マレーシアのシャーマニズム
日蓮の性格と禍の予言
三昧耶形−シンボルと認識
特殊念仏結社の説教と絵解
明治仏教を考える
親鸞における宗教経験の位相
三輪流神道と理趣経曼荼羅
キルケゴールにおける「真理の証人」論争
伊勢志摩地方における霊魂観念−一般的性格
鳥羽市松尾町における祭りの社会的機能
智度論における維摩経
聖書的世界と伝統−リクールの聖書的解釈学
宗教教育と道徳教育−宗教的人間・道徳的人間
個と全体−ベルクソニズムに関する一考察
近代日本の民衆宗教の植民地布教−天理教の朝鮮布教を中心に
鈴木大拙博士の浄土教観
アビダルマの滅論
親鸞の第十七願観
一神教と多神教をめぐるディスコースとリアルポリティーク
憑依を肯定する社会−沖縄の精神医療史とシャーマニズム−
日本仏教と社会福祉−近代化とグローバル化における展開−
仏教と欧米のフェミニストたち
近代における浄土観−清沢満之の場合
現代ドイツにおけるイエス研究
富士講取締令について
M・エリアーデの人間観とその形成
非仏非魔-宗教的自覚におけるニヒリズム超克の問題-
神の啓示と人間の実存-マルティン・ブーバーの視点
ラーマーヌジャによるシュードラ排除の論理と不二一元論批判
体験を超えて−ジャン=ジョセフ・スュランの神秘主義−
「終末論的なる所、即ち平常底」とはどういうことなのか
近代日本宗教の中国観−仏教を中心に−
回教と近代思想
宗派の発生について-病態心理学の立場より-
宗教に於ける超越と内在
偉容を誇る東大寺南大門
旧約詩篇中の王の苦悶について
平田神道の神学的背景
ペテロ前書3章18節〜4章6節とキリストの陰府下降
廃仏毀釈における神葬祭化の過程と現状-関東諸県の実態(神奈川県)-
宗密「大乗起信論疏」の諸問題
聖光房弁長における「専修」理解について
罪の意識の展開と鎌倉新仏教の成立
「民間信仰」研究の展開とその意義-姉崎正治から堀一郎へ-
教団組織論の歴史的展開 1〜4,
宗教的科学と科学的宗教
シュライエルマッヘルに於ける「感情」に関する一考察 1,2,
西谷宗教哲学の中期から後期への深化について
現代におけるキリスト教の根本問題−赤岩栄氏の問題提起をめぐって
沙門(SRAMANA)とバラモン(BRAHMANA)
近世の地獄絵
宗教経験の非合理性について
チベットの英雄信仰
寿命と光明
ベゼクリクの誓願画とその仏陀観
念仏思想における個と社会
真宗に於ける疑について
摩尼寺における「死者供養」の一形態
キルケゴールに於ける単独者の殉教と愛
南大門と俊乗房重源
伊勢志摩地方の霊魂観念の盆行事
祭研究における数量的把握
<阿弥陀経>の成立について
グレンベックのキルケゴール観
須菩提と釈提垣因−「増一阿含経」を中心に
他者と場所
ハワイ日系移民のアメリカ化とキリスト教会
近代仏教における安心論の諸相
バガヴァット・ギーターの折衷性について
親鸞における第二十願の機の考察
宗教戦争の本質構造−宗教と民族主義−
「私」枠と存在の「神秘」−経験への回帰によるその「解決」−
仏教における聖化のメカニズムの人類学的分析
本居宣長の禍津日神論について
K.バルト全集の現状とその研究上の意義について
開帳儀礼が意味するもの−信州善光寺の場合−
シオランとエリアーデにおける「始原」
聖者としてのラーマクリシュナ
M.ブーバーとシオニズム
慧命の回路−明末・雲棲チュ宏の不殺生思想−
スウェーデン・価値ニヒリズムの宗教哲学
果亭画集
日本の仏教儀礼にみられる浄化の力
本仏実在を中心とせる統融的宗教-日蓮聖人の宗教「観心本尊抄」の再確認-
宗教的態度の心理学的位置
宗教哲学の方法論
「教行信証」に於ける救済の論理
律における羯麿について
綱島梁川の見神について
中観瑜伽派の密教観
華厳経入法界品における仏母マーヤーの胎蔵世界
「逆修説法」における浄土三部経の設定とその境界
非僧非俗の立場
宗教学における「日本」認識-「自然宗教」論から「無宗教」論まで-
死後の生命観−W・ジェイムズの場合
カント倫理学の宗教的基盤
D・G・マンデルバウムの宗教機能論について
キルケゴールの精神史的背景
「善の研究」における芸術観
パリッタ(PARITTA)の呪の構造と機能

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る