中国の近代化と民俗宗教
ギーター・ラハスヤにおけるスワラージについて
「プラマーナ・ヴァーダルティカ」章順問題再考−宗教学派の議論
親鸞における二種深信の考察
法然における念仏と授戒
十九世紀宗教音楽再考−市民社会との関連性
「歎異抄」と異義
ル・フォールと平和
移行期モンゴルの宗教言説−民主化から宗教法成立まで−
「隠れ」について−特にキルケゴールを中心として
矢内原忠雄と教育
カトリック修道女の宗教意識の特性-アンケート調査から-
ライプニッツとアダムの言語
自然災害と自然の社会化
R.W.エマソンにおける「道徳」と「宗教」
アンセルムス「友のための祈り」と愛の探求
通潤橋
融通念仏宗総本山大念仏寺の聖衆来迎会
国家的公教と個人的私教
新興宗教におけるモラルの問題
アシヨーカ王における宗教と倫理の問題
沖縄バプテスト連盟におけるある反戦宣教師解任問題について
非神話化の基礎
親鸞教学の因果性と歴史性
破却の供物
仏教の黄金律
真宗伝道と『知識』−「談義本」に見られる表現を通して−
数論師ヴァールジャガヌヤとヨーガ疏
人類学と宗教学
精神医学および心理学における人間学主義の意義について
ヘルデルリーンの自然について
DAS WESEN DES JAPANISCHEN RELIGIOSEN BEWUSSTSEINS
救済史と神学的意味
現代ユダヤ教神学の可能性−聖典解釈の伝統と革新−
原始仏教における生天説
他界観の深層心理的分析の可能性について
DANAの一考察−特に食事供養について
「教行信証」製作の志願
龍女成仏
禅経に関する一、二の問題について
臨済宗法燈派末寺について
止観輔行伝弘決 10巻
清沢満之の心理学理解
ショーペンハウアーの意志概念について
元旦四方拝祭祀の一考察
村落社会の死者儀礼−三重県志摩郡の事例
「観無量寿経」所説の三福と「歎異抄」について
パーリ注釈文献中に見られるJHANAの語義解釈について
「霊操」に見る聖イグナチオの神
バタック族の呪術について
ホワイトヘッドにおける「神」の概念
新人間親子説について
アナトリア・トルコにおける基層的信仰の一様相
MANO-MAYA(意生・意成)について
宗教の本質から見た親鸞と清沢満之の同一性
全体会議5「宗教研究の方法と宗教理論」報告
親鸞と一遍の比較に関する一考察−日本的心性をめぐって
ティリッヒと宗教社会主義
日本キリスト教団における聖霊運動
キルケゴールにおける“BEGRIFF”について
ミッション・スクールと訓令十二号問題−立教の対応を中心に−
19世紀における受難オラトリオについての一考察
宗教のグローバル化と経典の機能
ガンダーラ遺跡の調査と保存
自然悪の苦しみと宗教哲学−神義論的問題の再編成へ向けて−
W.V.フンボルトにおける人間研究と言語研究について
グレゴリオス・パラマスとエックハルトにおけるテオーシス思想
明恵上人における「信満成仏」の立場−種性論の観点から−
歴史と信仰
信仰と心的葛藤について
宗教と神秘思想
大乗起信論に於ける心生滅論
宗教儀礼の価値転移-受戒の民族性とその展開-
「奇跡的治癒」をいかに語るか
カントにおける悪の問題
最近の宗教心理学研究の一、二をめぐって-具体的研究方法に関する検討を主として-
天皇制のあり方と正義の平和
心不相応行の概念
真宗念仏の儀礼性
ベトナム仏教の特質
民俗学と宗教学
パスカル宗教論の構造について
仏教史伝の成立とその虚構の意義
無量寿経に於ける生因の試論的考察
本居宣長の遺書について−「遺言書」にあらわれた宣長の思想と心理
神の理解について−いわゆる神の死の神学及び世俗的神学の目ざすもの
情報化社会における布教
古代インドにおける仏教聖典と実践
宗教意識の因子分析的研究
華厳経における念仏
ユングの旧教・新教論と宗教体験について
「修心要論」のあり方
親鸞の宗教批判について
私の中国仏教史研究
空海のシンボリズムについての一考察
清沢満之の「現在安住」に関する一考察
離村者と先祖祭祀−奄美大島・西阿室の事例研究
ヘーゲル「精神現象学」における「主人と奴隷」の逆転
「足助八幡宮縁起」諸本について
班弊から奉弊へ−祭祀形態の変化にみる天皇観の変化について

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る