唯識観の実践と菩薩道
神話の解釈について
キリスト教における啓示と一般啓示
親鸞教における現実面について
現代日本における聖職者の宗教生活と経済生活
マックス・ミューラーの宗教学成立の周辺−エマソンとの関わり他−
メディナ啓示の社会性
平安時代における四恩思想について
インド自然哲学の研究-ヴァイシェーシカ学派のPAKAJOTPATTI理論
西行における死の意識
シンガポールにおける中国的信仰
スリランカ仏教における「神の招待儀礼」
ビルマのパリッタ(PARITTA)儀礼
東西霊性交流における受容と拒否−禅僧の西欧修道院滞在の成果
谷本富の「宗教と教育」−「耶蘇教駁議」を中心に−
西田哲学における時間と空間の問題
スリランカの女神崇拝
霊友会の根源的生命論
西チベットに見られる新年の密教儀礼について
ユダヤ史におけるメシア運動について−中世後期のスペインとイタリア
中世の清浄観の一考察
「提謂波利経」と五行思想 1,2
古代中国の地母神研究−「楚辞」離騒を中心とした一考察
近世神道思想研究・増穂残口の神像論
パウル・ティリッヒの宗教思想−「生の哲学」の視点から
空海と虚空蔵求聞持の法
中世日蓮教団における「法脈」継承の概念
韓国の民族宗教とキリスト教-檀君教教主のキリスト教改宗をめぐって
日蓮聖人における上行自覚の表明
誓願一仏乗開顕の意義について
シンクレティズム論再考−南アジアの聖者信仰におけるヒンドゥー教とイスラーム−
日本近代における宗教倫理の一考察−真宗門徒の場合
極東ロシアにおける浄土真宗−浦潮本願寺・太田覚眠を事例に−
「妙法蓮華経」の言辞(NIRUKTI)
マックス・ウェーバーと現代ヘブライ語聖書研究
宗教的経験についての一試論
「式神」と「識神」
ゾロアスター教徒パーシーの祭司集団の歴史的展開について
中江藤樹「鑑草」に見える「明徳仏性」について
マレーシアの開墾儀礼資料
宗教学の領域
成立道教と民衆道教
清沢満之の人柄
正法眼蔵の汎神論的性格と道徳
社会科学に於ける人格的主体の問題性
山里純一著「沖縄の魔除とまじない」
後期親鸞における憶念の考察
近世における七面山信仰の展開−江戸への伝播を中心に−
仏教徒のミーマンサー批判
ルターにおける「存在的なるもの」の位置
親鸞の「和国の教主聖徳皇」についての日本学的研究
宗教学の黎明と神話研究
宗教間の対話における宗教体験の意味
関東地方における大師講
アグニチャヤナ祭式と古ウパニシャッド
開眼と洒水
民間信仰の複合的構造
ラマ教における四天王の図像学的考察
安房延命寺の地獄絵について
伝道上からみた仏教の安心について
”だらに印刷物”の研究 10-だらに完本印刷用紙の準備-(百万塔陀羅尼研究資料 2)
大正期における知識人の宗教−浅野和三郎を中心に−
宗教と都市化
レッシングの「理神論」解釈の端緒となるもの
鎮魂の諸相−呪術・儀礼と行法と
創唱宗教信仰様式の系譜的展開
哲学的懺悔と宗教的懺悔
僧肇における「般若・空」の理解
仏道論争に於ける「老子西昇経」
吉田神道における亀卜研究について
ティリッヒ宗教哲学の方法−“RELIGIONSPHILOSOPHIE”を中心に
蔵俊の「菩提院鈔」と「変旧抄」に関する一考察
日蓮「開目抄」「観心本尊抄」と「注法華経」の関連
韓国における精霊統御者型シャーマンについて
無我の一考察-ロントゥンとコラムパの「十地経」経文解釈
日本的霊性からみたキリスト教と所謂東西対話への疑問
蓮如教学における信疑判決と信疑の得失について
ユスティノスにおける聖餐聖別の概念−「第1弁明」66・2の解釈をめぐって−
科学信仰について−浄土真宗との関連
石田梅岩の「心」観
宗教における絶対性の一考察
<仏教>実践の言説化−「葬式仏教」論と葬祭研究を軸に−
諸心起染−識身足論再考−
宗教系大学における宗教教育の教材選択の問題点
古代キリスト教と人間愛(フィランスロピア)
宗教的象徴としての鏡の意味について
天文陰陽思想からみる高句麗時代の伽藍配置について
ハシディズム理解を巡って−ショーレム対ブーバー−
近代における宮座の持続と変容−福岡県賀茂神社の宮座(神和)事例−
神と真理−アウグスティヌスに於ける所謂神の存在の論証について−
行に於ける理想及び理論の位置
宗教史学基礎論
正確なる仏誕二千五百年祭
ユマニスムとエバンジェリズム−宗教改革における一つの問題−
宗教学五十年の歩み-東京大学宗教学講座創立五十年を記念して-
宗教社会学方法論に於けるワッハの「クラシカル」の概念について
NORIYOSHI TAMARU AND DAVID REID,EDS,RELIGION IN JAPANESE CULTURE
“VERSTAND”AND“DASEN”
教信沙弥の信仰-親鸞への影響を中心に-
角行系宗教と富士講

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る