宗旨論(続 安楽集を読む)
唯心己心と指方立相
味道録
天台の十如是観
唯識の翻訳と諸家の批判
宝暦年中の土蔵秘事
宗教と哲学の交渉
円覚経五性説
親鸞聖人の非僧非俗
比丘尼伝に就て
陶隠居に就て
本宗に於ける仏土論
那先比丘経の無霊魂説
阿闍世の逆害と其年代
教行信証に現れたる論語−宗祖と論語と嵯峨三位
無著学説の討究
龍樹菩薩の法華観
地理上より見たる支那の浄土教
別時意趣解案史料
錦織寺創立考
ヴント氏の哲学
伝道の発達及び動機
親鸞伝絵に就て
道綽禅師の対外論(続 安楽集を読む)
元禄時代の学僧如海の考証せる天台智者紀伝中の諸問題
長者音悦経 1巻
欧米思想の一面観
般若三昧経に現はれたる弥陀思想
宋以後の仏教宗派
仏教寺院の経済組織を論ず
西蔵及蒙古の仏教
関却されたる「絵系図」の研究(真宗初期の重要史実)
六要鈔研究
本典に現はれたる論・論注
晋時代に於ける報応論の一班
比較仏教学の希望
祓禊に就て
信仰と修養
誤見と誤解
万有唯識縁起の相状
親鸞聖人在叡時代
仏学研究に就て
信仰は独立的なり
倫理的宗教
信仰対象の仏体に就て
浄土教として見たる華厳経
真宗と祈祷
懺悔
真宗の信仰と倫理との関係
迦膩色迦王の年代に就て
愛の話
空有観念の史的変遷と他力教義
安心決定鈔と蓮如上人
玄奘の旅行に就て(パトナよりパヲビまで)
原始仏教分裂の動機
高野山に就いて
叡山復興両上人の古碑(東塔の全宗,西塔の詮舜)
比曽寺
支那仏教の伝来期
個人意識、社会意識を論じて我が日本民族の意識に及ぶ
金剛般若経
自重と自負
華厳経と易行品
善導大師の讃詩に就て
説教分科論
信界小景
隆寛律師の法然上人秘伝に就て(百万遍真誉上人筆写の古本発見)
天倪師に就て
米国の好風習
中性感情に就ての研究
バークレーの哲学
観法の縁起的意義
豊州の天地
本典研究余滴
西晋時代の法華経研究
学林沿革瑣談
支那訳場の組織
章疏の文章(敢て宗学者の注意を望む)
遮拘迦国考-六朝時代西域に存したる-秘密仏教国の研究
大小乗経典に於ける舎利仏多羅の位置
慈恩と西明
天台の性悪修悪論に就て
説教と社会改良
兜率十方の願生に対するの破会(続 安楽集を読む)
昨夢濾遺芳
宋元粹円覚経観
存覚上人と其時代
粘土の犬
学制改正と自由討究
報謝
如是院我聞和上逸事
「真宗九表記」著者羊歩の伝考
地方の教勢
小乗分裂の基地(続 一経三論の比較研究)
高田派学匠著述目録
将来に於ける世界共通の真宗教
東都小観
法相認識論
久米田寺の華厳
吉水入室と釈尊成道

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る