南方仏教に於ける弥勒信仰
トーマス・ミュンツァーと終末観
シャドラファとミトラス
宗教的寛容の視座(2)−ヒュームにおける「性格」
テキスト分析による大宇真霊教の考察
アヨーディヤ問題の宗教学的考察
ガンディーの禁欲-彼にとってのブラフチャリアの必要性
阿弥陀仏・善導・法然同格論
心の「やまい」と心の「いやし」
聖者崇拝の基層的構造について
親鸞と道元−行信証の論理
熊本県人吉・球磨地方における経筒について
アンセルムス探求−悪とALIQUID−
キリスト教からキリスト教文化へ−米国社会福音とリベラル神学−
トリウンペ祭と十字架の道-マルコ福音書15章研究-
トマス・アクィナスにおける分離した魂の認識について
祟り・治罰・天災−日本列島における災禍と宗教−
西洋における「涅槃」理解
解放の神学者のとる立場−政治・教会・民衆・民俗−
狂ぶり−熱狂の宗教性−
能楽論に於ける修行過程と美的精神
支那仏教に於ける国民思想
宗教哲学に於ける自然性と非自然性
明治初期におけるキリスト教学校
禅の本質とその宗教的意義
東亜伝道と清教徒精神-我国プロテスタントの主体性に関連して-
宿業について-浄土教と論理という視点から-
サンスクリット大乗仏典の計量分析の方法と問題点
浄土真宗における追善供養の問題−「歎異抄」をてがかりとして−
社会学と宗教学
現代日本教育思想における「我と汝」−日本教育学をめぐって
充実行としての自然法爾
マルコの旧約理解
聖典と信仰の関わり−日本の宗教伝統をめぐって−
ニヤーヤ学派における実践について
浄土とその意味−蓮如の場合
隨喜と回向
「明宗記」にみる同別二教判
「死者供養」の一考察−「もり供養」をめぐって
禅宗儀礼にみる儀礼執行者の矛盾
北一輝と法華経思想
国民『宗教』の教説−暁烏敏の「古事記」解釈をめぐって−
ヘーゲルの内のヘルダーリン
禅宗寺院と天狗信仰の一例−迦葉山と沼田まつりの場合
花祭・神道の色彩にみるいくつかの問題
ワトートレ・スツゥパに附属せる仏足跡の研究
ウェスレーのキリスト論−予言者
ゲルマンの神の馬の宗教的意味
自伝「言葉」に見るJ.P.サルトルの無神論の形成過程
社会的ストレスとSGIの改宗をめぐって
アマラブラ派の分派
宗教と政治−マハトマ・カンディーの思想と行動
「大無量寿経」にみられる「一生補処」の菩薩について
救済と暴力−オウム真理教元幹部の入信と脱会の一事例−
癒しの手の内
西欧中世の死後世界説話
極楽浄土さながらの阿弥陀堂
幕末の平田派と白川家−国学の宗教性をめぐって
リュースブルクによるエックハルト批判について
ブラジル・カトリック教会の今日的展開
古河老川の仏教論
西田哲学における聖書の理解について
C.シュヴェンクフェルトの歴史理解と宗教的寛容
災害時のチャプレンの働き−その可能性と課題−
S.ヴェイユ「自由論」における「愛」の積極性
文献資料による回心研究の意義
修羅に伴う心の沈潜の過程
古代祭祀の本質について
キリスト教に於ける死の理解
宗教的思惟に於ける類型の階層、特にユダヤ教宗教哲学を手がかりとして
官者成立の諸問題
聖書の贖罪精神と自由-新英語訳聖書の翻訳を中心として-
カントの宗教哲学の一考察
神道史研究方法上の一課題
龍樹教学における「信」の可能性
存覚の伝道
念仏について
日本における宗教学と隣接諸学-発表に応えて-
人間形成における価値−あるケース・スタディより
キルケゴールにおける逆説の一考察
道禅について
太平天国の宗教思想についての一考察
「神の死」神学と超越者
イスラームの展開における聖典の役割
ストゥーパに描かれた女神たち
土着の神観念
「雲門匡真禅師広録」の現成について
「能禅師碑」ノート
岩手県南部のかくし念仏・渋谷地派
南都浄土教における三時思想について
「梁高僧伝」の神仏交渉
覚如における「歎異抄」の受容について
水俣漁民の海自然観と霊魂観について
「梅霖新談」における地円説反対論
デュルケームにおける道徳と宗教について 1〜3,
地域社会における御嶽信仰の事例
社寺縁起の研究試論
ラリタヴィスタラの部派
聖書の贖罪精神とキリスト論−新英語訳聖書を中心として
親鸞と森田療法 1,2,

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る