盧遮那と毘盧遮那との名目に就て−華厳の仏身観
道草
史料瞥見
仏教生滅の思想を論ず
唯心縁起論に於ける有情生起の疑問
華厳経流行の今昔
能率増進法
意密中心の密教宇宙論の梗概
誓名別執計の検討
対仏教統一論大綱論所見
数珠の旅行談
天台教理史研究序論
高祖は何故に「本典」中「法華経」を引用したまはざりしか
承応の法論
本典の制作年代を論じて古版四種の底本に及ぶ
安慧論師の学説
偈頌に就きて
死に対する覚悟
本生経に就て
賢首大師の解深密教観
種姓論に於ける三一両乗の抗争
哲学と芸術
信仰と知識との関係に就ての二大謬見
新実在論者の認識論其物に対する見解
日本仏教の精華
印度の仏教建築
秘密仏教の研究
支那人観
科学と宗教との究竟的関係(ブートル「科学と宗教」結論)
仏教東漸に関する宋以後学界の定説
馬鳴菩薩の仏陀論と使徒ポーロの基督論
真宗聖教刊行年表
理想的宗教と実行的宗教
絶対他力の原理
支那浄土教史総論
高岳親王
二十四輩順拝の起源と沿革
宝章に現はれたる本願成就文の教義
維摩経一家言(又名「維摩経の真髄」)
浄影寺慧隠と其観経釈
戒賢智光の評論の真偽
所謂学なるものは何が為め乎
宝章及執持鈔に顕れたる六字釈
元照律師の念仏
高霖師の片影
賢首家の権実観
他力法と他因計との交際を論ず
随感三則
仏弟子の見たる仏陀
絶対なる親子の親
覚如存覚両上人義絶の真相
宗教史に於ける大神の観念(トーイ「宗教史概論」第6章)
支那道教の起元及沿革の一般
法華一乗と声聞定性
観無量寿経に就いて
極微論
孔子の教育及宗教
厭世思想と膽大
摂嶺僧詮の二諦義
教行信証引文の体例
教理批判
希臘古代より現代に至る宗教と科学
仏典翻訳史料考
新著「宗教と倫理」に就て
選択集製作年代並其の写本刊本に就て
華厳世界と西方極楽−文学上に表現せられたる
羅什以前の支那仏教
日本天台に於ける発心識体論
「福音書」に於ける仏教的影響
欧州戦乱後の思想界
仏教紀元の一定に就て
善鸞上人の異義
日本仏教略史草案
法華経注釈の四大家(譬喩品三車四車の解釈に就て)
一代仏教の帰趣
四帖疏に就ての一疑問
三帖和讃の最後に附録せられたる宗祖聖人の法語に就て
「南越是海全集」を読む
龍樹大士の仏陀論
華厳に於ける恵光律師
韓柳の仏教観
耶律楚材の仏教信仰
俗諦道徳の動機及び修養
述懐
玄奘三蔵表啓と玄奘三蔵行状
印度教と基督教との史的関係
宗教的児童教育に就て
仏教東漸に関する「後漢紀」と「後漢書」との比較研究
布教の十則
真言密教に於ける仏身建立説
鳳潭上人妄即真の梗概と批判
成唯識論糅訳に就て
第八識の名称
富井隆信君の「他力法と他因計との交際論」を読む
現行法会礼懺儀式 1篇
華厳五教論
道教の組織と仏教
圭峰の観法に於ける教禅一致論
無量寿経異訳決本考
観無量寿経疏の比較研究

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る