公開シンポジウム「宗教と文明間の対話」報告
日蓮聖人「注法華経」と要文の関連性
道教における気の理論と「呪術」について
飢餓と癒し
弁長・長西における「往生論註」の受容について
惨劇
E.カッシーラーの「神話的意識の批判」の意義
中論における我品研究の問題点
廣田律子著「鬼の来た道-中国の仮面と祭り」
近代日本の無教会キリスト者における歴史意識について
宗教と非暴力
「民族」意識の形成をめぐって−宗教社会学的観点から
ハイデッガーとローゼンツヴァイク−事実性と歴史性への問い−
回心についての比較思想−パウロおよび親鸞の場合−
日蓮の門下教導のあり方−故事・説話引用とかな文字使用について−
古代イラーンの文化と宗教
「菩薩」発生の意義と菩薩道の教学的展開
釈尊と阿弥陀仏
社会階層と宗派機能 2−我国プロテスタンティズムの展開−
旧約聖書の歴史性
科学論の射程-宗教哲学の立場からの科学論の試み-
プロテスタント者の人格構造について
岩手県下のオシラの類型
「往生論註」における五念門について
マズローの自己実現論と宗教論の意義
宗教教育の評価における信教自由の問題について
近世参詣の国民化−抜参りと御蔭詣で
古陶のような美しさ
浄土教研究における念仏行の理解
法蔵菩薩考
「おふでさき」における挙例について
西田幾多郎のキルケゴール理解について
神幸祭の二面性
ライプニッツの実体的形相
仙英本「傳光録」の底本について
新興宗教の史的性格
遍作PARIKAMMAについて
「雑阿含」の構成について
勒那摩提系の習禅者について
巫者におけるカミとホトケ
一遍上人における宗教の世界−念仏を中心にして
檀家を持たない寺院に対する「祈り」の実体−摩尼寺の写経感想文を手がかりに−
皇国史観と宗教
流通文法と浄土教について
ブーバーにおける「孤独」について
キルケゴールにおける「沈黙」の示唆するもの
アウグスティヌスにおける神の安息-創世記解釈をめぐって
ヘーゲルとピエティスムス的宗教 1,
青頚観自在の図像学的特徴
本生経における四姓の意味−「六度集経」を中心として
シンボロンと割符−聖なるシンボリズムの存在論的基礎について
国家と専修念仏−「興福寺奏状」と「延暦寺奏状」から
鈴木一馨著「陰陽道−呪術と鬼神の世界−」
円覚寺舎利殿
満州族の火の信仰とシャーマニズム−石氏族の火祭の事例から−
「さとり」と「救い」
大乗菩薩道としての親鸞浄土教
ブーバーとヤスパース−信仰における自由をめぐって−
台湾における生と死の教育−教育の現場から−
CULLA-BUDDHAGHOSAについて
児童文学の宗教性
神宮寺創建譚に見える<業>語の問題
われわれとは誰であるか−ハイデッカーの一つの問い−
法の神学的基礎づけと法の普遍妥当性の問題
創造型一神教と生成型一法教−統合としての宗教−
天主教伝来と朝鮮近世文化
恵苑教学に対する一考察
続・入信の条件に就いて−特に入信と異常性格者の関係に就いての一考察−
フランス反省哲学における神-ラニョーからナベールへ-
維摩経における法身および浄土の義について
悪についてのガルディニ氏の所論に関して
天台教学における釈尊観の一側面−智??における良医喩受容−
ユングの自己実現論の現代的意義
「出会い」と「安らい」
日本浄土教における神秘思想の問題
仏説罵意経一巻
黒住教と金光教に関する一研究
宗教的実存の主体性−特に親鸞の場合
救いと悟り
N.フィヨドロフの宗教思想
日本曹洞宗宏智派における東陵永?Fの位置
宗教における階級性の問題
「御抄」の「正法眼蔵」解釈−打返の表現
MILINDAPANHAにおける頭陀説
道綽と涅槃経
鴨類を祖神、創造神と信仰する原始世界宗教が発見された
盤珪の不生禅と説教方法
宗教の機能論的定義について-デュルケムからルックマンへ
山口県北長門海岸の二重氏子制
中世家法における宗教の取り扱い
浄土教徒の社会的実践 1〜5,
ミトラス教密儀における軍事的要素の意味
キルケゴールにおける生成について
使徒教父文書における「懈怠」について
ヘーゲル「精神現象学」における法則と実験
インド仏像坐勢にみられる三様式の系統
ARISTA(死の兆し)について
絵画における太陽の表現について
「唯信抄文意」諸本の声点表記について
神田秀雄・浅野美和子編「如来教・一尊教団関係史料集成」第1巻

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る