仙台と天草の禁教への宗派の差と仏教との関係について
若者の宗教倫理のセラピー化について−学生アンケートの分析−
ウラジミール・ソロヴィヨフの宗教思想
日蓮における持経者の系譜
キルケゴールにおける逆説の弁証法
ルドルフ・オットーにおける空思想理解と禅思想理解の問題点
キルケゴールにおける「最も不幸な者」について
祭祀組織と村落
蓮如と無常観
ANUMANAの語義変化
表象的思惟と宗教的思惟
シャーマンとシャーマニズム-憑霊機能成立の契機について-
月舟宗胡の宅原寺住山時代
グリゴリオス・パラマスにおけるTHEOSISについて
明治十年代に於ける仏教とキリスト教の相互認識について
カントにおける自己認識について
新満月祭と月
明治期神道家にとっての「祖型」イメージ−佐野経彦の場合を中心に
神の存在証明に関するカブリエル・マルセルの批判について
西ドイツに於ける絶対無の哲学
円光大師二十五霊場巡拝記の一問題
親鸞の住還二種廻向に関する一考察
「万葉集」と奈良朝仏教
六即詮要記
ヤマトタケルノミコト物語の構造と成立
ジャイナ原理、法と非法の成立についての考察
神仏習合論の再検討
平安貴族社会における陰陽師と陰陽道
あか島の「御嶽信仰」と「のろ」について
漁民と祈祷礼−善宝寺信仰を手がかりに−
「隠レ陰陽師」考
神仏習合という可能性−仏教研究と近代−
イスラーム文献が伝える多様なゾロアスター教像−六〜八世紀のアラビア語資料のゾロアスター教研究への応用−
横川顕正の思想
スピリチュアリティの存在論的構造
南方熊楠の五蘊
「阿毘曇心論」業品における処中の所作について
絆喪失時代における宗教運動の課題−「宗教」を人々の「痛み」の側にどう開いていくのか−
曇鸞の「論註」における行の研究
TAKEUCHI YOSHINORI,ED.:BUDDHIST SPIRITUALITY II:LATER CHINA,KOREA,JAPAN AND THE MODERN WORLD
「シャマニズム論」の背景と課題−動熊信仰現象論の立場から−
木村武史著「北米先住民ホティノンションーニ(イロクォイ)神話の研究」
宗教的儀礼に於ける生と死
永生論
大仏師康誉作大日如来像
陰陽道に就いて-平安時代に見られる展開に就いて-
仏教の戒律の性質
聖トマスに於ける恩寵と自由意志について−スンマ・テオロギカを中心に−
宗教体験の一考察
マリノウスキーの呪術と宗教の機能説について
宗教的リーダーシップの問題
奥但馬の神仏習合と分離-特に大屋郷式内社御井神社を中心に-
インドネシアの仏教復興を支えた象徴的比丘の死
マハーヴァスツに見られる塔廟崇拝
親鸞の浄土観について
神話と宗教哲学−ベルクソン、ギュスドルフ、キャンベル−
キルケゴールにおける主体性の弁証法
美甘政和の神道思想
「道徳」的仏身観について
ニンマ派の入中論注
エリアーデ理論の方法的問題-R.ベイアードの批判を手がかりとして
ウェーバー宗教社会学の改訂について
禅仏教における宗教的と美術的の側面
道徳と宗教−ヒュームとカント
キリスト教の婚礼と土着要素−南インドの事例をもとに−
ホワイトヘッドの宇宙論における「神」の位置について
神社整理と村落社会
岡山県の仏像
三身即一の如来と三位一体の神(聖霊仏性)
カシミール・シヴァ派におけるUPAYAとSAKTIPATAの体系
宗教多元論の哲学
物詣と巡礼−その宗教意識の相違
「教行信証」真仏土巻における法身の位置づけについて
「安心決定鈔」の基本思想について
源氏物語の宗教性−「もののあわれ」と「ものあわれ」
アージーヴィカ教における「苦の滅」-ジャイナ教資料から
熊野那智参詣曼荼羅の制作者
「占い本」と現代社会
シャーマンと神父−インカルチュレーションをめぐる協調と葛藤
宗教は心の問題に還元できるのか?−様相問題の視点から−
アブドゥル・ジャッパールにおける「心の平静」
式神について
神話的世界と菩薩−本居宣長の「真心」論を手がかりに−
磯前順一、タラル・アサド編「宗教を語りなおす−近代的カテゴリーの再考」
宗教対話実験と意識調査からみた日米スピリチュアリティの実情
斎藤茂吉の病気観
業・輪廻思想と無記説
宗教的ニューカマーと地域社会−外来宗教はホスト社会といかなる関係を構築するのか−
薩摩大隅正八幡と日秀上人の活動
禅宗内成立偽経の思想的特質について
沖縄県西表島のかまど信仰
JACQUELINE I.STONE,ORIGINAL ENLIGHTENMENT AND THE TRANSFORMATION OF MEDIEVAL JAPANESE BUDDHISM
宗教と科学
生月キリシタンに見るカトリック教の郷土化
出雲地方に於ける墓制の変遷-八束郡を中心として-
傷みなき心-伊勢神道の一志向-
米国宗教学の展望 上下
同一系統神社における祭祀要素の受容パターンに関する事例報告
南インド・一教区におけるキリスト教徒と生活世界の一断面
名の神秘主義について

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る