良寛の騰騰任運と道元
顕密体制論と陰陽道史
木曽御嶽における霊神信仰について
ニーチェの誠実性と高貴性
祇園精舎の鐘をめぐって
ゾロアスター教における聖なる火の維持のされ方について
金剛寺木彫馬頭観音坐像
日蓮における宗教的罪の問題−釈尊の人格性と罪業意識
「観無量寿経」の視覚的効能について−仏の仏像化現象
死生について
占領下の宗教政策−文部省宗務課廃止論議を中心として
古代メソポタミアにおける誓いの表現
院政期の宗教事情
妙好人伝研究の問題点−予備的考察
「新人間親子説」について−原始神道・産霊神・産声を廻りて
日蓮の「鏡」の思想−日本思想史的考察
「上田閑照集」に接近して
孔子の天命観
近代以前の元素説
『歎異抄』第5条の考察−特に「有縁」の語について−
現代救済宗教と共依存の病理−GLA系諸教団の事例研究より
死の予兆と経験の再構成−新潟県佐渡島の事例を通して
新渡戸稲造の植民思想に関する一考察
殺生罪業観と草木成仏思想−日本宗教の環境論的考察のために−
中国の宗教環境と池田思想研究会
「般若経」とアビダルマ仏教思想
インド仏教教団における土地・金銭類・家畜・奴隷の受領問題をめぐって
イアンブリコスにおける神的愛の紐帯、播種された「しるし」
蝋人
D・ヒュームの宗教観
熊野詣の精進と還向の儀から-護法のことなど-
VYOMAVATIにおける観念論との論争
法然と親鸞における思想受容の一考察
ローマ書八章30節における「栄化」の意味
栗ヶ岳の磐座について
善の行的方法の特質について
道元の宗教の歴史的生格
古典における神学
部派仏教に於ける輪廻説の諸相
有部の極微説について
帰去来辞と仏教
沖縄社会における祖先崇拝と自己アイデンティティの構築
親鸞における妻帯の問題
軍神の近世的位相−伊勢貞丈「軍神問答」を中心にして−
覚鑁上人における内観の積極性について-現代的意見-
理趣経の俗諦マンダラについて
「受難の愛」と「無縁の慈愛」
希望の宗教
テリトリーを守る文化としての宗教の作業仮説について
ユンクにおける不安の根拠
「往生伝」的信仰構造に関する一考察
初期キリスト教における食物規定-「使徒規定」(使徒行法15章,29章)の歴史的変遷
THE NEW ENGLISH BIBLEの翻訳に見られる矛盾構造について
山頂飛来譚の背景
日光周辺の磐裂神社と星宮神社
初期西田哲学における「純粋経験」の概念
千観の事績について−特に、その浄土思想関係の著作をめぐって
平和を求める宗教運動
中国大理白族の葬送儀礼
宗教と医療−長崎県五島のホウニンの場合について
ベルジャエフの思想と現代
ヒンドゥー教寺院の象徴的構造−パンダルプールのヴィトーバー寺院
存亡論−賢を用いざれば亡ぶ
国家神道による日蓮宗批判
「釈浄土群疑論探要記」の引用経論とその著者について
シヴァ教の宇宙論
明治後期の右翼勢力伸長に対するカトリックの対応
予言書表題の託宣性と非託宣性
「不動智神妙録」にみる剣禅一如観
蓮如の無常観−「白骨の御文」を中心として
新宗教における女性性-他者の問題を中心に-
日蓮宗従軍僧についての一考察
修験道の組織と儀礼
間主体性の成立と宗教的契機
親鸞浄土教における「不可思議」の概念−宗教言語的特徴−
法然浄土教と社会倫理
畑中幸子他著「アカデミア 人文・社会学編(57)特集:伝統をくむ新宗教-新光」
華の仏 隠れた仏たちへ
死の定義、そして生命倫理をめぐる問題について
韓国SGI急伸の背景
「阿毘曇心論」業品における身口二業と四大の関係について
アンセルムスによる聖母マリアの理解
ダーウィン進化論とイングランド教会-「不可知論」の誕生-
奈良県吉野郡川上村の後南朝伝説及び御朝拝儀礼について
釈尊出家直前の四願について-ラリダヴィスタラ第15章第7偈
レビ記における聖・俗・穢れ
法道仙人と飛鉢の説話について
地主禅について
二分依他性
宗教的態度について
キルケゴールに於ける自由の問題
キルケゴールに於ける不安について
沖縄文化圏における祖先祭祀の地域性について
親鸞書簡に見られる信心
位牌・戒名・血脈をめぐる交換論的図式について
マンダナ作「ブラフマ・シツディ」
言語哲学と有神論
実存理解の一つの可能性−ロビンソンの場合
ベルグソンの仏教観
岸本英夫の生死観

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る