禅と祈祷、その関係について
大雄山最乗寺における宗教的形態について 1,2,
親鸞における自然について 1,2,
親鸞における時の考察−龍樹の大乗仏教時間論を視座として−
ケガレ論再考
六口供僧と六波羅密
キルケゴールにおける「罪」をめぐって
津軽の民間祈祷師における先祖観
「生天光手記」にみられる沖縄の宗教的世界
根本説一切有部律?オ度部の研究 1
教育勅語衍義書のキリスト観
宗教と教育−仏教における教育思想
西田哲学における自覚と場所
メディアとしての宗教・メッセージとしての宗教
「摧邪輪」にみられる「三昧」について
不二一元論学派の誤知論ANIRVACANIYA-KHYATI
中世における草木成仏観について
宗教は何をしてきたか、そして何をなしうるか
憑依が精神病にされるとき−人格変換・宗教弾圧・精神鑑定−
近代禅僧の死後観について
外国人研究者の観た黒住教
「ドイツ神学」における神秘的合一観
宗教者の老後問題−仏教界の現状と動向−
滝沢克己における悪の問題
P.ティリッヒにおける意味の形而上学
説法による救い−倶舎論諸注釈を通して
阪神淡路大震災被災地における宗教の「当時」と「いま」
宮沢賢治にみる福祉の精神−修羅から菩薩・仏へ−
存覚教学の研究
青牛白馬祭儀考
聖トマスに於ける宗教の社会性
禅に於ける仏土の問題
ヘシオドスの悪
後漢に於ける民間信仰の一考察
宗教学と日本仏教学
カナダの大学生の宗教教育に関する意識
長寿伝説の宗教文化史的研究
儀礼の意味について-ラドクリフ・ブラウンの所説をめぐって-
神社の会所坊-宇佐八幡宮の場合-
世親と安慧の涅槃論
『登山状』の「八億四千念」について
近代宗教学の登場-宗教概念の確立過程-
宗教的人格と社会的背景
概念と実存−宗教哲学の方法論の観点から
宗教的シンボルの一考察
神の存在
神話学の宗教学への貢献の可能性
ロバート・ベラーにおける宗教理論の展開
法華経度量天地品について
社会と聖なるもの−E.デュルケムをめぐって
JALAL AL-DIN RUMIにおける自然の問題−象徴としての自然
胎蔵法の構成について
現代都市における祭の拡大と変化
井上円了の純正哲学批判-その用語の整理と元良・加藤両博士の反論
真宗学における伝道学の位置付けについて
宗教的施設と村落空間の構成−北設楽郡の場合
キルケゴールの実存思想−イロニー的実存
「日吉根本塔縁起」をめぐって
BODHISATTVADHUMI−戒律に於ける懺悔について
初期バルト神学における「弁証法」をめぐって
雛僧教育における職業倫理について
ベルクソン哲学における直感・生命・自然
浄土教系信仰運動・一味会の職業倫理
白隠の俗謡と民衆教化について
「阿毘曇心論」の「業品」について−十業道を中心に
「選択集」と「摧邪輪」−念仏観を中心として
「文明の衝突」の時代の宗教寛容論
巫者の政治学−沖縄戦後60年と戦死者霊の感受−
キルケゴールとティリッヒ
<共同体>と<救済>の論理
新宗教と聖典
フランシスコ・デ・オスーナの「内的潜心」論
宗教民俗の歴史的動態−福岡県二丈町「大飯食らい」を中心に−
エリアーデ文学における宗教思想−クリアーヌとの関連において−
肯定としての無の構造-即非の論理と禅-
有限性について-ティリッヒ「組織神学」
洪水神話の文脈−「ギルガメシュ叙事詩」を中心に−
21世紀の宗教哲学−西田と田辺の哲学を介して−
南島葬送儀礼における死霊の授受と忌避について
三願転入の心理-浄土仏教に於ける日本的なものの展開-
我国に於ける仏教受容についての一考察
永遠と時間
PRIESTの発生過程
真宗に於ける信について
「論軌」の知覚説に対するディグナーガの批判
大陸伝道の侵略的性格
「物語」としての法華経
説話にみる聖と一切経
ナショナリズム・文化・民俗学-初期堀一郎の文化史学をめぐって-
歴史的世界に表現する真理のあらわれ方
東山文化を伝える庭園建築
二つの実存論−サルトルとマルセルの差異について
宗教学の方法論
キルケゴールの<懐疑>について
キューピット・プシヘとメルシナにおけるタブーの意味
民俗・民衆宗教研究の視角をめぐって
古代イスラエルにおけるアシュタルテ信仰
大毘婆沙論における発心について
信仰の地域的形態とその性格−<おみろく参り>について(3)
宗教と民俗 1〜5,

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る