日本人の宗教的心性について−祖先崇拝を中心として
慧観と訳経僧について
「注法華経」と「開目抄」の関連
歎異抄における善の問題
延喜式神名帳の「坐」神
近事・近住と形同沙彌−叡尊教団における九衆
韓国宗教の諸相−比較の視座をもとめて−
原田敏明著「宗教 神 祭」
旅をしたほとけ
「宗教文化材」としての教典
古代日本の社会構造と仏教の機能
クザーヌス「神観照について」の一考察
インド・ヨーロッパ比較神話学における近年の動向
浄土教における対話表現の意義
キルケゴールにおけるハーマン理解
近世日本の鬼神論とその周辺
樫尾直樹著「スピリチュアリティ革命−現代霊性文化と開かれた宗教の可能性−」
森雅秀著「インド密教の儀礼世界」
法然上人と「無縁集」と「師秀説草」について
有為と無為(真如無為)との関わり合いについて
喜多村理子著「神社合祀とムラ社会」
古代末期における「公的祭儀」をめぐって−帝政後期ローマの場合−
保呂篤彦著「カント道徳哲学研究序説−自由と道徳性−」
宗教即生活への一考
死の世界の宗教性
中世末期に於ける陰陽道
伝道史上に於ける朝鮮仏教一考察
九分教のヴェイヤーカラナについて
アウグスティヌスの教会概念について
先祖の極化現象
日蓮本仏論
求生行門要出 1篇
日蓮宗とキリスト教との対論-石城問答についての推論-
文化の秘教的構造について
両界マンダラの哲学的考察-金剛界の部II-
宗教的実存と「出会い」の生-O.F.ボルノーを中心として-
法華三部経に現われたる「法」の論理について
新宗教と知識人−初期ドイツ宗教社会学に見る−
ロシア宗教思想における終末観について
親鸞における現生正定聚の実存的考察
宗教的イメージとライフ・ヒストリー
「大乗大義章」における仏身をめぐる問答
初期ワッハにおける類型論の意味
教祖と永遠回帰
平安時代の密教と祈雨儀礼
バルトの予定論と歴史哲学
正法念処経の所属について
ブラジルにおけるペンテコスタリズム
カントにおける宗教の意味−物自体論を手がかりとして
<言語>のアナロギアによる宗教寛容論
兵主神について
スピノザにおける神の属性
禁厭祈祷と病気治し−明治初期における病気観の交錯
三浦浄心「慶長見聞集」における頽落観について
法然における逆・謗の救いの問題
親鸞の二種廻向論
都市の木曽御嶽信仰
道綽「安楽集」における論理と比喩について
日蓮の禅宗批判の基底
親鸞の末法史観
宮寺制神社の斎戒について
「不空三蔵表制集」の写本をめぐって
金鍾瑞教授「韓国宗教と宗教学」をうかがって
苅米一志著「荘園社会における宗教構造」
聖俗転機の儀礼構造
修験道と村落祭祀-山形県村山地方の事例を中心に
「阿毘曇心論」業品における三妙行と三満行について
渇愛の滅と無所有-MOKSADHARMAPARVANと原始仏教聖典との併行列
スリランカの仏教遺跡の発掘、保存事業CULTURAL TRIANGLEの成果
禅と心理学の接点
戦国大名願文の検討−武田信玄を中心に−
宗教研究の新たな展開へ−第20回IAHR世界大会(トロント大会)報告−
石森大知著「生ける神の創造力−ソロモン諸島クリスチャン・フェローシップ教会の民族誌−
中世勧進聖のネットワーク-大阪・一心寺結縁経の成立とその背景
シュリ・オーロビンドの論理について
内田順子著「宮古島狩俣の神歌−その継承と創世−」
”だらに印刷物”の研究 11-だらに用紙の繊維について-(百万塔陀羅尼研究資料 2)
ゾロアスター教徒パーシーの聖火殿建設をめぐる二、三の問題
桜井徳太郎編著「シャーマニズムとその周辺」
王法為本の溯源的考察
宇宙観の如何と宗教の職分
善導の念仏三昧に就いての一考察
貞観儀式の成立年代について
禅の宗教性
浄土教の超越性
全真教団成立に関する一考察
タブーの機構
「智」と「愚」のパラドクス-日蓮における「師」自覚の構造-
情報社会と宗教理論
仏教史伝の虚構の限界について
宗教哲学の方法論に関する一考察
敦煌本阿弥陀経について
国家的祝祭と宗教
無常観と罪悪観−親鸞と蓮如をめぐって
蓮如の宗教性と政治性
宗教史における「起源」の問題
仏教教化における菩提心の発現について
宗教における倫理の位置
カリスマ的宗教指導者の形成をめぐって-スティグマからカリスマへ
華厳における無礙の教説について

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る