存在論的差異とは何か
古代中国に見る神化とその理念形態
「国教」の諸矛盾とタイの都市的仏教
マンダナ・ミシュラのSATTA説について
他利利他の深義
神概念の三一論的構造
親鸞における唯除の意義
D.ボンヘッファーの実存的問い−獄中詩「私は何者か?」−
軍葬−現代アメリカ軍における死者の追悼−
キルケゴールの一考察
タウラーのGRUNT概念について
インドの公教育における宗教的要素−初等教育教科書の分析−
ベトナムのカトリック-南部村落の事例から-
アウグスティヌスにおける被造物の在り方について
東日本大震災における宗教者と宗教研究者
シュライアーマッハーの倫理学について−プラトン解釈を中心に−
ホロコーストとキリスト教
親鸞における伝道の根拠
バルトとニーバー−両者の歴史理解を中心として
宗教哲学の領域
宗教教育の一課題-仏教と平和-
新約聖書翻訳経緯-奥野昌綱の改訂草稿(新出資料)を中心に-
機根の問題−阿毘達磨を中心として−
解深密教
日本仏教における口伝法門の形態
「聖燃燈授記大乗経」について
真宗学における解釈の問題
祖先の語義について-歴史的研究と類型的研究-
議論の要約
民俗信仰衰亡の過程
農村における宗教行動と家族的地位
ニーチェの「権力への意志」について
現代宗教と宗教研究−ポスト枢軸文明の「宗教」概念−
平家物語における人間観−その宗教的意味について 1,2
ジャイナ教のVINAYA
宗教学の科学性
法然の宗教観について
親鸞の神祇観
吉蔵著書中にみられる絶観について
法蔵菩薩論への序章−<無量寿経>発起の序
「事円」をめぐる問題
ウェーバー「プロテスタンティスムス・テーゼ」の問題点
文殊菩薩
ライプニッツの悪論について
神国思想の思想的形成に関する一考察
文保記にみる「けがれ」−浄と不浄について
正法眼蔵における尽大地について
プラバーカラのNIYOGAと定言命法
アンセルムスの言語論
亀卜と道教−「急々如律令」の呪句について
G.アルノルトと西欧神秘思想
祖先崇拝の「思想」−古代中国を中心とする比較文化的考察
ゾロアスター教徒パーシーにおける名前の記憶について
ゴーヴァルダナ・ダーラナ神話とゴーヴァルダン・プージャー
中世真宗の教団教学形成のエートス
全体会議4「境界と差別」報告
フロイトと宗教心理
歎異抄における信心の行者の概念
M.ラーデのリベラルナショナリズム
政教分離と「民俗宗教」
キルケゴールにおける同時性の概念
リュースブルクにおけるGRUNT概念について
現代ドイツにおける宗教教科書の変遷と類型
「神の計画」と「エチカの計画」-スピノザ論
ニューオリンズおよびアメリカ湾岸地域におけるカトリーナ災害への宗教的応答
V.S.ソロヴィヨフの非分離の精神について
戦後教育改革におけるキリスト教徒の寄与
終末論の信、末法観の信−「浄土真宗とキリスト教の対話」−
伝承に現れたる日本民族の生活理念
仏教に於ける輪廻の主体の問題
山嶽宗教と仁聞信仰−豊後国六郷山について−
角田柳作と今村恵猛
宗教教育における信仰の問題
ニーチェと仏教
VYAVASTHANAについての一考察
親鸞における真宗教団の基底
日本における宗教学と隣接諸学-人類学、民俗学、社会学との関わり-
キルケゴールにおける宗教的実存の問題
二雙四重教判の時間論的解釈
勝鬘と韋提希
啓示の意味
幼児の神仏概念の把握について
宗教研究の新たな展開をめざして
M・ウェーバー「宗教社会学」におけるカリスマと非合理性-
絶対否定の中道−ツォンカパ造入中論釈の研究−
W.HERRMANNにおける宗教の性格
三論宗系譜の資料三種
親鸞における信と口称−パウロとの比較
十地経論における行相の構造
「洞上祖憲録」について
松源崇嶽の思想について−語録を中心として
清沢満之の宗教哲学における転化論−「宗教哲学骸骨」から−
尾張南部地域における曹洞禅の展開について
動乱と悲恋の舞台
後期シェリングに就いてシェリングとベーメ
風獅爺について
オシラサン信仰について-陸中・山田町の事例を中心にして
世尊の規範性論証における<慈悲の修習>の意義
「知ある無知について」第二巻における世界と個物の関係
リクールの「宗教哲学」

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る