藤原聖子著『「聖」概念と近代−批判的比較宗教学に向けて−』
シャーマニズムにおける救済と癒しの意味
波多野精一と敗戦−その「明治」認識をめぐって−
土居健郎と「甘え」理論の生成
不二一元論学派における解脱について
宗教的情操教育を考えるいくつかの視点−古代ギリシアとの比較−
ジェイムズの宗教的経験論における認識の問題
虚空と天主−中国・明末仏教のキリスト教批判−
長谷正當著「浄土とは何か−親鸞の思索と土における超越−
禅定論の研究−安那般那(ANAPANA)を中心として−
宇宙的人種の使命−ホセ・バスコンセロスの宗教思想−
近世近代農村における陰陽道−「東方朔秘伝置文」の異文より−
近代における宮座の変容と持続−福岡県賀茂神社の神和(宮座)を事例として−
三世両重因果と異熟業感の実践的意義
禅宗史上に於ける徑山の研究
未開人における人間観の諸相
内神について
ラドクリフ・ブラウンの宗教研究-特に宗教現象の解釈法をめぐって-
神と存在
中野正明著「法然遺文の基礎的研究」
道元の仏性説について
中国白族のシャーマン
宗教における現実認識の問題
移界(ENTRUCKUNG)について
大乗涅槃経における闡提成仏について−菩薩道研究の一環として
虚中存実
オットーとハイラー
宗教的自覚における内在と超越
宗教経験の実在性
ポルトガルの宗教的基盤
禅法の相伝−道元禅
新興宗教と既成宗教
陰陽道にみる呪縛と解放−宗教的原義に関連して
奄美の村落における宗教観と信仰実践
宗教的実存転換の基礎構造
鈴木大拙における「即非の論理」について
真浄居士・鈴木馬左也の禅と人間像
角行系宗教と富士講における新宗教の可能性
「明治五年太政官布告第百三十三号」考−序論
イグナシオ・デ・ロヨラの服従論−その教会論的基礎について
バルトの神の現実性について
学校教育における宗教関係教材の現状と課題に関する一研究
「釈浄土群疑論」における法相との対論
諏訪縁起の時間構造
諏訪上社中世祭祀再考−王権論的視点から
福寿院日富と「竜華秘書」
東北地方西部の神社巫女に関する一考察
西周春秋金文に見る祖先祭祀の機能
近代真宗教学の意義について
日蓮聖人遺文における御講書の位置
明恵の修道論
フロイトのアルケオロジー -起源への遡及と起源の解体-
教団と行信論−宗政運営と教学理解−
湯浅泰雄著「哲学の誕生−男性性と女性性の心理学−」
民間巫者と「互酬性の倫理」
柳宗悦の宗教理解−「茶と美」を中心に−
赤田光男著「日本村落信仰論」
小此木啓吾の社会論−甘え・モラトリアム・やさしさの系譜−
知覚とブラフマン−BRAHMASIDDHI第二章について−
釈迦の悟り、祖師の悟り−語りえない宗教経験の継承−
法然房源空の二門判と二行判−その能否と難易、勝劣について−
SHUGENDO
ブラフマンと絶対無
ティリッヒの宗教芸術論と「意味の形而上学」
オルコットと明治の仏教
杉山辰子とその後継者たち
宗教に於ける徴理思想の問題
古代インド思想における人間観
宗教体験の心理学的考察とその限界
キリスト教の日本的文化変容
佐野賢治著「虚空蔵菩薩信仰の研究」
染織品小史
宗教意識と道徳意識
「正法眼蔵」の宗教詩的側面-「優曇華」をめぐって-
ポサルの憑霊−脱魂的性格について−(日韓の比較)
中国仏教史における善知識について
日本惣墓形式の研究
ハイラー教授と宗教学
「燃えあがる緑の木」の宗教学的研究
共観伝承における奇跡物語成立に関する考察−アスクレピオス信仰との関連を中心に−
親鸞における愛
地域社会の新興宗教
修験恵印法流の諸尊について
方等陀羅尼経に基づく方等懺法の考察
神秘家と詩人
浄土教における至心について
宗教研究における現象学的方法の成立と展開
木食普寛の祈祷活動−御座儀礼と御獄講の成立をめぐって−
「無盡燈」誌における伊藤証信
山王七社の成立について
政教分離の否定に奉仕する宗教論−阿部美哉氏の忠魂碑論など
殷金文に見られる青銅彝器の機能とその背景
記紀神話形成期における「柱」祭祀の意義−神の助教詞との関連で
中世伊勢神宮変遷に関する一考察
日蓮の仏種論の基盤
践祚大嘗祭の成立と律令制
中国古代の地母神−「穆天子伝」を中心とした一考察
鈴木大拙博士論−「即非の論理」とは何か
日蓮における法脈・血脈について
仁和寺済暹僧都の弥勒信仰について

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る