米国における宗教社会学の実状
福岡東長寺千手観音像
クザーヌスにおけるについて
スリランカ宗教にみられる聖・俗的要素
転換期のブラジル日系宗教−日系地域社会調査からの考察−
VISISTADVAITA考
臓器提供と日本人の生死観
ニヤーヤ派の主宰神論
日本人移住者の宗教
「首無地蔵」信仰形成のメカニズム
法然門下のスキャンダル
親鸞の草木国土悉皆成仏について
都市寺院における「供養儀礼」の研究−現代人の霊魂を通じて
善導教学における二種深心の思想的な意味について
明治期における日蓮宗院政についての一考察
「信巻」における難治の機について
四天王寺における神仏関係
大和民族宗教原始造化三神産声教創唱観について
韓国宗教の「表象」と研究者の「視座」−丹羽氏へのコメント−
初期ジャイナ教の生物観−生きものとしての地、水、火、風−
JOSE IGNACIO CABEZON AND SHEILA GREEVE DAVANEY,EDS,/IDENTITY AND THE POLITICS OF SCHOLARSHIP IN THE STUDY OF RELIGION
初期プラトニズムにおける宗教性と「技術」の関係をめぐって
仙台藩における修験道組織の展開-仙南六郡を中心として
往生伝における匂いと身体
仏教と心理学の接点−聴聞と傾聴−
日本古代・中世期の風水術に於ける四神相応について
韓国宗教における<祖先>-新宗教教団(圓仏教)の死者儀礼の周辺-
ケネス・タナカ著「アメリカ仏教−仏教も変わる、アメリカも変わる−」
阿弥陀仏への賞讃の一考察
最古のジャイナ教聖典とされるAYARANGA-SUTTAのすがたについて
原英子著「台湾アミ族の宗教世界」
伊勢参宮習俗の現在
鈴木正崇著「神と仏の民俗」
宗教に於ける合理性の問題
潔斎に就いての一考察
福田思想の発達とその意義
行基論
アリストテレスの純粋観想についての聖トマスの解釈 上下
ザビエルを困らせた日本人の質問
経典翻訳者の領域
金剛頂経偏調伏品について
キルケゴールの伝達論
緯書の神仙思想
丸山真男の「政事の構造」論と日本宗教学者の祭司王論
神の存在論的証明−IDEA INNATAとREALITASの意味
延喜式祝詞と弊帛
「宗教的中立性」に関する実証的研究
般若波羅密多の種々相
マックス・ウェーバーの「主著」
聖俗論にかんする一考察
一遍の時衆観について
世親摂論の量義について
沖縄のヌジファ儀礼と魄の観念
カントにおける目的論的思考と道徳神学
木曽御嶽行者(前座-中座)のシャーマン的役割関係について
日本人の聖俗観−民俗宗教論の視点
I.カントにおける物自体概念
アメリカの対日占領政策と宗教問題
1960年代アメリカの東洋宗教−A.ワッツの自叙伝を手がかりとして
親鸞における懺悔と悲歎述懐−田辺哲学に対比して
二河白道譬喩の実存論理的解釈
都市化による宗教観の変遷
「現観荘厳論」法身章をめぐるインド諸注釈者の分類−三身説と四身説
日蓮における宗教的懐疑と「罪」の問題
所謂、共生浄土教再考
諏訪大明神来臨伝承の分布と背景
舜典に見ゆ、原初宗教の理念志向
中国における「原始宗教」の輪郭−徳宏タイ族の事例から−
アメリカ社会における禅仏教の浸透
ジャン・ドリュモーにおける「恐れ」の概念
霊場としての会津高野山と先祖まいり
ジャイナ教白衣派における手鉢(PANI-PATRA)
ゾロアスター教徒パーシーの通婚と養取の形態について
「興福寺奏状」について−貞慶の法然保護手段説
プラトン「弁明」における死・眠り・不死について
食行身禄の「一字不説の巻」における副次的なトピック三題
ライシテは市民宗教か
柳宗悦の妙好人論
真宗と人間性心理学の接点
謡曲における神−脇能にみるワキとシテ(神)の関係について−
日本仏教の朝鮮布教-総督府統計資料にもとづいて-
秋山学著「ハンガリーのギリシア・カトリック教会−伝承と展望−」
「大阿弥陀経」における五悪段の意義
林行夫著「ラオ人社会の宗教と文化変容−東北タイの地域・宗教社会誌−」
ウミガメの宗教性−信仰と利用、宗教と環境のはざまから−
孝本貢著「現代日本における先祖祭祀」
宗教的関係に於ける主体の問題
地蔵信仰について
ラビ・アキーバの立法解釈について
カントにおけるKRITIKとMETAPHYSIK
ベーメにおける霊の再誕生
水野清一とガンダーラ寺院の発掘
キリシタン版における救済の考察-「霊性」の概念を有する表現-
宗教研究における物語論の意義
僧純「妙好人伝」の教化本的性格
中国固有の宗教に及ぼした五行思想の影響
道元の日本国観
宗教における虚構性と真実性
浄土教と時
宗教は言語ゲームではないのか?−宗教言語ゲーム論再考−

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る