我邦中古以前の救恤事業と仏教−救恤家としての僧侶
天台の事理二観に対する異説一般
暑中の働作
吉日良辰
支那浄土教の源流
信仰は独立的なりや
ヒュームの哲学批判
源空門下の一念義
道綽禅師の顕正論(続 安楽集を読む)
天台四明大師の出世と其強化
禅より見たる華厳
中道の理論と実際
文学と其の制裁
叡山念仏思想変遷概論
浄土宗各流分裂の状態と勢力消長の教義的理由
雨宝陀羅尼経に就て
英国教会一班
村上博士の仏教統一論第一編に対する予の所見
楞伽経の如来蔵縁起説
浄土曼荼羅の沿革
南地三論の教系を論ず
元高二祖法門の施設と真宗末学の批判
世界的大国民(戦後我国民の覚悟)
台密と東密
両本願寺分裂の消息と爾後末寺の向背
女人成仏の思想に就いて
大乗非仏説に対する評論の評論
惰性的信者を如何せん
事理総別に対する山家山外の異点
いのりの意義
南渓糾問事情
華厳経入法界品と大無量寿経の思想関連序説
梅山
基督教の原子論
演説説教に就て
宗学の歴史的体系的研究
三部経の異名に就て
自由討究と信仰
女性と宗教
起信論疏述作者としての曇延と曇遷
「蓮如上人御一代記聞書」異本并成立考
真宗義と元祖門下の異義
支那の倫理主義に就て
天台智者に解決せられたる無量義経観
釈尊文化の真相
「高輪学報」を読む
天台教祖智??の伝
我国民伝説に於ける印度思想
第十六世紀の仏教(印度仏教史断片 2,3)
生命の理想化努力−親鸞聖人の罪悪観
乗賢の異解と顕誓の訴状
聖典批判及び研究上の分科
仏道二教の対抗
日本浄土教史料
本願寺財政側面小史
成覚房幸西一念義集評
宗教の本質的二方面
ホッキングの有神論証
干?tと迦湿彌羅との仏教的交渉
天台霊空の円覚経観
支那念仏変遷の一斑(支那念仏史の時代区分に就て)
真宗安置の本尊起源と沿革
日本天台の元祖道邃に就て
源信僧都の浄土教義
囚人と信仰
仏光寺第4世善福寺中興 了海上人の研究
閑却せられたる歎異抄の要領
真宗初期の風俗一般
大経説時論
語密を中心として見たる密教々理
真如論私見
如来蔵経に於ける如来蔵の譬顕
教相判釈に就て
親鸞聖人の釈尊観
大乗仏教興起の事情を相見す
五台山
弥陀の救済とは何ぞや
末地也弥迦と僧法との比較
「方便心論」に現はれたる古因明
聖浄二門の三同七異
真宗の行信論
真宗の独立を論ず
大蔵経の研究に就て
幸西大徳と法然親鸞両上人との関係
廣弘明集に存する呉王と?。沢との問答に就て
天海版大蔵経に就て
仏基両教祖のレゼンド
聖道、浄土二門の判釈(続 安楽集を読む)
摂大乗論の講布と浄土教義
讃仰か体現か
親鸞聖人開宗の時勢
宗教観
如信上人伝考(如信上人と本願寺第二世相承)
我国儒者の仏教観
唯識教理の一端
拾遺古徳伝絵詞の作者に就ての疑
震旦三祖と智度論
リッチルと其極端なる二元論(ブートル「科学と宗教」第2編第2章)
宗教的社会成立の概観
真宗前期の教義展開

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る