チベットに伝わったスタソーマ・ジャータカ
マルティン・ブーバーと神経験
苦しみの公共空間としてのルルド
マルグリット・ポレートに対する異端審問における異端理由とその解釈
宗教多元主義とイスラーム
宗教的回心と宗教的人間の理解−内村鑑三、新島襄、清沢満之、高山樗牛−
伊勢神宮の遷宮における御装束神宝の奉献について
親鸞に於ける教の性格
村落における山岳信仰の組織
菩薩団より仏乗教団への展開に関する一考察
倫理概念の仏教的分析
松原孝俊・松村一男編「比較神話学の展望」
一遍遊行における念仏礼の問題
沖縄本島北部における仏教の浸透とシャーマニズムへの影響
キルケゴールにおける宗教的実存の問題-瞬間と反復の思想を中心に
ピュウリタン・ブラウニズムの教会観
石川舜台の二諦感
ハイラーにおけるMYSTIKとETHIK
信仰の内部構造解明についての問題
THE NEW ENGLISH BIBLEの翻訳の諸問題
浄土教における機法一体思想
修行を支える心的メカニズムについて
資本主義形成期の精神的苦痛−河上肇の「無我愛運動」投入前後を通して
種の論理と世界宗教の哲学
「大阿弥陀経」における「自然」
退耕行勇の弟子
ルイス・デ・レオンの宗教的言語観
断善根と続善根
或る医学者の成巫過程−故俣野四郎医学博士の瞑想による手技治療−
新宗教の発展における社会的要因−蓮門教の場合
シュライエルマッハーの初期キリスト論 1〜3,
臓器提供と宗教的態度
ヨーロッパにおける若水汲みと泉の習俗
絶対無の動態性
「醒世恒言」の宗教的一考察
日蓮遺文不敬事件の背景
幻の律令祭祀
神の絶対性について
「総料簡章私記」について
日蓮における救済の構造
崔浩の儒教観
フロイトとポスト・ユンギアン-自己概念と関係倫理-
教育基本法の宗教条項について
初期真宗教団における「師」と「善知識」
日蓮「注法華経」研究の課題
堀内一史著「分裂するアメリカ社会−その宗教と国民的統合をめぐって−」
木曽御嶽行者(前座)のシャーマン的性格について
明治十年代の新聞における主権論と天皇観
佐々木宏幹著「神と仏と日本人」
古澤平作の信仰と精神分析療法
初期ジャイナ教における慈悲
宗教学の立場から「宗教的情操教育」を考える
自然の光、恩寵の光、存在の光
ファウストゥマスのマニ教理解について−アウグスティヌス時代のマニ教の一側面−
日本人の宗教的世界観の将来-日本が21世紀に貢献できるもの-
エミール・シオランの神−神の喪失と神への情動−
”だらに印刷物”の研究 9-金属版による印刷テストの検討-(百万塔陀羅尼研究資料 2)
マウドゥーディーのイスラム解釈
ロゴスとアロゴス−弁証家ユスティノスにおけるキリスト教迫害とロゴス論−
「皆川家旧蔵資料」に見られる陰陽道祭祀について
親鸞教学に於ける人間の問題
金剛頂経の実存形態
神学における人間のロゴスの問題
高木神考
キルケゴールに於ける「宗教的著書」と伝導の問題
ゲーテの宗教思想
末木文美士著「仏教−言葉の思想史」
魏志倭人伝の宗教関係記事
三尾地方の時宗寺院
韓国巫俗の地域差−守護霊としての祖先を中心にして−
神学の三つの方向
明治仏教における恩の構造
禅浄雙修の問題
創造的解釈学について
黙示文学の思想と福音書の成立
五大院安然の事績について
M.エリアーデにおける宗教学と文学
近世における仏教教育(2)
仏身論の展開
新古今集にみられる宗教意識
鷲峰法燈国師「相伝袈裟記」について
江戸の神仏
「柱状化」(PILLARIZATION)をめぐって
御獄講組織の現状について−岩崎御獄山霊神場の事例より−
文化・宗教と差別
「生類憐愍」について
神の「三つの実体」-アンセルムスの思索と言語表現に関する一考察
「日本的精神風土」と「畏敬の念」
後期仏教哲学による聖典の階層的理解
至誠心の構造 1,2,3,
古代大嘗祭における二、三の儀礼上の変遷について
日蓮の宗教的自覚をめぐる考察−「行者」の自覚と謗法の意識
儀礼における形式の問題
「法身」の現代的解釈の試み
親鸞における聖徳太子の仏道
日蓮教学における受難の必然性について
「詩経」周南・召南に見る宗教志向
フロイトの宗教史構想
『唯心鈔文意』と一念・多念の問題について
旅するオットー−R.オットーにおける宗教の理論と現実

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る