教と異宗教との出遇い
青森県に於ける「ミコ」の業態
近代資本主義成立期における新教運動の経済的意義について
原始キリスト教とノスチシズム
宗教心理学における自我の問題
宗教的世界観における歴史的意識について
神話における我と汝の問題
議論の要約
司命思想のシンクレティズム傾向と日本的受容−奪算神としての太山府君の福神的性格への移行を中心として
信の確実性について
雑阿含経の経の数について
クザーヌスにおける思惟の構造と特質−特に「数学的なもの」の意味をめぐって−
妙好人の研究−浅原才市における宗教的実践
永明延寿の禅浄観
パウロと蓮如
「慧忠語」内の「古壇経」の存在に関する一考察
八菅修験の歴史
福音書伝承の形成と象徴的行為
法華経における信の構造
失楽園伝承と王権批判
「親鸞」一人について-キルケゴールの「単独者」を顧慮しつつ
SIVASVARODAYAの西漸
日本における比較宗教の伝統
小ソクラテス学派にみるソクラテスの宗教性とその受容
「生天光手記」における空間認識の問題をめぐって
西田哲学における弁証法の意義
明治維新期における仏教教団の自己改革について
ライプニッツにおける理性と信仰
救難聖者クリストフォルスの特質
ハイデッガーにおける「最後の神」について
エリアーデ宗教史の構図
永遠なる福音と自由恋愛(2)-ランターズ運動の女預言者たち
新英語訳聖書の翻訳に見られる受肉のイエス像
歴代誌における応報思想
ミシェル・ド・セルトーの「神秘主義」理解
初期ヴァイシェーシカ学派におけるアートマンの存在論証
『清浄道論』における「智慧の修習」の成立−ブッダゴーサの編集作業と「智慧の修習」の構造−
時衆御影堂派本山新善光寺史の一考察−新出史料紹介も兼ねて
プラグマティズムと宗教倫理
現代中国の仏教復興−上海市の寺院調査報告−
「民間信仰」の構想−堀一郎における−
「立正安国論」の精神を現代社会に発信するための一試論
民俗的宗教性の次元・序説
創られた伝統としての「須弥界」−近代的世界記述と「仏教」−
臨床現場から考える宗教者の患者救済活動について
教法の発展
ハイディガーとヘルダー
超自然と聖
シャーマニズムの文化圏の問題
カントに於ける神へのかかわり方
印度大乗仏教民間信仰史上に於ける密教の重要性
ベルジャエフにおける「ソボルノスト」の理念について
田辺元「死の哲学」における死の理解について
折伏−その現代的問題
ヒンズー社会における「POLLUTIONコンセプト」について
三昧発得について
J.ロックにおける聖書解釈上の弁明
真実証と還相廻向
八菅修験の一組織
クリストフォルス崇拝と伝説の諸形態
十地経の基層
UDANAVARGAの梵文注訳書
高楠順次郎『生の実現としての仏教』にみられる「人格」の検討
日本宗教学の軌跡
初期アカデメイアにおける神学の問題
古代ギリシアにおける「定めと正しさ」 1,
井上円了の勅語桁義書をめぐって
鳥尾得庵の仏教思想と明道協会
ライプニッツにおける「記憶」について
有・思索・間−ハイデッガー「哲学への寄与」を巡って
舎利信仰のひろがり
寺院教化活動にみる宗門檀信徒の貴族意識
歴史叙述の問題−キリスト教史との関連で
ヨハネ福音書のマクロな文学批判とミクロな文学批判
<宗教>の概念をめぐって−シュライエルマッハーとバルト
善導の如来蔵思想批判について−涅槃経と善導
柳宗悦の宗教思想−「南無阿弥陀仏」における信と美の問題−
道元における「嗣法」と現代教育の問題点
宗教はロマンスか−ジェイムズ宗教論の可能性−
八月十五日と日本宗教−お盆と戦争の軋轢の彼方へ−
日蓮の宗教における動態と静態
ネパールの仏教寺院ブンガ・バハの宗教的空間にみられる表象
聖伝の歴史的制約性と聖伝における<歴史>の創造
教化と受容−仏教者の介在をめぐって−
宗教哲学の可能性−ハイディガーとエックハルト−
親鸞の宗教的倫理観−反儒教倫理の態度−
世親の五念門について
論注に於ける阿弥陀仏論
仏者の神祇観
クザーヌスにおける神秘体験と「反対の一致」
西谷啓治「空と即」における「一即零、零即多」について
香要記 1巻
日本の宗教哲学の可能性-「京都学派」をめぐって-
貴族社会と仏教−平安時代初期における
ハイデガーの神解釈の視点
アモス、ホセアにおける聖所批判
神の存在の存在論的証明をめぐって−アンセルムス「プロスロギオン」第二章注釈の試み−

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る