宗教哲学と実存哲学
教行信証阪東本について
念仏の根拠
神話の問題
狛犬論考
上田閑照著「西田幾多郎-人間の生涯ということ」同著「経験と自覚-西田哲学の場所を求めて」
クムラン宗団と原始教会
日本中世の祖師信仰-真宗報恩講をめぐって-
熊野那智「本願」寺院の役割−慶長年間の造営をめぐって−
若きヘーゲルの研究−絶対者把握の願い
信仰の実存論的解釈について−特にハイデッカーとブルトマンの関係
杜光庭「太上老君説常清浄経注」について−唐代宗教思想研究の一資料
真宗の思想的性格
ハイラーにおける「諸宗教」の問題
信仰と意志−ジェイムズの所論−
宗教現象学と宗教哲学の連関について−規範性と記述性の問題−
ルターの聖霊観
禅宗祖統説改変考
まつりの感覚
祝詞の一考察−資料紹介
死のための団体形成
ハワイ日系宗教の変容
大毘廬舎那如来の性格
岸本英夫における心理学的宗教学
唯識観の形成−四尋思・四如実智をめぐって
「レリギオ」と「まつり」−宗教研究の再定位の試み−
批判的宗教性
ピューリタニズムと民主主義の興隆
奈良時代の天皇の葬儀形式に表われる多様性について
新発見のK.バルトのR.ブルトマン宛の書簡をめぐって
仏教における差別と解放の問題−旃陀羅解をめぐって
ヤダナグーナッ祭の構造をめぐって
西田幾多郎の「歴史的実在の世界」
中国における盂蘭盆会の始源に関する一説
空海に於ける三昧耶戒授戒作法について
大嘗祭における古儀の採用と踏襲の意識
K.バルトにおけるEX.3,14F
法然浄土教の民衆的受容の一契機−熊谷入道蓮生の信仰を通して
近代日蓮宗の海外布教活動について
韓国新都内の「正道教総本部」について
チベット語訳の本生経類に関する一考察−「賢愚経」について
「ヒューマニズム」と宗教
親鸞における言語観
「宗教」と「宗教的」なものをめぐって
ガンダーラの土器
シャーマンとセガキ−地域社会における民俗宗教と仏教
研究史における平田篤胤像
ヤスパース哲学における超越者の概念
高橋美由紀著「伊勢神道の成立と展開」
真如親王奉讃会の組織と運動
ヴァイローチャナの伝記と「蓮華遺教」の関係
異文化教育の教材と問題−イスラーム理解を中心に−
パウロにおける「召し」の意味−ロマ書8・30をめぐって−
回心の解釈学的考察-内村鑑三・新島襄の場合-
エックハルトの「ドイツ語説教八六」における「マリア」像−タウラー、ゾイゼにつづくドイツ神秘思想の基底にあるものの解明に向けて−
イスラームと非イスラームの境界研究−ブラックムスリムの事例−
明治中期の宗教論の様相−中西牛郎「宗教革命論」にみる−
マナの本質
仏教真理観
原初神道考
道蔵の成立について
日本における民俗資料の地域差より見た祖先信仰 1,2,
KEITH E.YANDELL,THE EPISTEMOLOGY OF RELIGIOUS EXPERIENCE
隆尭記「念仏安心大要」における教学的特色
中九州地方の民間宗教者に関する研究
受用三水要行法一巻
キリスト教神秘思想の性格について
現代ヒンドウ教における祭りの一断面
仏教史伝の虚構・象徴の宗教性について
貴船社の伝播−東九州における場合
石津宗教哲学における実証学の位置づけについて
「グノーシス」「グノーシス主義」の定義をめぐって
初期禅宗の「心経」注疏
現代的宗教意義の一面
伊達藩の宗教政策
大覚醒の時期のパプテスト派の理念について
日蓮における世界観
千観の「十願発心記」について−「九品往生義」との成立の前後関係をめぐって
ハイラーにおける「言葉」について
早池峰神楽における宗教性と娯楽性
新宗教入会に関する分析的研究−立正佼成会の事例
アウグスティヌスにおける記憶について
宗教施設と方位について
霊能者のカリスマ性と「聖なる水」による救済 1,2,
西田哲学における論理の問題
義浄撰大周西域行人伝について
「理趣経」付加句をめぐる諸問題
神社案内記の流れ
ケリュグマとレトリック−R.ブルトマン再考
法然の至誠心釈の成立過程
観世音寺馬頭観音像造顕考
日蓮の「文字マンダラ」におけるシンボリズム
韓国曹渓宗の僧侶大会から見た非暴力の未来
他空説の一断面−ニャオン著「現観荘厳論注」を中心に
真宗助成論の研究
大乗五方便の諸本について−「通一切経要義集」を中心に−
RETHINKING RELIGION AS PART OF JAPAN'S ONGOING ENCOUNTER WITH THE WEST AND ITSELF
現代沖縄における「ユタ」と「琉球」アイデンティティ
由谷裕哉著「白山・石動修験の宗教民俗学的研究」
思想史・文化研究としての近代仏教研究−仏教の近代性を問う−

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る