かくれキリシタンについての一考察
霊??「観経疏」の思想構造いて
善導大師の瑞夢について
鳩摩羅什の訳経
日本とインドに伝えられた「施設足論」の原典について
現生不退
霊験譚の展開−生人形と浄瑠璃の「観音霊験記」について−
R.N.ベラーの日本理解における宗教と社会
宗教的レトリックの一局面−語呂合わせの修辞学
仏像の身体と人間の身体
「本教外篇」と「畸人十篇」の比較研究−篤胤とキリスト教
歴史と人倫−ヘーゲル「自然法」論文を中心にして
十字架の聖ヨハネにおける人間観
コルヌトゥスのギリシア神話のストア的解釈について
沖縄のシャマニズムとペンテコスタリズム
BRAHMAN,PARAMATMAN,PARAMESVARA
楊會文著「日本仏教史」
チャンキャ一世の往生思想
儀礼的知識の生成−国家儀礼研究の諸相
戒禁取見をめぐる諸問題
ブラジルにおけるネオペンテコスタリズムの伸展
中世日蓮教団の御影にみる祖師信仰−波木井の御影を視点として−
宗教学的回心研究の試み−回心と集団−
竹沢尚一郎編「宗教とモダニティ」
妙楽大師湛然における下種論の特質−日蓮宗教学史的視座から
プラトンにおける神々から人間への働きかけ
「心のノート」は「いのち」をどう伝えているか
宗教取締の類型とその変遷−「特高月報」の量的分析−
「宣教師伝」の成立と現地社会−スマトラ宣教の事例より−
オットーにおける聖概念
都市空間の宗教的意味について
18世紀ドイツの啓蒙思想におけるコモン・センスの位置について
親鸞における名号本尊依用の思想的背景
現代生活に於ける宗教と文化との反発と照應
道教清規考-清規玄妙について-
世界教会論の一課題
シュライエルマッハーの「弁証法」(1814)における直観と感情
新撰亀相記の研究−梵駿自筆本について−
TARKAJVALAの著者問題について
有神教の根拠
宗教と女性-問題の所在-
アンビバレンツの宗教的意味
伊邪那岐・伊邪那美二尊と伏義・ 女?cの神話
永遠の今について
背教者・不干斎ファビアン晩年の一史料
真宗カウンセリングとは何か
明治十五年の曹洞宗大学林
河上肇の神秘体験
江戸時代の袈裟復古運動
松ヶ岡文庫所蔵の「宏智録」十冊について−宏智録の日本への受容に関連して−
北峰宗印の思想
「十不二門樞要」について
妙好人に出会った人々−鈴木大拙・柳宗悦・楠恭−
市民宗教(公民宗教)論の系譜
良忠の念と声について
宗教における抑圧と解放の問題
若き日の浅原才市
ルース・ベネディクト「菊と刀」をめぐる議論
法隆寺五重塔に秘めるロマンとなぞ
初期ヘーゲルにおけるカント道徳哲学の問題
マリア伝承の源流
人を神に祀る風習−柳田と折口の場合
RATNAVAILにみられる二諦弁別について
渡辺喜勝著「一遍智真の宗教論」
「瑜伽師地論」の菩薩地に関する一考察−十三往説と発心
アメリカの反カルト運動と東洋宗教-宗教的ナショナリズムの現在-
「瑜伽論」の種性論−不定種性を中心として
島薗進・鶴岡賀雄編「<宗教>再考」
C.G.ユングにおける帰納法の問題
小川圭治著「神をめぐる対話−新しい神概念を求めて−」
日蓮伝承初見一覧
ピコ・デラ・ミランドラにおける宇宙と人間
スピリチュアリティ(霊性)・宗教性・倫理
森有正の思想における宗教性
戦後会津アイデンティティと戦死者−宮崎十三八の思索を中心に−
経験の分有-ロヨラのイグナティウスとザクセンのルドルフ-
プラトンにおける「目的論」と「技術観」との関係
ルドルフ・オットーにおける輪廻即涅槃の問題
真宗師弟論の研究−吉水入室800年にあたりて−
衆生の還源性に就いて
宗教の知解と体験について
宗教現実の構造−方法論的考察−
「ドイツの哀歌」に於ける実存と愛
シュライエルマッハー「弁証法講義」(1822)の宗教哲学的性格
エキュメニカル・ムーブメントの倫理的考察について
不二一元論学派における個我の問題について
「存在」ということ
「三種の法華経」の非日蓮義性
トマス・アクィナスにおけるSCIENTIAの性格
宗教の概念枠組と人類学的アプローチ
中世西域人士の宗教生活
歴史教科書と宗教教材
わが国における密教と茶道−真言密教と裏千家茶道
文殊菩薩種子字の研究
初期仏教教団とヤクシャ(夜叉)とのかかわり
ハイデッガーの「時熟と無」
二十五三昧会の一考察
空海のイメージの世界について
「日本霊異記」の身体性
宗教における“対決”の積極的意味

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る