地方伝道上の所感
善導の出世と其浄土教
賢首大師の空論
親鸞聖人と厭忻
白雲流水
龍樹大士の仏身論
破塵記の著者興隆
宗祖大師の教判
真如論質議
唯識教理史
アグニ、プラーナに見ゆる須彌
親鸞聖人引用の「末法灯明記」に就て
存覚上人の修学
監獄制度の変遷
親鸞聖人の仏土観
教行信証校訂私考
光明本尊の研究
人の字の解
二婦一子物語に就きて
大谷本廟史片
東京に於ける予
「智度論」中の浄土教
本経原始の十二因縁説に就て
「大涅槃経」所説の仏性論一般
存覚上人の教義
大教校−真宗学庠の小史
修養と人格
復礼法師の真妄頌
漢人の出家公許に就きて
存覚上人の神祇観
物質に対して人権の独立すべきを論ず
教家としての修養
光明寺和尚の具疏を読む(讃仰)
本典流伝史上に於ける存覚上人の地位
支部設置と勢力統一
数論哲学梗概
華厳経新釈
天台の天親法華論採用依準を論ず
仏教の心病療法
宗教心理学派と社会学派(ブートル「科学と宗教」第1編第4章)
常楽台主老衲一期記の研究
真如縁起答案
華厳経の両訳と賢凉二祖の教義
長阿含経小観
南渓年譜考
了庵
存覚上人袖日記の研究
仏教道徳論質疑
道綽の別時意会通と宿善論(続 安楽集を読む)
李通玄の華厳経観
?D渓筆談
花田君の質疑に答ふ
大乗密厳経の唯識教義に就て
弥陀経義集私考
新実在論に就て
疑心往生説の考察−了雲の所説を中心として
聖徳太子の仏教
?エ然法師の小伝
倶舎論の内容に就いて
宗教の権威と仏教学者の使命
原始仏典に於ける「行」の概念に就て
大に仏学専門場を起すべし
舎利仏と目連
宿善論
一念三千に就て
楞伽の非肉食論
欧米に於ける主我思想と没我思想との消長
無明厚薄有無論
真宗唱導史稿
西谷深草の定散思想討究
現在及び将来に於ける我が同窓会の態度(解題の理由。私立仏教専門科↓
思想界の変遷と今後の断案
仏説七知経
摂大乗論の講布と浄土教義
拙著「西域之仏教」に就て(舟橋君の批判に答ふ)
六要鈔と了慧の無量寿経鈔との交渉
吉水門下の異端に就て
学苑遺芳
真宗俗諦の歴史
祐察の円覚経観
縮刷大蔵経の開板に就て
教義研究の標準思想(我六條学報の研究態度を明かにす)
大無量寿経が吾人に与ふる教訓の一、二
石田冷雲伝
遼金時代の仏教
弥陀法出世本懐論の系統沿革に就て
宗学研究に就て同窓会諸君に白す
職務
存覚上人一期記の刊本に就て
仏光寺了源及び本願寺綽如上人の勧進状
支那に於ける大乗誹謗僧
支那江南に於ける造寺の起源
印度浄土教の側面観
宗学の興起及び発達概論
印度仏教史断片 1〜5
創造神の信仰に対する龍樹の批判
四明己後の六即論
斎の隠士周?メ三宗論
支那に学びし韓国の僧
法霖講主の「諫疏」と宗徒の「訴状」

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る