「法華伝」の著者に就て
西蔵に於けるベンゴールの般地駄
玉日俗伝の研究
本宗に於ける滅罪論
台宗の心識論
選択集廣本に就て(法然上人伝研究の新史料)
法要史料香華帖に就て
三定聚機
見真大師の慧眼
儒教人倫の目に就て
請択法報恩文 1巻
覚如上人とその時代
本宗に於ける仏性論
真宗の信仰対象
教行信証に現はれたる十住毘婆沙論
鎌倉時代の南京律
阿頼耶識とは何か
個性の進展
唯識論上の因果論
合三為一
仏教史より見たる輪廻説
崎陽本安楽集に就て
二相四法の説
五部律の分裂に就て
上代の成実論観を論じて天台のそれに及ぶ
霊弁及び霊裕の華厳経疏
華厳哲学特色としての縁性二起論
起信三疏の比較研究(九相八識相摂の異同)
ワ゛イタリズムとミステイシズム
トーテミズムとタブー(トーイ「宗教史概論」第5章)
唯信正因
教行信証伝授史考
「天文天正日記」に就て
本能と其教育
南都に於ける念仏門
追善に就ての小話
文化への意志と平和への衝動
真如と勢力の異同弁
真宗初期の出世本懐論
歴史現象としての宗教
教行信証に現れたる阿弥陀経
因果法を論ず(因果法論)
親鸞聖人の無我心
浄土宗興行の始末
因門六義概論
三心本末
眷屬捺落迦説
御註円覚経を読む
支那に於ける声明道
聖徳太子と浄土教
鳳潭の一書簡
「選択集」并「同延書」刊行史考
神学界に於ける新旧思想の特徴
昔日の土蔵法門
華厳六相円融論
他力解の批判
阿育王経の梵本と其漢訳
安芸本々典開版者悟澄小伝
天台五時教判の粉本を論ず
教行信証に現はれたる本願薬師経
天台より見たる起信論
支那に於ける仏教書籍の蒐集并に保存(大蔵経の沿革)
唯我独尊
高僧伝の研究
一経三論の比較研究
近世に於ける神学的歴史観
方冊経に就いて
地論摂論の阿闍梨識観
肉の値ひは死か
ヘッケルの一元論(ブートル「科学と宗教」第1編第3章)
華厳経世間浄眼品の梗概
金剛経宗通 7巻
六朝仏教縁起論の変遷
天台大師の般若経観研究
教行信証に現れたる安楽集
別時意趣に就て
宗意安心の理論的説明−真宗安心論史の一面
華厳の唯識観
教相安心の基調
本邦仏教史上に於ける鎌倉時代
宗教史研究の成果に対する吾人の態度
正像末三時の思想に就いて
我国旧時の活字本
三心即一
黄禍論
新カント学派の哲学
我国中世寺院所領の発達に就て
鳳潭普寂の華厳観(六相円融論に対する見解の相違)
仏教の弥陀念仏観
日野誕生地と我本山
信行禅師の念仏に就て-法華経を取り扱ふ上に於て
道安とBUDDHA GHOSA
天台断惑論の概要
救済の意義
親鸞聖人三帖和讃制作年時考
無表色思想発達小観
聖徳太子と親鸞聖人
信心仏性
杜順の伝并に十玄の淵源に就て
浄土源流章の研究

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る