唯識宗所談の体相論
分科神と自然神(トーイ「宗教史概論」第6章)
菩提樹下の宣言(仏成道偈の研究)
宗教の立場
仏教中学教科書案叙言
連合大学論
良如上人の諱辰に祭し謹て所感の一瑞を述ふ
支那に於ける性説の変遷
曼荼羅雑話
我国に於ける梵語研究
大乗起信論綱要
悉曇の名義に就て
支那仏教寺院誌
能化時代に於ける信願論の展開
真宗教史草案後編
世界に与ふる支那仏教文学の新光明
監獄教誨論
蔵中に於ける華厳経の地位
基督教修道院の特徴
再び我が「六條学報」の主義を宣明す
華厳宗開祖賢首大師
観無量寿経の教化
唯識宗の対象分類論序論
正平版論語の開版者 道祐の伝に就て
山東半島の基督教
不死の観念
学田会創設の趣意
護法の出世と其時代
芳涯五則
現代活動主義の哲学と宗教(ブートル「科学と宗教」第2編第3章)
北海道学田計画一般
求道者日超(天台宗真盛派真超上人伝)
賢首と通玄と清凉との異点并に批判
基督教史に現はれたる罪悪論の概観
犢子部の補特伽羅
宗学研究法に就ての弁
活仏活祖
真宗と三論教との関係を論ず
解深密教の組織
肥後先轍の五劫思惟論
天台の浄土十疑論
病懺悔
「教行信証文類」刊本沿革考
本典研究大綱編
解深密教小観
教行信証に現はれたる観経
自浄其意(一夫四婦の譬喩)
龍樹の認識論的思想
新実在論の破邪的方面
五存大経の比較研究
デイヴィアーワ゛ダーナの研究并翻訳
寺院師弟教育論
十二縁起に就て
宗門の攻学者を警む
修諸功徳論
精神主義を評して宗義の謬解を正す
真宗教徒二面観
観経四帖疏の弘伝に就て
芸術と宗教
豊山の戒定
「牟子」に就て
不可思議光の名義
新進宗学研究者の態度論(北峰氏の大無量寿経の研究を読みて)
羅馬教会の盛衰
碑文より見たる山東半島の仏教
法華経と吾高祖
人格と信仰
三家戒体論
鹿島の悪五郎(性信房)
悉曇大底
第十七世紀の仏教(印度仏教史断片 4)
ジェームスの宗教的経験論(ブートル「科学と宗教」第2編第4章)
宗祖の人格と教義
信仰は力なり
仏説 三転法輪経の研究
世親の因明論(因明学史上に於ける世親の位置)
支那仏教研究の範囲
真宗々学私談
性欲と宗教との関係に就いて
善智識の弁
賢首大師の著書に就て
東都の宗教小観
智識の統一
意業憶念の研究
禅浄一夕話
円覚経翻訳年代考
玄奘三蔵以前に於ける縁起説の訳伝
因果通論
教行信証に現はれたる浄土文跋
本派出版条例建議案に就き大方諸君の惑を解く
修養の要素
雲棲?C宏と其著作
黒江の異計と明覚寺存空のことども
「御文章」の研究
宗教々師の資格
学苑譚叢
唯心縁起の一斑
真宗信仰の対象
楞伽懸記は密教か
西蔵大蔵経甘殊爾及丹殊爾に就て

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る