親鸞聖人論(主として聖人の信仰より)
義教講主年譜
華厳経に於ける他力義
宗教の本質(トーイ「宗教史概論」第1章)
略述真宗教史を読む
三諦中心の実相論概要
道教の起源に就きて
現今の西蔵
白河法皇の仏教政策
大涅槃経集解の研究
秘密の弥陀
天台の善悪自由論
天台の性悪論
鎮西聖光上人の教義
翻訳者としての玄奘三蔵
弥陀本師法王論
無常観
喇嘛教界の一大偉人宗喀巴の史伝
度牒考
本宗俗諦義系統に就ての質疑
宗教々化の過去現在及び将来
渭津法論
霊魂論(トーイ「宗教史概論」第2章)
弥陀化土に就いて
華厳経の縁起并性起観
業感縁起論に就て(仏教学概論批判)
哲学者の所謂絶対と中観
高麗之朗大師
蔵経の意義と其由来
唯識義林の梗概
真宗に於ける中道義
三時教判の三伝
蓮如上人の布教論
小乗諸派の無為説
大乗教の起源に就て
宗教の威厳
慈恩大師の実証主義
雑修論
社会問題の本領
筑波山の徳一法師
中央亜細亜近代史の一片
霊知不昧
衆生本来成仏論
高麗本を模倣せる活字版大蔵経に就て
花田君足下
支那浄土教系統論
宗教々育と児童
南渓師の行信論
獄務瑣談
仏教夏期講習会に就て
護月論師ノ学説
無著学説の討究
源空門下の多念義
東海道膝栗毛日記
宗祖聖人と河野門徒
見仏三昧に就て
嘉祥大師及其観経訳
現代宗門学者の忘るべからざる用意
戒日王の事蹟
明和法論
求心力
宣明師の発願説
俗諦瑣談
島原一揆以前に於る我国の基督教史梗概
宝暦十一歳
日本に於ける極楽往生の思想
学派分裂期の宗乗学
存覚一期記は果して疑ふべきの書なりや
西蔵文阿弥陀経
東晋時代に於ける沙門と諸名士との交遊に就て
元亨釈書と親鸞聖人
支那の経幢に就て
宗教と道徳
護法中心の空有論
宋代以前に翻伝せられたる大乗律典
法華経流伝史(嘉祥法華経論の序説)
宗学の三大変
本宗に於ける実相縁起論
慈恩の八宗と賢首清凉の十宗と
古代の宗教的儀礼(トーイ「宗教史概論」第3章)
光明世界
宗教と智識と道徳
コムト及び人道宗教(ブートル「科学と宗教」第1輯第1章)
中宗所談の仏性論
龍樹大士と竜宮説(龍樹以前大乗教弘通の一班)
ゴライアスを殺せる小石
淮水遺芳
無餘依涅槃の真義
大経の五智に就て
袖日記
本末両寺断惑説
葛木寺
四論教学之研究
聖典史の見方に就て
三たび「俗諦道徳の動機及修養」を論す
高麗の仏教(朝鮮仏教史一班)
略論安楽浄土義の真偽に就て
真宗対各宗の仏性談
清弁論師に就て
古本十王経の発見

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る