日本民族の生活問題
三種止観
安楽集を読む
「選択註解鈔」の撰者と其古写本とに就て
新彊方面の探険に就いて
日蓮上人遺文に現はれたる念仏無間の説に就て
往生要集の一面(四種三昧と今家の念仏)
日本唯識家の真如観
最初の法華経疏
浄土三経往生文類の研究
教行信証に現はれたる涅槃経
教行信証に現はれたる往生要集
聞信具不
新羅の元暁法師は果して至相大師の弟子なりしや
九州真宗の起源及び発達
苦行の意義
観無量寿経の芸術観(浄土化土往生人の心理的解剖並に批判)
本典に於ける行巻の地位
ほとけノ国訓ニ就テ
西域に於ける純大乗教団
地獄に就て
認識論上より見たる唯識宗の現行及び熏習について
支那近世民族信仰の復活
朝鮮民間に於ける宗教一班
「弁述名体鈔」の撰者に就て
教行信証に現れたる選択集
親鸞聖人の幼時に就て
光宅寺法雲法師の法華義
三種自性の喩顕に就て
請雨と止雨
略字の解
蓮如上人御一代聞書の研究
相承の上の助成真仮論
聞信同異
地理上より見たる両界曼荼羅の起源
五部九巻伝来私考
諸宗水波喩况論
古独逸民族の宗教生活に就いて
阿含聖典に顕はれたる大乗的思想
初期の真宗寺院考
弥陀尊像の研究
道邃和尚伝に就いて
竺道生之研究
六字釈三家の比較研究
華厳経の文学観
天台浄土教義の二系統
華厳縁起論
戒業に関する護信・鳳潭の論争-断戒体章と戒体続芳訣
中右記に就て
支那浄土教史
須達多長者
浄土真宗義より見たる大宝積経
タキシラ刻文に就て
文芸上に於ける象徴主義-メーテルリンクの青い鳥に就て
漢訳雑阿含経に就て
一念両釈
真宗対浄土宗宗論史の梗概
「仏頂尊勝陀羅尼」の研究
明光上人の研究
教行信証に現れたる末法灯明記
教行信証に顕はれたる戒度の著書
因果法と世界観との関係(続 因果法論)
金剛経偈釈 2巻
支那仏教戒学の初運
択瑛法師及其の浄土修証義
法身仏の観念に就て
三論の精神慰安法
業道の研究
華厳の断惑論
越前三門徒四箇本山考
真宗血脈伝来鈔を考ふ
「世説新語」と仏教史実
唐石刻観経に就て
安心決定鈔に顕れたる六字釈(続 六字釈三家の比較研究)
文殊師利菩薩考
権威と愛着
墨子と仏教
「教行信証」校訂本を読む
現生十益
光明寺の和尚と終南大師
本願寺聖人親鸞伝絵に就て
弥陀の印相(弥陀尊像研究 2)
批評法か発生法か
親鸞聖人の神祇観
天台三大部中の学派人名并に書目
現代仏教の傾向
近世仏教序論
皇国臣民の生活問題
提婆菩薩の教義及著書に就て
駒井日記に於ける本願寺史料断片
「教行証文類」及「同延書本」古写本伝考
教行信証の異本
本典に現はれたる四帖疏
禅燈世譜 9巻
廬山念仏(続 支那浄土教史)
西方願生者としての慈覚大師
仁嶽尊者の人物
オルデンの功績
清朝帝室と仏教
小児往生の論争に就て

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る