PETAに関する若干の問題−セイロンの場合
沖縄の年忌法要
憑霊シャーマンの宗教機能
古代ギリシアの神秘家における霊魂論の諸相
伊藤証信の無我愛運動について
組物ゆたかな禅宗仏殿
奄美における仏教と基層信仰
「親鸞」という名告りの教示
ことばになった仏
村落と路傍の聖地
キルケゴールにおける「関係」の意味について
伊勢志摩地方の霊魂観−伊勢志摩地方の大念仏
憑依型教祖の創出過程
「教行信証」信巻にみられる慚愧の語につきて
「十住毘婆沙論」と般若経
ヨハネ福音書における(人称・指示)代名詞の問題
マッカリ・ゴーサラの教説−アージーヴィカ教再考
ジャンリュック・マリオンと隔たりのTHEO-LOGIE
ハワイ日系社会の「米化」とキリスト教−(1920〜30年代)
補陀落渡海上人の出自と額札
定果色に就いて
「教行信証」行巻における行
経験のマトリクス−生の流れ、純粋経験、潜在意識、宗教経験−
中世日本における禅宗の請来と宋代風水の受容
宮家準・小川英雄編「聖なる空間」
C・G・ユングの東洋宗教観−未公開資料から
戦後期における賀川豊彦の天皇観と神道理解
M.ブーバーにおける宗教社会主義思想について
身延七面山「うつし霊場」の事例
一念多念文意
I・P・クリアーノの宗教学の全体的構想における方法と経験
インドラ、ウルスラグナ神の祖型の問題とカラシュ族の一神話
始まりの彼方へ-J.ベーメの神秘主義的思惟の稜線
折口信夫による産霊神解釈−その戦後神道論を参照して−
ユリアヌスの宗教復興とアンティオキア
禅宗寺院の一年、庶民と民俗仏教について−乗国寺の場合−
神道に於ける宗教性の史的検討
不思議境観
宗教的態度について
阿含の無我思想−その形而上性について−
宗教的行道としての「観」の研究-特にカルメル派神秘学のCONTEMPLATIONを中心として-
宗教的象徴観について
中国仏教の社会倫理
宗教経験の心理学的構造について-特に桟能主体の自我を中心として-
ATISAの「入菩薩初学道説示」について
選択本願念仏と結帰一行三昧
奈良元興寺極楽坊発見の納骨器について
原田敏明と神道研究-発表に応えて-
宗教法制史学の提唱
親鸞の宗教の宗教性について
宗教社会学の諸問題
ムハマンド晩年の啓示
仏説梵摩難国王経一巻
西田哲学における宗教的世界観の前提
正理・勝論学派の有神論に対する仏教論理学派の批判−シャーンタラクシタにおける-
U BA KHINの瞑想法
宮古島における中国的信仰習俗−保良部落を中心に
宗教の伝承について
古代ギリシアの宗教における<希望>について
高楠順次郎の仏教観−応理性対立観と現観性一体観
宗教的文化統合と内調整
隔夜の念仏
近代仏教教団における統合過程の分析的研究
親鸞思想における本地垂迹説に関する一考察
宗教文化の基本的構造について
高野詣−特に院政期から鎌倉時代にかけて
「かたち」をめぐる身体論的覚書
エマソンの宇宙観についての一考察
伊勢志摩地方の霊魂観−伊勢志摩地方の葬式
室町期京都日蓮教団における地方寺院展開の特質
理趣経法について
「大明度経」の若干の訳語について−トウ利迦翼天子をめぐって
マルコの聖餐理解の考察 1,
一遍における機法一体について
ソ連における宗教の復興
THEOSOPHICAL SOCIETYの活動
日本撰述偽経と如意宝珠
初期大乗仏教における三昧と陀羅尼の関係について
蓮如の死生観
際限なき世界、溶けゆく「神」−ジェイムズ宗教論の一つの帰結−
朝鮮仏教の妻帯問題−「朝鮮仏教維新論」を中心として−
仏像崇拝について
磯前順一著「土偶と仮面」
時空間の超越−ユング心理学からクリアーノ宗教学へ
安津素彦の神道理論
扶鸞による経典−中華民国期宗教結社を例に−
伝統仏教教団における聖地形成−明治期・知恩院を事例として−
デ・マルティーノ宗教論の再検討
スレーシュヴァラとプラサンキャーナ念想
ウェスレーにおける諸宗教との対話
「伝統」をつなぐこと−等覚寺の松会の伝承についての一考察−
分散と破片−アウグスティヌスとベンヤミンの場合−
寺院と祭祀をめぐって
日本に於ける基督教と他宗教との関係
宗教的人格の研究
講−宗教社会学の対象として
劉宋の導士陸修静について
天理教の国家観
宗教理論の哲学的解釈
空海の経典理解

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る